ドキュメントで作った表の表示スタイルを変える~イメージできないので、表のプロパティの設定をいじってみた~">

勉強したことをアウトプット

ドキュメントで作った表の表示スタイルを変える~イメージできないので、表のプロパティの設定をいじってみた~

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

こんにちは!めんかです。

 

「表のプロパティ」の設定を変更することで、ドキュメントで作った表のスタイルが変わりますが、

 

特に「パディング」というところの数字を見ただけではどうなっているのかイメージできないので実際にやってみました。

 

 

 

 

 

「数字を見ただけではどうなっているのかイメージできない」というのは特に「パディング」の項目なので、実際に弄ってみました。

 

変更前 / 変更後 と比較することで、どういうことなのかがわかりました。

 

 

 

普通にグリットを出して作っただけのプレーンな表。

 

 

 

 

「セルのパディング」は「0.176」となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は、上の動画のように、テキトーに表の枠線を「みよ~ん」と広げてみました。

 

 

 

 

「セルのパディング」は、変わらず「0.176」

 

テキトーに行の高さを広げたことにより「 最小の行の高さ 」の項目に数字が入ってしまったようです。

 

 

今度は、

 

  • 「 セルのパディング 」の数字を小さく
  • 「 セルを垂直方向に配置 」

 

に変更してみる。

 

 

 

 

文字の周りの「余白」がほとんどなくなりました。

 

「 セルを垂直方向に配置 」というのは「 左寄せのままだが、縦方向に真ん中寄せになっている 」ということね。。。。

 

 

 

今度は逆に「 セルのパディング 」の数字を大きくしてみる。

 

 

 

 

文字の周りの余白が広くなりました。

 

 

 

 

そういうことだったのね。。。。

 

実際にやってみたら「 パディング 」意味が良くわかりました。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.