Gmailで相手に表示される自分の名前を 変更/非表示 にする

今回は、Gmailで相手に表示される自分の名前を 変更/非表示 にする方法を勉強しました。

Gmailで知り合いとやり取りすることは今まで全然無かったのですが、つい最近メアドを教えてしまいました。

何が問題なのかと言うと送信者名が実名ではなく、自分で考えたおかしな名前になっていること。

事情があってこのネーミングはマズいな、ということで変更出来ないかな?と思ったのが調べてみようと思ったきっかけです。

既に何度もメールし合ってるのでコロコロ名前を替えるほうが怪しいんですけどね汗

設定の流れ

この画面を出します。

Gmailの画面で「歯車アイコン」→「すべての設定を表示」をクリック。

「設定」が出てきます。

いろんな「タブ」がありますが「アカウントとインポート」を選択。

「名前」のところで「情報の編集」を選択すると、

「編集画面」が出てきます。

 

名前のところをいじってみました

一番下がデフォルトで、アカウント名が入っています。

名前を変更

設定画面で下段にチェックを入れて名前(★にしてみた)を変更すると一番上になります。

名前をアドレスにする

方法①

下の段にチェックを入れて1文字分スペースを入れて真っ白にしておくとアドレスが表示されるようになります。

というか「何もないのはダメ!」って言われてるんですね。

下から3番め

方法②

単純に「名前の変更」で「メアド」にしてしまう。

「@gmail.com」まで私が入力してしまったからなんですけど、まんま表示されました(最上段)」。

名前は非表示に出来ない!

名前を無くすことは出来るのか?

こう思ったので、下の欄にチェックだけを入れて、名前の欄は空欄のままにしてみましたがアカウント名のままでした。

「送信元の欄が何も無いなんてダメよ。」

って言われてるんですね⁉(下から2番め)

過去のメールの名前はそのままだった件

よくよく考えたら共有ではないので当たり前ですね。

SNSのアイコンを変えると過去のも皆変わってしまうアレの印象が強過ぎた汗

まとめ

Googleアカウントを作るときに実名で作ってしまうと、Gmailで相手に表示される自分の名前も実名なんだと思います。

もしも何かの都合で「Gmailで相手に表示される自分の名前」を変更したいというような事がありましたら参考にしてみてください。

関連

参考

タイトルとURLをコピーしました