USBにデータを保存する3つの方法 ~パソコンのフォルダーに保存してある写真のコピーをUSBに移動してみた~

スポンサードリンク

先日「ピクチャ」の写真をドラッグで「USBメモリ」に保存したのですが、この方法はどうやら「本」でいうところの「memoコーナー」に書かれているやり方のようです。

別のやり方も覚えてみたのでブログに書いてみました。

ドラッグで移動

↓因みにこうやりました。ドラッグで簡単移動。

メニューを選択していく方法

USBメモリに保存したいファイルを選択

USBメモリに保存したい「ファイルを選択」します。

「フォルダーを選択」という「画像」を作ってしまいましたが「ファイル」でお願いします。

「フォルダー」ごと選択してしまうと「安いUSB」の場合「ファイル」が全部入り切らず容量オーバーになってしまうことがあります。

コピー先を指定

「コピー先」を選択。

「コピー先」の項目が無い!というときは「タブ」が「ホ-ム」にちゃんとなっているかを確認します。

USBドライブ(D;)を選択

「場所の選択」を選択。

「USBドライブ(D;)」→「コピー」と選択する。

ちゃんとできているか確認してみた

「USBドライブ(D;)」の「フォルダー」を選択して確認してみると「写真のコピー」がちゃんと「USB」に保存されているのがわかります。

コピペで移動

コピペでも多分出来るはず。

ここではデスクトップにある写真をUSBに移動してみます。

デスクトップから直接コピーでも、(エクスプローラー)でデスクトップを選択してからでも出来ました。

写真を選択して右クリック。メニューが出てきたら「コピー」を選択。

今度は「USBドライブ(D;)」を選択。右クリックして出てきたメニューから「貼り付け」を選択。

「写真のコピー」を簡単に「USB」に移動出来ました。

 

USBを取り外す

作業が終わったら「USB」はそのまま引き抜かず「管理」タブの「取り出す」をクリックしてから外します。

 

「『管理』の項目が無い!」というときは「USBドライブ(D;)」が選択されているかを確認のこと。

関連

アプリを使わないでスマホの写真をプリントしてきた件 ~USBを使う~

参考

今すぐ使えるかんたんWindows10大辞典 技術評論社

タイトルとURLをコピーしました