ペイント3Dで画像を貼り付けする6通り?の方法

「ペイント3D」で「画像」を貼り付けする方法をできるだけ探してみました。

「メニュー」から「挿入」「開く-ファイルの参照」へ

「ペイント」では「ファイル」から「画像」を貼り付けることが出来るが「ペイント3D」では「メニュー」から入ります。

そして「挿入」「開く-ファイルの参照」どちらからでも「パソコン」の「フォルダー」を開くことが出来ます。

「ステッカー」から画像を開く

尚「ステッカー」というところからも画像を開くことが出来ます。

「ステッカー」は本来画像を合成する用途のようですが、

単体でも開くことがわかりました。

その際、元々横3000pxあった画像が横1241pxに勝手にリサイズされて開きました。

ここで「挿入」「ファイルの参照」のほうから開く画像のサイズのことが気になりだした。

こっちは「キャンバス」に全部収まるように見た目上縮小されて開いていたんですね。

 

「SnippingTool」や「切り取り&スケッチ」で切り取りしたあと「3Dペイント」に貼り付け

それともう一つの方法。

「SnippingTool」や「切り取り&スケッチ」で切り取りしたあと「保存」をせずに、そのまま「3Dペイント」に戻り「貼り付け」も出来ます。

「SnippngTool」で切り取り後「3Dペイント」のアイコンへ

「SnippngTool」で切り取りをすると「3Dペイント」のアイコンが出てくるのでここからも「ペイント3D]に画像を貼り付けることが出来ます。

「切り取り&スケッチ」で切り取り後「プログラムから開く」のメニューへ

「切り取り&スケッチ」で切り取り後は「プログラムから開く」というメニューも出てきました。

ここで「ペイント3D」を選ぶと「ペイント3S」で画像を開くことが出来ます。

まとめ

「メニュー」から「挿入」「開く-ファイルの参照」の2通り出来るのも計算すると「ペイント3D」で画像を開く方法は全部で6通りぐらいありました。

関連

タイトルとURLをコピーしました