エバーノートのスタックとノートブックの違い 使い方

エバーノートのスタックのsパソコン,エバーノートなどの覚書
スタックの中のノートブックAをクリックするとAの中のノートだけが表示される。

「Googleサービス」や「パソコン(本体ではない)」のことに興味があるので勉強しながらブログを書いている「めんか@menkakaka」です。

エバーノートのスタックとは何?ノートブックとの違いは?

このことについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

エバーノートのスタックとは?ノートブックとの違いについて

「エバーノートのスタック」とは「複数のノートブック」をまとめたもの。

「ノートブック」が「ノート」を束ねたものならば、「スタック」は「ノートブック」を束ねたもの。

「ビスケット1枚」が「ノート」だとすると、

「ノートブック」は「小袋」。

 

「スタック」は「小袋」を複数まとめた「外箱」のようなもの。

スタックをバラすとこうなる

「スタックパック」を開けると小袋が出て来る「リアルお菓子」ですが「エバーノートのスタック」はちょっと違います。

エバーノートのスタックのs

ビスケットがいきなりバラで出てくるかのように表示されます。

リッツ

でもって「クリック」ではなく「スタックを解除」の方をすると、

ノートブックとして元に戻ります。

エバーノートのスタックのs

「マージ」とはまた違ったノートの整理方法。

スタックの使い方

ノートブックをスタックする

「ノートブック」の上で右クリックすると「既存のスタックに/新規のスタックに」追加出来るようになります。

「ノート」や「ノートブック」のように複数選択は出来ないので1つづつ送る感じになります。

「元のノートブック達」は「作ったスタック」に取り込まれているので「ノートブック一覧」からはなくなります。

「スタックアイコン」は「ノートブック一覧」から出てきます。

「スタックアイコン」をクリックすると「ノート」がバラけた状態で表示されます。

「ノートブック」を「ノートブック一覧」に戻すには

「ノートブック」を「ノートブック一覧」に戻すには「スタックを解除」をします。

「スタック内のノートブック」は、個別に「ノートブック一覧」に表示されるようになります(もとに戻ります)。

関連

参考

タイトルとURLをコピーしました