Windowsのペイントの曲線を使って大きい括弧・折れ線などを描いてみた

画像加工

Windowsアプリのペイントの「図形」を使うと発想次第で色んなものが描けますね。

「大きい括弧」「折れ線」を描いてみましたが、思い付いたら書き足していきたいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「図形」の「曲線」を使ってカーブを描く

書き順笑

  1. 「図形」の「曲線」を選択。
  2. 線を引く。
  3. カーブさせたいところを狙ってクリック!
  4. 適宜もう一箇所クリック。蛇行します。

 

障害物を避けて曲線の矢印を描くときなどに便利な方法。(「矢じり」は「多角形」使用。)

4番の「もう一箇所クリック」のところで指を離さないで移動すると綺麗なカーブに補正出来る。

「図形」の「多角形」を使って折れ線を描く

  1. 「図形」の「多角形」を選択。
  2. 点と点を結ぶように線を引く。
  3. 次の点をクリック。
  4. 点と点が線で繋がって折れ線になりました。

折れ線グラフが描けそう。

さっきの絵の「矢じり部分」はこの「多角形」を使って描きました。

 

タイトルとURLをコピーしました