原因不明の腰痛 それってもしかして腎臓結石じゃない?">

勉強したことをアウトプット

原因不明の腰痛 それってもしかして腎臓結石じゃない?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんかです。

 

原因不明の腰痛が実は「腎臓結石」だったという経験談をブログに書いてみました。

 

「腰が痛い」 =「 整形外科 で治す」 というイメージですが「内科への通院」も視野に入れてみると良いかもしれませんよ!というお話です。

 

原因は絞れないのでしょうが、お医者さんの説明を聞いていると一種のこれも「生活習慣病」だと思いました。

 

 

 

 

今回、腰に負担がかかるような作業をしていないにもかかわらずまた症状がでました。

 

実は5ヶ月前のお正月にもこの痛みはありました。

 

その時はたまたま庭掃除もたくさんしたので原因はそれかと思っていました。

 

このときは1週間我慢していたらだんだん良くなってきました。

 

今回は、珍しく庭に水撒きぐらいはしましたがコレが原因とは思えないので、あのときと同じ痛みに「何なん?」となりました。

 

 

症状

 

 

それでも、起きているといくらか楽で、寝ている状態から起き上がるときが痛い。

 

夜長時間しっかり寝たあとで起きるときが特に痛い。

 

あと、深い呼吸をすると痛い。

 

よく不随意に息を大きく吸ってしまうことがあるのですが、いつこうならないかと恐怖です。

 

料理で胡椒を使うと100%くしゃみが出るのですが、これも怖いですね。

 

Twitter とかで吹き出すような映像が流て来たときには「ワザとかよw?!」と思いましたw

 

通常、腰が痛いときはただ「腰が痛い」だけで話が終わってしまって、家族には特に深く聞かれません。

 

ですがこのときはたまたま「どこが痛いか」を聞かれたので「この部分が痛い」と、腰の2箇所を示しました。

 

ちょうど腎臓の辺り。

 

P:「もしかして腎臓結石じゃないか?」

 

M:「また~!医者でもないのに勝手に診断するなよ笑 」

 

という会話がなされたのですがどうも私も同じ症状のようです。

 

「体は食べたもので出来ているので薬をもらえば安心というわけではない。」

 

というのが私の持論なので「薬を飲むのと同時に気をつけること」というものの方だけを実践してみることにしました。

 

とにかく水を多く飲むこととのことなのでコーヒーをチビダラ飲みするのはやめて、ブリタの浄水ポットの前を通過するたびに水を飲んでみました。

 

すると、完全ではないが痛みが急に和らいできました。その時便秘気味でもありましたがそれも解消されました。

 

最近気温も高くなってきているのでたくさん水を飲んでいるはずなのにお腹がガブガブになる感じはありませんでした。

 

 

診断結果

 

 

で、もうあんまり痛くないのですが家族のすすめで医者にかかることに。。。。

 

エコー・尿検査・血圧測定 の結果、案の定「腎臓結石」でした。

 

両方の腎臓付近が痛かったはずなのですが左の腎臓にだけ石が映っていました。

 

医者に診てもらう頃には右の腎臓にもあった石が自然と排出されていたのかもしれません。

 

「左のが痛いでしょ?」「残尿感があるでしょ?」

 

と聞かれたのですが言われなければ意識していませんでした。

 

指摘されたことによって逆に「確かに。。。。。」と、症状に敏感になったというか。。。

 

5ヶ月前の同じ症状のときは1週間放置していたら自然に治ってしまいましたが、悪化していたら大変なことになる所でした。

 

冬場だったので水もそうは飲めなかったでしょうし。

 

石が大きくなると死にはしないが、もっと痛いらしいです。それが尿管を通過するときがまた激痛らしいです。

 

 

検査

 

 

検査は「血圧測定」「尿検査」「エコー」をしました。

 

ちなみに検査時のこと、

 

「尿検査」では異常は特に見当たりませんでした。

 

「血圧」はちょっと高めで「こういうのは運動不足・メタボの人がなるんだよ。」と言われてしまいました。

 

私はメタボ(隠れメタボってある?)じゃないので運動不足の方だ。

 

あと、指摘されてはいないけど 運動量に見合わないほど食べている自覚があります。

 

「エコー」では、看護師さんが「ベッドに仰向けに寝て待ってて下さい」というのを、

 

「だって腎臓でしょ?もしかして うつ伏せ?」

 

と、勝手にうつ伏せに寝っ転がろうとしたら仰向けであってました汗。

 

しかもエコーの機材を当てる箇所が脇腹。。。

 

しかも エコーの機材を当てるとほぼ同時ぐらいに、

 

先生:「在った!」

 

この先生いつもこんな感じで、患者を驚かすのに生きがいを感じているのではw?とちょっと想像しています。

 

研修医の時に人体解剖とかして臓器の位置を把握する勉強をするとこういうことが解るんだなあ、と感心もしたよ。

 

 

 

投薬

 

 

 

漢方薬と2種類の薬が処方されました。

 

漢方の方は、対象になる複数の症状の中に「頻尿」「排尿困難」という項目があったので、それかな?という感じ。

 

2種類の薬の方は「尿管などの収縮を抑える・痛み止め」「石を溶かす」ものです。← 大雑把すぎ。

 

1ヶ月飲み切りましょうとのことですが、、、、、?

 

 

かかりつけ医

 

 

近所ではなく、もうちょっと遠いところにある内科のお医者さんを「かかりつけ医」にしています。

 

なんか、ズバッと病名を指摘してくるんですよ。

 

一応検査はしますが、結果は見立て通りなんです。

 

単なる風邪でない場合ですが、違う症状を訴えれば、聞いたことのないような違う薬を処方してくれます。

 

これだけいろんな病気や薬のパターンが頭に浮かんでくるということは、医者という仕事がよほど楽しいんでしょうね( 浅いか?)。

 

 

今までに経験した腰痛・その他の痛み

 

 

 

・産後の腰痛

 

産後の腰痛ではかなり長い期間整体に通っていました。そこでの治療は「ヘルストロン」「針」「電動マッサージ」

 

このときの腰痛が実は一番痛くて、生まれてから経験した痛みの中でも歴代3位以内に入ると思います。

 

ある日化粧をして通院したら、

 

「楽になったんだね」

 

と言われました。

 

 

・ガーデニングでの中腰がおそらく原因というもの

 

他には、医者に行かないで放置してしまったのですが明らかに「腰」ですね。

 

洗面所で体を前に倒すことが出来ず、足をかなり大きく開いて蛇口に顔を近づける、とかやっていました。

 

コレは時々なりますがガーデニングを最近全然やらないのでこんなこともなくなりました。

 

あと、関係ないのですが、お産なんて痛いうちに入らないと思うような歴代の痛みといえば、

 

  • 中耳炎
  • 初めて処方された薬が合わなくて罹患した「偽膜性大腸炎」
  • 産後の腰痛
  • 肩石灰沈着性腱板炎

 

ほかにもあったはず。。。。

 

なんていうのがありますが順番は付け難くどれも痛かったですね。。。。

 

こうして振り返ると、私は「激痛」に襲われることが時々あって、可愛そうな人間みたい。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回の原因不明の腰痛では、必ずしも「整形外科」がいいとは限らないことを経験しました。

 

もしも、原因不明の腰痛があったら「腎臓結石」という病名も思い出してみて下さい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.