画像を一括でリサイズできる「Ralpha」をダウンロードして使ってみた

画像加工

複数の画像を一括で「リサイズ(拡大・縮小)」も出来るフリーソフト「Ralpha」は 窓の社 Ralpha からダウンロード出来る。

ですがブログを始めた当初「ソフトのダウンロードの後どうすれば良いのか?」がわかりませんでした。

なのでこのフリーソフトをダウンロードをした後どうすれば使えるようになるのか?からブログに書いてみました。

リサイズした後の画像の保存先や保存先の変更についても触れてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

画像を一括で拡大縮小出来るフリーソフトRalphaをダウンロード

「窓の社」というサイトから「Ralpha 」は簡単にダウンロード出来るのですが、この後どうすれば良いのだろうか?

ダウンロードすると「 Ralpha~~~~.Zip 」という名前の「Zipファイル」が「ダウンロードのフォルダー」にダウンロードされるので展開します。

Ralphaのファイル

右クリックしてすべて展開を選択。

Ralphaのアイコンをタスクバーにピンドメしてすぐに使えるようにする

こうすることによって「Windowsアプリ一覧」から発見できるようになるので「タスクバー」にピン留めしておくとアイコンが常駐して便利。

「Windowsアプリのペイント」や「スプレッドシート」「よく見るWebページ」をタスクバーにピン留めしてみた
 「タスクバーにピン留め」のやり方

今後はこのアイコンから使用可能になる。

アイコンRalpha

↑アイコンをクリックするとこの画面↓が開く。

設定Ralpha

一括リサイズのやりかた

「画像の一括リサイズツール」を使うときは「リサイズ」ボックスにチェック。次回使うときもこの設定になっています。

画像をアップロード

  • 「 ファイルをリストに追加 」で1枚づつ画像をアップロード。
  • 「フォルダごとリストに追加」で一括でアップロード。

「 ファイルをリストに追加 」の繰り返しでも複数の画像をアップロードできます。

サイズの設定をする

私は「サイズの指定方法」は「幅」しか使っていませんが臨機応変に使い分けます。

「幅」を600pxにサイズ指定してみました。

画像をアップロードし終わったら「リスト→すべて選択」や「Ctrl+A」で全選択出来る。

すべて選択Ralphaリスト

「実行」のアイコン↓を押すと、リサイズされた画像が端末にダウンロードされる。

リサイズした画像の保存先はどこ?保存先の変更

「リサイズした画像の保存先はどこ?問題」も当初起きましたっけ。

デフォルトの設定で「元の画像があったフォルダー内」に保存されます。

他でダウンロードしたときみたいに「ダウンロードのフォルダー」ではない。

保存先の変更をするのでしたら「 設定→出力フォルダー設定」で出来ます。

次の画面で、

  1. チェックボックスを空にする。
  2. 「…」アイコンをクリック。
  3. 「保存先フォルダー」を選ぶ。
  4. 「OK」押下。

予め画像保存用の「フォルダー」を作って置き、設定しておくのも手。

参考

Ralpha

Ralphaヘルプ

タイトルとURLをコピーしました