ペイント

画像加工

SnippingTool・切り取り&スケッチの違い

比較してみると「切り取り&スケッチ」の方が出来ることが微妙に多そうですが、「SnippingTool」「切り取り&スケッチ」両方で切り取った画像は「ペイント3D」や「ペイント」に貼り付けすると、実は簡単に編集出来る。全部同じパソコンで無料で使えるので4つとも「タスクバー」にピン留めしておくと便利
画像加工

Windows ペイントで写真のサイズに合わせてキャンバスの大きさを変更

「写真」を「ペイント」で開いたあと「新規」の「キャンバス」を開く。こうすることによって「元の写真」が消え「元の写真と同じサイズのキャンバス」が登場します。
画像加工

Windowsアプリのペイントやペイント3Dで、背景色や、以前作ったパレットに常駐しない色をもう一度作る方法

パレットには無い色を作った場合、これと同じ色を作るには「スポイトアイコン」をクリックする。パレットに常駐していない色も簡単に再現することが出来る。
画像加工

ペイントで背景にモザイクをかける方法  ~SnippingTool併用~

「ペイント」で開いた画像を「SnippingTool」で切り取った後、元の画像全体をぼかしておきます(ペイントで)。その上にSnippingToolで切り取った画像を合成させます。
画像加工

Windows アプリで画像に枠線をつける方法②「新規ファイルを開く」を応用して画像に縁取りを付ける。

ペイントで開いた写真を無視しそのまま「ファイル→新規」で「新しいキャンバス」を出し、写真と同じサイズの新しいキャンバスを出す。これを応用すると下地に写真の回りがぐるっと囲まれるので更に細い線を書き足します。
画像加工

Windowsアプリのペイントで縮小するとぼやけてしまう件

Windowsアプリのペイントで縮小するとぼやけてしまう原因.....「ペイント」に画像を貼り付けた後「トリミング」してから縮小しなかったからでした。
画像加工

Windowsのペイントの曲線を使って大きい括弧・折れ線などを描いてみた

「図形」の多角形や曲線を使います。多角形では「折れ線グラフ」みたいな曲線が出来ます。曲線では蛇行させて障害物を避けるような「矢印」や「大きい括弧」が描けたりします。
画像加工

切り取り&スケッチで切り取った画像にテキストの文字を入れる方法

切り取り&スケッチで切り取ったあと直ぐに出てくる画面から「パソコンに入っているアプリ」に移動します。アプリを別途インストールしなくても「ペイント」「3Dペイント」があります。
画像加工

ペイントのキャンバスの色を変える方法

「塗りつぶし」を使うとキャンバスの色を変えることが出来ます。但し「消しゴムの色(背景色)」は「白」のままなので要注意。「色の編集」ツールで色の番号をメモしておくと後で同じ色が出せて便利です。
画像加工

windows10ペイントの消しゴムを大きくする2つの方法 ~前景色や図形を使う~

消しゴム自体を大きくするわけではないのですが「描く方の前景色を消しゴムの代わりにしてマーカーで3度塗りをする」「図形を重ねてしまう」という2つの方法で広範囲を消すことに成功。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました