何語かわからない言語を翻訳する方法

スポンサードリンク

何語か分からない外国語のWebページなどを翻訳する方法について書いてみました。

「翻訳」と検索すると「翻訳ツール」が出てきますが何語かがわからないので翻訳できないのでは?と思ったことがあります。

実は、左の「元の言語」の欄に「言語を検出」という機能があるのをご存知でしたか?

「Google 検索」にも「Bing検索」にもそれぞれ同じような機能がありました。

他にも、Web閲覧中でも小さいアイコンから翻訳できる仕組みにもなっていました。

Google Chromeで翻訳したい場合

1.外国語のWebページで「Google翻訳アイコン」から翻訳することが出来ます。

2.右クリックメニューを出す。

ここからも「日本後に翻訳」メニューが出てきました。

3.ネットで「翻訳」と「Google検索」すると出てくる「翻訳ツール」の「言語を検出する」も使えます。

左の欄が元の言語を入力する方。▼アイコンから「言語を検出する」が出てきます。

「言語を検出する」ありますね。

4.「Google翻訳」で翻訳することも出来ます。

左側の「元の言語」を入力する欄に「言語を検出」機能があるので右側を日本語にして翻訳します。

5.検索結果のページだったら「このページを訳す」が出て来るのでコレを使います。

Microsoft Edgeで翻訳したい場合

「Google検索」と同様ですね。

1.Webページの右上のアイコンから翻訳できる。

2.Google ChromeでWebページを開いたときと同じように「右クリックメニュー」を出してみると「日本後に翻訳」が出てきました。

3.「翻訳」とBing検索すると「Bing翻訳」が出てきてやっぱり「自動検出」という機能があります。

  

左の欄を日本語にして自動検出してみます。

4.「Microsoft Store」から「Microsoft Translate」を入手して翻訳する、ということもしてみました。

「Google翻訳」と同じように「検出」があります。

「Bing検索」で間に合いそうですね、要らなかったかも?

5.検索結果のページには、やはり「この言語を翻訳」がありました。

まとめ

「何語かわからない言語」が出てきても調べる方法がたくさんあることが分かりました。

他にもまだ何かあるかも知れませんね汗

ーーーーー

こんなことを調べていたら「海外の家庭?料理」を自分でInstagramから見つけ出す方法も思い付きました。

Twitterと違って文字数制限が2000文字?と多いので、簡単なレシピも一緒に投稿してらっしゃる方も多い。

(たぶん)一般の人の投稿したレシピを真似るのも意外と面白いです。

翻訳ツールを使って外国語のハッシュタグを探してみた
Googleの翻訳ツールで食材名を外国語に変換し、InstagramやGoogleで検索。世界の料理レシピがザクザク出てきて面白い。投稿やサイトを更に翻訳するも良し、写真だけ眺めて真似っ子するのも良し。

参考

タイトルとURLをコピーしました