エバーノート の注釈機能 を使って 画像を切り取り( トリミング )する

スポンサードリンク

Evernote の注釈機能の1つである「切り取り」について書いてみました。

切り取った画像を名前を付けて保存することも出来ました。

  Evernote の注釈機能 を使って画像をトリミング

  Evernote の注釈機能 を使って画像を切り抜くにはまず画像の上でクリックし、メニューを出します。

「編集と注釈」を選択。

サイドバーから「トリミングアイコン」を選択すると「画像の枠」に「ポイント」が出てきます。

「マウス」を合わせると「両矢印」が出るてくるので範囲を選択します。

これで良ければ緑色の「切り取り」のアイコンをクリック。

因みに斜めにドラッグしてもリサイズは出来ない模様(WindowsとMacではもしかしたら違うかも知れません)。

「保存」をクリックしますが、まだEvernote内だけのこと。

切り取った画像を名前を付けて保存もできる

「切り取った画像」をダウンロードするのであれば「3点アイコン…」から「名前を付けて保存」が出来てしまいます。

デスクトップに保存してみました。ファイル形式はjpgとなっていました。

 

別の画像加工アプリに送ってリサイズもできる

「名前を付けて保存」の上の「開く」で、Windowsでは「フォト」で開きます。

「フォト」では「エバーノートの注釈機能」の方で出来なかった「リサイズ」が出来ます。

上図「プログラムから開く」で「パソコン内臓の他のアプリ」で開くことも出来ます。

「ペイント」や「ペイント3D」ならもっといろいろな編集が出来るようになります。

Windowsアプリのペイントのカテゴリ

https://gohantu.menkicyan.com/category/windows%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e3%81%ae%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%e5%8a%a0%e5%b7%a5/

参考

タイトルとURLをコピーしました