エバーノート の注釈機能 を使って 画像を切り取り( トリミング )する

Evernote の注釈機能の1つである「切り取り」の使い方について書いてみました。

「切り取り」はEvernote の注釈機能のうちの1つ。

   

エバーノートの注釈機能

  • 矢印を挿入
  • 文字を挿入
  • 枠を付ける
  • 手書きのマーカーと蛍光ペン
  • モザイク
  • スタンプ
  • 切り取り
  • 色の変更
  • 文字サイズ・太さ

Evernote の注釈機能 を使って画像を切り抜く

画像の上で右クリック。メニューの中から「この画像に注釈を追加」を選択。

「切り取りアイコン」をクリック

↓マウスをドラッグして範囲を選択。

斜め方向にドラッグすると縦と横同時に動きますが縮小ではない。

※Macでのみ「サイズ変更ツール」があるとのことですがWindowsでは拡大はできない。

この機能はあくまでも「トリミング」。

Applyは適用、Cancel で無効になります。

適用を押すとトリミング完了。

 

「保存して終了」も同じ。

切り取った後の画像の保存

「Apply(=適用)」「保存して終了」はエバーノートの中だけのトリミングなので、画像として保存したい場合は「 名前を付けて保存 」を選択します。

「この画像に注釈を追加」よりも下の方にある。

別の画像加工アプリに送ることも出来るのでリサイズもできる

メニューの中に「このアプリケーションで開く」というのがあって、実はパソコンに入っている別の画像加工アプリに送ることが出来る。

ペイントやインストールしてあるベルの画像加工ソフトに送ることが出来る。

エバーノートの方で出来なかった「リサイズ」ができる。縮尺比を変えて縮小拡大も出来るようになる。

参考

タイトルとURLをコピーしました