iPadで撮る写真が全体的にうっすら暗いので明るさ調整してみた

スポンサードリンク

私がiPadでお弁当の写真を撮ると写真が全体的にうっすら暗くて、お弁当箱の周りのある箇所だけ暗かったりします。

いろいろ調べてみましたところ、撮影前・撮影後に調節出来ることを知りました。

「食卓に並べてある、お皿に乗った料理の写真」はそうでもないのに「お弁当箱周り」がうっすら暗い。

↑これについての理由は「多分こう」としか言えないのですが、思い当たるフシがあったのでメモしておきました。

iPadで写真を撮るときの明るさ調節

「写真を撮る時点で明るさを変えられたら良いな。」

「あったら良いな!」は必ずあるもので「写真×明るくしたい」で検索したら、一番上に出てきました。

iPadを開いて写真を撮るだけで自動的に明るさは調節してくれるが、手動でやる場合のことが書いてありました。

iPad Air/iPad miniのカメラで露出(明るさ)を調整する方法 | iPad Wave
iPad Air/iPad mini標準の「カメラ」アプリで露出(明るさ)&#12...

撮る写真が決まってiPadを構えたら、明るさの調節をしたい箇所をタップすると、こんな☀アイコンが出てくる。

  • ↑黒い箇所をハッキリさせたいときは黒い箇所でタップ。
  • ↓白い箇所をハッキリさせたいときは白い箇所でタップ。

アイコンの様子が変わり、太陽マークを上下にスライドさせると明るさが変わるようになる。

明るさが決まったら、撮影する。

既に撮った写真をiPadで明るさ調整する

iPadで撮った写真をiPadの方で調節する方法もあった。

「iPadのPhoto Boothで撮った写真を『写真』Appで調節する。」と言うそうです。

写真を撮るボタンの下のボタンから、写真が表示を表示させる。

一番最後に撮った写真が開くので、もしももっと過去の写真を見たいという場合は、画面下の写真が沢山並んでいるところをシューッ!っとやる。

「編集」という項目があるのでタップ。

これが編集画面。写真が暗いのを直したいので取り敢えず「明るさ」の調節をしてみます。

☀アイコンを選びメモリをスライドさせて調節。

「☀(エフェクトアイコン)」を触ると変更前/変更後の比較が出来る。

完了したら右上にある「✔」をする。

編集済みかどうかの確認

写真を開き「編集」を選ぶ。

エフェクトアイコンの様子で確認することが出来ました。

iPadで写真やビデオを編集する
「写真」Appを使って、iPad上の写真やビデオを編集できます。

アプリ(Googleフォト)で明るさ調整

他のアプリが入っていればアプリでも編集出来る。

「Googleフォト」でやってみます。

 左から2番めのアイコンをタップ。

「メトロ」とか「エッフェル」などと表示されている「色味(エフェクト)」を調節するアイコンを選ぶ。

私は暫くコレを、見て見ぬ振りしていました。

実は、ここを2回タップすると操作出来たんですね💡

好みの明るさにしたら「完了」するのですが、その前に、画面を長押しして変更前と比べてみます。

指を離すと変更後の明るさに戻るのでOKならば「完了」。

 

「完了」を押すと「保存」が出てきます(写真が別のものですが汗)。

編集済みかどうかの確認

iPadで撮った写真で確認するときと同じように「編集」を押してみるとわかります。

「お弁当箱周り」が暗いのは「iPadのカメラの穴の位置具合?」「光源が近すぎ?」など勝手に予想はしているものの、良く分からないので後で検証してみます。

[smartslider3 slider=12]

参照

タイトルとURLをコピーしました