ウナギの柳川風">

勉強したことをアウトプット

ウナギの柳川風

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

こんにちは!めんかです。

 

「うなぎの柳川風」作りました。

 

うなぎだけでは1人にいき渡る量が微妙に少ない!

 

「卵とじ」にして「カサ増し」しました。

 

「にんべんのつゆ」で簡単に作りました。

 

 

 

 

 

「どじょう」さえ食べたこと無いので本場の味というものを知らないのですが、

 

ネット上で「柳川風レシピ」を見てみるとどれも同じよう。

 

なので堂々と命名させていただきました。

 

 

うなぎの柳川風 材料と分量

 

 

 

うなぎの柳川風 材料と分量
うなぎ 3分の1枚
しし唐辛子 4本
小ねぎ 2本
4個
ごぼう( 先の柔らかそうな部分 ) 3本分
玉ねぎ 半分
にんべんのつゆ 75CC
250CC

 

 

 

 

作り方

 

 

 

  1. 野菜とうなぎ を食べやすい形状にカット
  2. 水:にんべんんつゆ=3.3:1を用意
  3. 卵以外を全部鍋に入れて煮る
  4. 溶き卵を流し入れて蓋をして半熟に煮る

 

 

今回適当に配合して「にんべんのつゆ75CC、水250CC 」だったのですが、少ししょっぱかったようです。

 

 

 

ごぼうは下茹でが面倒だったので先の柔らかい部分だけを使用。

 

実はごぼうを買うのを忘れて後から追加で買いに行きました。

 

 

 

 

にんべんのつゆと水を混ぜます。

 

比率を計算したら3.3:1 となっていたのですが 4:1 ぐらいでも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

玉ねぎをスライス、しし唐辛子は種を取って千切り、うなぎは1センチ幅にカットします。

 

小ねぎだけでも良かったのですが「しし唐辛子」が1パック50円だったので衝動買しました。

それに、食べたら「しし唐辛子」が入っているのかどうなのかわからない程度だったので要らないかも。

 

 

 

一応種を取ってから千切りしてみました。

 

 

 

 

 

4個使用

 

 

 

 

 

半分に割って、

 

 

 

 

 

種を取り除きました。

 

 

 

 

 

材料を煮る鍋は、今回鍋は「アルミ鍋」を使いました。

 

 

 

 

 

「卵以外の材料を全部」鍋に入れ蓋をして煮ます。

 

「ごぼう」は柔らかいものを使ったので2分ぐらい???煮れば十分だと思います。

 

 

 

 

 

「溶き卵」を流し入れて、蓋をして「卵」が半熟状態になる程度煮ます。1分ぐらい???

 

↓ 蓋をして煮ます。

 

 

 

 

 

最後、火を止める直前に「小口切りした小ねぎ」を散らし蓋をして「蒸煮」して完成です。

 

 

 

 

 

小ねぎ1束98円。

 

 

 

 

小口切りは、長辺・短辺 が同じ長さになるようカットするとコロコロした形になってオシャレです。

 

なので太い部分を使うのがオススメ。

 

 

 

 

 

「うなぎの柳川風」だけでも良かったのに、作るモードになると余計なものまで一生懸命作ってしまう。

 

           

エリンギが、開けてみたら古そうだったので使い切ろうと思いました汗

お盆の時期で市場が休み??のときは鮮度をよく確かめないといけないのかな?

 

 

 

ともあれ、しっかり味付けだったせいもあってご飯がすすむおかずになりました。

 

密かに、そのうち「どぜう」に挑戦してみようと思っています。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.