Googleドキュメントで表を移動する方法

スポンサードリンク

「Googleドキュメントで表を移動する方法」について書いてみました。

「カット&ペースト」で表を移動する

「コピペ」でなく「カット&ペースト」を使うことによって、元の場所に「表」を残さないで移動出来る。

移動した「表」↓

やり方は簡単。

「表」をドラッグで選択した後、

「表」の上で右クリックして出てきた「メニュー」の中から「切り取り」を選択。

「表を」移動したいところに「カーソル」を置いたら「右クリックメニュー」を出し「貼り付け」を選択します。

 

元の場所に「表」を残さないで「移動」することが出来ました。

別のページにも表を移動できる

別に開いているページにも移動することが出来ました。

「表のコピペ→元の表の削除」で移動する

表をコピーで増やした後、元の表を削除するというやりかたでも移動できました。

「表」の上で右クリックして出てきた「メニュー」の中から今度は「コピー」を選択。

「元の表」を右クリックして出てきたメニューの中から「表の削除」を選択すると「元の表」が消えて結果的に「表の移動」が出来る。

それを言うなら「表以外のコピペ」でも同じように出来そうですね。

まとめ

「Googleドキュメントの表の移動」で「あるブログ記事」に数件検索があったので、ちょと面白がって調べてみたのですが結構いろんなやり方があることがわかりました。

※ 理屈を書いただけなので「コレが正しい」というわけではありません。

タイトルとURLをコピーしました