過去記事リライトのコツ⁉">

勉強したことをアウトプット

過去記事リライトのコツ⁉

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

古い記事をリライトするときのコツって、こんなかな?と思ったのでブログに書き留めておくことにしました。

 

リライトするたびに検索順位が落ちているような気がする「体験記事」。

 

「検索パフォーマンス」と「リビジョン」を使って書き直してみたらどうか?

 

アクセスが上がり始める前の箇所のリビジョンを見てみると、確かに内容が充実しているような気が。。。

 

 

 

リライトするたびに検索順位が落ちている!検索パフォーマンスの出番!

 

 

5年前に書いたベネッセの通信講座を受講していた頃の記事が読まれなくなってきたので書き直すこと度々。

 

しかし逆にどんどんアクセスが落ちています。読み返してみると確かに簡素化してつまらないものになっている。

 

一番初期の頃って何書いてたんだっけ?リビジョン比較ツールを思い出したのではじめの記事を見てみました。

 

でも、なんか違うな。。。では、いつの頃に戻したら良いのだろう!?

 

「検索パフォーマンス」って確か全期間とか3ヶ月とか期間を指定してアクセス数の推移を見られるんじゃなかったっけ⁉

 

グラフを見ているとアクセスが上がり始めた箇所がありました。

 

 

リビジョン比較ツールでさかのぼって見てみると確かに良いこと一杯書いてありました。

 

なので、このときに書いた記事に沿ってリライトすることとしました。

 

もっとゴチャゴチャ書いてたはず。。。。何書いてたんだろう?

 

見ると、熱意があるし、他のサイトからの引用も使い始めたりした時期でありなかなか充実している。

 

 

時系列が矛盾!の解消法にもリビジョン比較ツール

 

 

しかしながら体験記事のリライトは記憶が薄れていってるので難しかったです。

 

子供が小学生の4年生の頃に受講していたベネッセの通信講座の記事なのですが、

 

「どうしてこの教材を選んだか?」

 

というところが、

 

「中学生の頃体が丈夫じゃなかったから」

 

になってしまったり、習い事の時系列もめちゃくちゃで収拾がつかなくなってしまいました。

 

同じ習い事を長期間続けたのはピアノぐらいで(ピアノも2箇所か)、塾関連も教科を選択したりしてしまっているので前後関係が訳わからなくなっている。

 

省けば良いのに説もありますが、途方に暮れているとこれもリビジョン比較ツールでなんとかなるんじゃないか?ということに気付きました。

 

その結果、なんとか記憶が蘇ってきて話が繋がるようになりました。

 

 

見出しを決める

 

 

過去記事の、良さそうな部分を丁寧にコピペして新記事のページに移す

 

リビジョン比較ツールを見ながら、良さそうな部分を丁寧にコピペして新記事のページに移すことに。

 

時期ごとに色分けしながらコピペしていったら後で見やすかったです。

 

別のウインドウで、1画面に2枚のウインドウを並べて見ることが出来るのでそれを使うと便利。

 

 

 

 

リライトしたい記事の「編集」を右クリック。メニューから「新しいウインドウで開く」を選択。

 

 

 

 

 

タスクバーのなにもないところでクリックして出てきたメニューから「ウインドウを左右に並べて表示」などを選択。

 

 

 

 

するとこうなります。

 

 

 

 

縮小すると行数を多くコピペすることが出来ました。どっちかを縮小すると、不思議なことにどういう訳か不思議なことに片方も縮小されました。

 

あと、過去記事が勿体なさすぎて全部詰め込もうとしましたが埒が明かないので、自然につながるように取捨選択しました。

 

それこそリビジョンが残ってるからいつでも見直せる。

 

見出しを決める

 

 

ゴチャゴチャに溜まった記事を読み返しながら時間をかけてゆっくりと見出しを決めていった。

 

口数が少ない人がボソッと呟くように拾っていくことを思いつきました。

 

その際、見出しだけで話が通じるように流れるように並べていくことに。

 

そして各見出しにキーワードを置いていく。

 

後々この見出しで1記事作れるように伏線を張るつもりで選択しておくのも良いのかもしれない⁉

 

 

 

便利なカットアンドペースト他

 

 

ブログの新記事ページに移動させた後、並べ替えたりカットしたりするわけですが、最近知ったカットアンドペーストも大活躍。

 

今まではコピペだったので、消す部分が行方不明になっていて大変だったが、元の文章を消しながらペースト出来るので随分楽になった。

 

コピーするのに「切り取り」を選ぶ。

 

知ってるよ💢 ごめんねw

 

 

 

 

これから作る「新規記事ページ」も新しいウインドウで開いてしまったのを今日気づいた。

 

 

 

 

「コピペ / カットアンドペースト」ラクラク。

 

 

 

 

 

記事を戻すのは、公開済の記事に

 

 

普通やらないと思うけど、新規記事扱いにならないように、記事を戻すのは一番最初の記事にする。

 

やっちまったことがあるので一応書いときます。

 

今正に過去記事のリライト中で公開もしてなくて結果がどうなるのか判らない状態なのですが、1記事作ってみました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.