エバーノート の注釈機能 を使って 画像を切り取り( トリミング )する

エバーノート

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

Evernote の注釈機能の1つである「 切り取り 」の使い方について書いてみました。

 

「切り取り」アイコン

   

Evernote の注釈機能

  • 矢印を挿入
  • 文字を挿入
  • 枠を付ける
  • 手書きのマーカーと蛍光ペン
  • モザイク
  • スタンプ
  • 切り取り
  • 色の変更
  • 文字サイズ・太さ

 

Evernoteにアップした画像を右クリックすると実は、

 

「このアプリケーションで開く」

 

というメニューも出てきて「Windows アプリのペイント」や「PCに入っている画像加工アプリ」にも送ることが出来る。

 

 

Evernote の注釈機能 を使って画像を切り抜く

 

 

画像を貼付したら、

 

 

 

マウスをドラッグして範囲を選択。マウスを放すと切り取りが出来ます。

 

 

 

斜め方向にドラッグすると縦横同時に可動しますが縮小ではない みたいですね。

 

 

※Macでのみ「サイズ変更ツール」があるとのことですがWindowsでは拡大はできない。

 

Evernote&ヘルプ参考情報 Skitch 画像・PDF への注釈 参照

 

 

この機能はあくまでも「トリミング」。

 

 

 

 

Applyは適用、Cancel で無効になります。

 

 

ここでいう「保存」は「注釈機能で行った編集が確定する」ということ。

 

 

切り取った後の画像の保存

 

エバーノート内で加工した画像を「 画像ファイル 」として端末に保存するには「 名前を付けて保存 」を選択します。

 

画像の上で右クリックするとメニューが出てくるので選択します。

 

 

「このアプリケーションで開く」で別の画像加工アプリに送ることが出来る

 

エバーノートの「この画像に注釈を追加」の上に実は「このアプリケーションで開く」という項目がある。

 

 

 

Windowsアプリのペイントでもトリミングできるし、エバーノートの方で出来なかった「リサイズ」ができる。

 

 

 

 

Evernote内の画像を右クリックすると別のアプリに送れて編集出来る件 ~Windowsのペイントなど~
こんにちは!めんか( @menkakaka )です。 Evernoteにアップロードしてある画像をWind...

 

 

関連記事 

 

 

 

参考

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました