ハツの串焼き

鶏のハツ(心臓)の串焼きの作り方について書いてみました。

ハツは茹でるなどの下処理は要りません。

切り落とさないように半分に包丁で開いて串に刺します。

ハツの捌き方

ハツとは心臓のことで、レバーと繋がっています。

因みにジョイント部分は廃棄しないで食べるんですよ!「ハツモト」と言います。

 ハツの形状はだいたいこんな感じで片方が盛り上がっています。

どっちが上とか無いのでしょうが、盛り上がったほうを上にするこの置き方で上・下 とします。

切り落とさないように注意しながら半分に切ります。

上から包丁を入れる切り方(写真上)と下から包丁を入れる切り方(写真下)。

正しい方向とかはよく解りませんが、上の切り方のほうが格好が良いし串に刺しやすい気がします。

黒い塊は血が固まったもの。

焼いていると自然に取れるという話も聞いたことがありますが、ウチは炭火じゃなくてガスレンジで焼くので(関係あるか?)なるべく取り除きます。

ハツの串焼きの刺し方

開いたハツを刺していきます。焦げ防止の為串を隠すように刺していきます。

ハツの個数は串1本につき3個で丁度良いと思います。

写真中央の串が「ハツの串刺し」。写真上は「ハツモト」も刺したもの。下はレバーです。

もっといい写真があった。

左に積んであるのがハツの串刺し。

焼き上がり写真。

味付けは適当に砂糖・醤油・みりん辺りを煮詰めてみました。

関連

鶏ハツモトの串焼き
鶏肉のハツモトという部位。ここも実は串焼きになるのをご存知でしたか? 「ハツモト」とはその名の通り「心臓の根元」。 ...
タイトルとURLをコピーしました