画像を一括でリサイズできる「Ralpha」をダウンロードして使ってみた

複数の画像を一括で拡大・縮小するフリーソフト「Ralpha」 のダウンロードをしてみました。

ブログに使う写真、複数を一括でリサイズできて便利です。

私は、こういうアプリのダウンロードをした後使いこなせないことが普通。。。でしたがようやく最近理解できるようになってきた気がするのでブログに書いてみました。

Ralpha のダウンロード

Windowsオンラインソフトをダウンロードさせてくれるサイト「窓の社」からダウンロードします。

窓の社 Ralpha のダウンロードのページ⬇。

ダウンロードすると「 Ralpha~~~~.Zip 」という名前のZipファイルがダウンロードされるので展開します。

Ralphaのファイル

右クリックしてすべて展開を選択。

アイコンの付いているファイルが「リサイズツール」なので、使いやすいタスクバーに置いておきます。

タスクバー にドラッグ&ドロップでピン留めした。

Ralpha はアプリ一覧から見つけられてココからもピン留めできる。タスクバーにピン留めしたいときは「その他」を右クリック。

「Windowsアプリのペイント」や「スプレッドシート」「よく見るWebページ」をタスクバーにピン留めしてみた
Windowsアプリのペイント・SnippingTool・切り取り&スケッチ・Googleスプレッドシート・Webページをタスクバーにピン留めする方法にもいろいろありました。

今後はこのアイコンから使用可能になる。

アイコンRalpha

アイコンのクリックでRalphaの画面が開く。「画像の一括リサイズツール」を使うときは「リサイズ」ボックスにチェック。

複数チェックを入れられるけどココしかチェックしていません。複数に入っていると何が起きるのだろう?

設定Ralpha

拡大↓

リサイズツールを使ってみる

どこの長さを基準にリサイズする?

私はこのツールではリサイズしか使ってませんが、その中でも「何を基準にリサイズするか?」は「幅」のみの使用。

設定はいろいろあります。

画像をアップロード

「 ファイルをリストに追加 」が画像を1枚1枚アップロードするところ。

その下の「フォルダごとリストに追加」で一括リサイズできる。

「リスト」→「すべて選択」でリストに上がった画像を全選択できる(色が青く反転する:下図参照)。

すべて選択Ralphaリスト

実行のアイコンをクリック。

リサイズした画像の保存先

デフォルトの設定で、元の画像があったフォルダー内に保存されます。

保存場所の変更

「出力フォルダー」は「 設定 」で変更出来ます。

私はココを変えてしまっていますが、元のところに入ったほうがスッキリかも?知れません。

変えるとしたら上の段のチェックボックスを空にして「…」アイコンをクリックするとフォルダーを選ぶ画面が出てきます(下図参照)。

2出力フォルダー

Ralphaの設定

タイトルとURLをコピーしました