さつまいもとキャベツの味噌汁

お休みの日は「目覚ましガラケー」を気にしないで寝ていられます。

なので朝方、何か夢というか?考えているというか?そんなときがあります。

今朝「布団」の中で「さつま芋とキャベツの味噌汁」が思い浮かんだので、ブログに書けってことかな?と勝手に解釈しました。

思ったより「キャベツ」の色が映えないけど「さつま芋とキャベツの味噌汁」。

材料と作り方

材料…..

  • キャベツ
  • さつま芋
  • 乾燥わかめ
  • 味噌
  • 顆粒だし(ほんだし)

分量…..

  • 適当

※タコ足配線を隠すためにチョコレートの箱で壁を隠しているだけで、味噌汁にチョコレートっ入っていません。

「さつま芋の皮」は「ピーラー」でストライプが出るように剥きます。

こうすることによって輪切りにしたときに「さつま芋」のきれいな紫色の模様をつくることが出来ます。

時短でやりたいときは「さつま芋」を5mmなどと薄くスライスすると火の通りが早くなります。

「キャベツ」を食べやすい大きさにカット。

今は「葉物」が旬で柔らかくて美味しいので「芯」もスライスして「味噌汁」に入れます。

&「乾燥わかめ」。

※カットしたさつま芋をズラしたらきれいな市松模様になりました(驚)。お弁当に使える技かも😃

「ほんだし」を入れた「水」から「さつま芋」を煮ます。

「さつま芋」に火が通ったら時間差で「キャベツ」を入れ、盛り付ける直前に「乾燥わかめ」を加えます。(ガス台からおろしてちゃんと写真を撮ればよかったなあ。。。ここが一番肝心だった汗)

出来上がり。

「追いキャベツ」してみたら夢?で見たような味噌汁になりました。

野菜をたっぷり摂取できそうですね。

 

「カロリーSlim」で1人分のカロリー計算や栄養計算をしてみた

カロリーSlimで大雑把に一人分のカロリーを計算してみました。

「カロリー」だけでなくあらゆる栄養関係の数値が出てきます。

「塩分含有量」なんかも調べられて「これからはもっと具沢山で行こう。」とか直ぐに反省できる便利なサイトです。

「味噌汁」には「塩分」はやはり多いんですね。

参考

カロリーSlism - 栄養成分/カロリー計算
カロリーslismは豊富な食品の詳細な栄養成分を見ながら分量を指定してカロリーを知ることができる計算機:元気な生活のための最適なツールです.

「さつま芋」と「ぶつ切りのネギ」を一緒に煮た「さつま芋と長ねぎの味噌汁」も美味しいですよ♪

タイトルとURLをコピーしました