スプレッドシートで食事献立管理

スプレッドシートヘッダー固定Googleサービスがぜんぶ分かる本

「Googleサービス」や「パソコン(本体ではない)」のことに興味があるので勉強しながらブログを書いている「めんか@menkakaka」です。

毎日の献立管理に「Googleスプレッドシート」に記入してみたら管理のストレスが大幅に減ったのでブログにまとめてみました。

「シート」をスライドさせると「1食分だけ」を左上角隅に持ってくることが出来る機能が便利。

「食事の行」と「日付の列」が固定してあります。

スプレッドシートヘッダー固定

 

「Google ドキュメント」を使わないで「Googleスプレッドシート」を使う理由はここですね。

「計算」をするわけではありません(実はよく知らないし)。

「Googleスプレッドシート」は、いつも使っている「iPad」からでも見ることが出来、使い始めてまだ4日目だけどすっかり気に入ってしまっています。

私は「昨日食べた料理」を直ぐに忘れてしまうので「冷蔵庫にある余りもの」なんか見えていないと絶対忘れています。

「テキスト」で「文字化」してあれば「前日の残ったおかず」も忘れることは無いので「食材」を無駄にしないで済みます。

「失くさないメモ」のつもりで「Google Keep」や「Evernote」「Google ドキュメント」なども使ってみましたが「Google スプレッドシート」が今の所一番使い勝手が良い気がします。

「アプリ」も良いのかもしれないけど、自分が記入したものだけが目に入ってくるシンプルさがまた良い。

「レコーディング」しておくと後から「脂っこいものばかり作っていたなあ」と、「ダイエット」目的ではないけれど、振り返りぐらいは出来そうです。

やり方は簡単。

「行」を固定したいのであれば「1」を、「列」を固定したいのであれば「A」と選択する。→青くなった「行、列」の上でもう一回タップするとメニューが書いてある「黒い帯」が出てくる。→「行,列を固定」を選択する。これだけのことです(iPadで)。

※iPadでの日付の連番のやり方わからないので取り敢えず数字にしてあります。

↓パソコンでの「行列の固定」のやり方は別記事に書いてあります。

スプレッドシートでヘッダーを固定・解除

もっと便利に使える機能を見つけたら記事に追記します。

タイトルとURLをコピーしました