WordPress のダッシュボードにある「短縮URL」の使い方は?

ブログ記事の短縮URLはネット上のサイトで取得出来たりしますが、取得出来さえすれば何処からでも良いというものでもないらしい。

URL短縮サービス利用のデメリットは、サービス提供元が撤退してしまった場合、リンク切れになってしまうリスクもあることです。

WebMedia GoogleのURL短縮サービスが3月で終了。その移行先は?

それと、ちゃんとした所のサービスだと初期設定が難しいと読みかじったことがあります。

なんか面倒だな。。。と思っていたところWordpress のダッシュボードにある「短縮URL」というボタンに目が行くようになったというわけ。

使い方は普通にリンクを取得(コピー)して貼り付けするだけ。

結局この「短縮URL」というボタンは「JetPack」というプラグインが入っていれば使えるものなのでネット上のツールを使う必要が無くなるというものだった。。。

ネット上のWebページの短縮URLを取得する用途には使えないけど、自分の記事限定で取得出来、とにかく正規のものらしい。

WordPressのことをよく解っていない人ならではの記事が出来てしまいましたが良ければお付き合いください。

WordPressの下書き画面で「短縮URLを取得」の項目を発見!

ある日Wordpressの下書き画面で「短縮URL取得」と書いてあるボタンを発見する。

めんか
めんか

毎日見てたでしょうに。。。

「短縮URL」が本当に出てきた!これは使えるのかなあ?

「https://wp.me/」で始まる短縮URL。こんなに短くなった。

パーマリンクって、スペースも半角にしないとすごく長~くなるんですよね笑

https:/gohantu.menkicyan.com/2020/01/06/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E3%80%8C%C3%B7%E3%80%8D%E3%80%8Cx%E3%80%8D%E3%80%8C-%E3%80%8D%E3%80%8C%E3%80%8D%E3%81%AE/

この短縮URLでSNS投稿してみた

せっかくなので取得出来た短縮URLを使ってSNS投稿をしてみることにしました。

試しにFacebook にこのままコピーして投稿してみました。

あれっ?同じ画像が3枚も出てきて様子がちょっと変。。。理由はちゃんとあるのでしょうが出来るには出来た模様。

短縮URLを使ってSNS投稿

写真は1枚で良いと思ったので消そうとしたらエラーメッセージが出てきました。

カルーセル投稿って何?意味不明。

「投稿リクエストが無効です 他のリンクやメディアを添付して、カルーセル投稿を作成したり編集することは出来ません。」

 

追記:「カルーセル投稿」とは、Facebookで使う投稿方法で、1つの投稿に複数のURLを貼ることが出来るものだそうです。企業などが集客に使うのだそうです。

markebit……【Facebook海外活用事例】デザインが印象的なカルーセル投稿を一気にご紹介 参照

短縮URLを使わなければ、おそらくこういうことにはならなかったと思う。けど、まあ良いや。

次にTwitter投稿してみたのですが異様に簡単に使える。。。

本当にこうやって使っちゃって良いの?と不安にすらなってきた。

WordPressにJetPackを入れてあれば短縮URLを簡単に取得出来る!

「Jetpack WP. me 短縮URL」というサイトが使い方を説明している部分を発見!

どの URL に対しても使えるわけではなく、WordPress のサイトのみで機能します。

Jetpack WP. me 短縮URL

「JetPackが入ってるから使えるってホントかよ?」と思ったのでプラグインを無効にして確かめてみた。

 

↓JetPackを無効にしたら短縮URL取得ボタンが消えたので本当に使えるということだ(驚)。

なので逆に「短縮URL取得ボタンが無くなった!」というときは「JetPack」を無効にしてないか?も確認すると良いということですね。

↓新しいバージョンのWordpress管理画面での短縮URL取得方法は、ダッシュボードでJetPackのアイコンを押せばURL取得画面が出てきます。

WordPressなのでサービスが無くなる心配も無さそうです。

リンクは永久に維持でき、WordPress.com が存在する限りはずっと利用できます

JetPack……WP.me 短縮 URL参照

当ブログでは使っている人も多いテーマ「Cocoon」を使っていますが「おすすめなプラグイン」の中に「JetPack」も入っています。

Cocoonテーマとあわせて使用するのにお勧めなプラグインまとめ
WordpressテーマCocoonは、ある程度自前でサイト運営に必要な機能を備えています。ただ、すべての機能を同梱するわけにはいかないので、この記事で紹介するプラグインで機能を補完することで更にサイト運営能力を高めることができます。

ブログ記事の短縮URLをTwitterのプロフィールに貼ってみました。あやしい。

タイトルとURLをコピーしました