白目が赤くなった!病名は「結膜下出血」でした  ~眼科での出来事~">

勉強したことをアウトプット

白目が赤くなった!病名は「結膜下出血」でした  ~眼科での出来事~

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんかです。

 

ある日キッチンで夕食の準備をしていたら、目がチクッとしました。

 

変だなあと思ってすぐに鏡を見に行ってビックリ。

 

白目が赤くなっていました!

 

翌日眼科に行って聞いてきた病名は「結膜下出血」というものでした。

 

寝不足・飲酒・糖尿病なども原因だとネットに書いてありました。

 

眼科の先生は原因については触れず、

 

「見た目派手でびっくりするけどたいしたことはない。」

 

とのことでした。

 

本当に見た目が酷いのであんまり外に出たくありません。

 

 

 

 

実は「白目が赤くなる」は初めてではありませんが、過去2回はこれ程酷くはなく、

 

「こういう人たまに見かけるよね。」

 

ぐらいに思っていました。

 

実際に直るのもそんなに長くはかかりませんでした。

 

今回の状態はネットでは「ひどい場合は治るまでに3週間から4週間はかかる」と書いてあり心配です。

 

血腫が残る場合もあるとか書いてあるし↘

 

 

 

眼科での検査

 

 

 

今回見た目がとてもひどいので家族に眼科に行くように勧められました。

 

歳も歳なので別の病気が隠れているのも怖いですしね。

 

眼科での検査は「眼圧の測定」「診察」でした。

 

眼圧は空気をプシュッ!と眼球に当てるだけのものです。

 

これは問題ありませんでした。

 

診察の結果「結膜下出血」と言われました。

 

冒頭でも書きました通り、ある日突然白目が真っ赤になってびっくりするけれども見た目派手な割にたいしたことがないそうです。

 

原因については断言を避けているみたいですね、医師はいい加減なこと言えないのでしょうし。

 

なので「結膜下出血」だけのことだったらこれで診察は終わりのはずでした。

 

 

 

視力検査・薬の処方

 

 

 

実は「結膜下出血」は3回目ですが「実は」があと2つあります↘

 

4ヶ月前に新しいメガネを作るのにこの眼科で処方箋を書いてもらったのですが、

 

「メガネを作った後1ヶ月以内にまた見せに来てくださいね。」

 

を、ガン無視していました。

 

なので、視力検査をすることになりました(笑)

 

「毎日パソコン画面ばかり眺めている」「結膜下出血になったのは視力に影響しないか?」という懸念がありましたがしっかり1.2 見えていました。

 

あと、赤くなった目の方に「傷」があるとのことで目薬を2種類処方されてきました。

 

「結膜下出血」だけならば不要な目薬です。

 

この「目に付いているという傷」のために1~2週間後にまた眼科に行くことになってしまいました。

 

 

「結膜下出血」の小冊子もらいました ❣

 

 

よく医者さんに行くと置いてある、各症状の説明が書いてある小冊子を頂きました。

 

出血は殆どの場合1~2週間ほどで自然に吸収されるとあります。

 

蒸しタオルで温めると、吸収が促進出来ますとのことです。

 

 

気をつけたい結膜下出血

 

 

 

小冊子の中に「気をつけたい結膜下出血」という項目がありました。

 

  • 眼外傷を受けた場合
  • 痛みやかゆみ、目やにを伴う場合
  • 頻繁に繰り返す場合
  • 熱を伴う場合

 

気になる結膜下出血 監修 慶応義塾大学医学部 眼科学名誉教授 小口 芳久 参照

 

 

私の場合どれでもなさそうです。

 

過去に2回ありますが、1回めが40台前半に「内職」をして超疲れていた頃。

 

2回目は記憶にないです、軽症?でしたし。

 

今回は確かに寝不足がありましたし「気をつけたい結膜下出血」というものではなさそうです。

 

私は専業主婦で睡眠なんかいくらでも取れるはずなんですが、家族のスケジュールに付き合っていると寝不足にどうしてもなってしまいます。

 

まとめて7時間とか寝たいです。

 

 

 

「結膜下出血」は「目の充血」とは区別される

 

 

 

目の構造の絵が描かれたページを見てみると「結膜下出血」と「目の充血」では違うことがわかります。

 

「目の充血」は、血管が血走るといえばわかりやすいでしょうか?!血管収縮剤の使用で赤みが少なくなるそうです。

 

「結膜下出血」は、血管が切れて結膜の下に出血が広がること。血管の走行が見えないのが特徴とのこと。時間が経つのをひたすら待つよりほかない。

 

 

外傷・全身性疾患なども原因

 

 

外傷や全身性疾患も「結膜下出血」の原因になったりするそうです。

 

糖尿病とか(今はまだ違いますが)高血圧も心配です。

 

他にも色々書いてありましたが丸写ししてもしょうがないので止めておきたいのですが見出しだけ。

 

全身性疾患・・・動脈硬化・高血圧・糖尿病・出血性素因(貧血、白血病、紫斑病など)腎炎

旧姓熱性疾患・・・マラリア・猩紅熱・ジフテリア・これら・発疹チフス・インフルエンザ・麻疹

 

 

気になる結膜下出血 監修 慶応義塾大学医学部 眼科学名誉教授 小口 芳久 参照

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

なんでも無いとは言われて来ましたが「結膜下出血」なんてなったのは40歳過ぎてからで、それまではなったことが1度も無かったので実は「全身性疾患」も密かに心配しています。

 

生活習慣病を予防することで「結膜下出血」の再発を免れると直感しているので気をつけたいです。

 

最近朝夕が涼しくなってきたので、スゴイ少しですが1日2回散歩してます。

 

2学期始まったら朝はムリですが。

 

眼帯は買ったは良いけど使えませんでしたw

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.