スプレッドシート・Googleドキュメントのゴミ箱はどこ!?ファイルの復元は出来るの?

スプレッドシートやGoogle ドキュメントの「ゴミ箱」は「Googleドライブ」にあります。

ゴミ箱に入れたファイルを種別に探すことについてもまとめてみました。

削除したスプレッドシートなどのゴミ箱はドライブ内にある

「スプレッドシート」「Googleドキュメント」で削除したファイルは「ドライブ」の「ゴミ箱」に移動してきます。

ゴミ箱に入ったファイルはゴミ箱を空にするまでゴミ箱に残り、削除後30日後に自動で完全に削除されるGmailとは違う。

ゴミ箱に入ったファイルは30日後に自動的に削除されるようになります。

G Suite アップデート…..Googleドライブのゴミ箱のアイテムは、2020年10月13日から30日後に自動的に削除されます 参照

「削除」「ゴミ箱に移動」「完全に削除」「ゴミ箱を空にする」の違い

紛らわしいのでちゃんと語句を区別して使っていない人も多いかもしれません。

「Googleスプレッドシート」の一覧から「ファイル」を削除すると「Googleドライブ」の「ゴミ箱」行きになります。

「スプレッドシート」のファイルを開いた状態で削除することを何故か「ゴミ箱に移動」と別の言い方をする。

どちらも「Googleドライブ」の「ゴミ箱」に入る。

「Googleドライブ」の「ゴミ箱」に入った「ファイル」の「完全に削除」で「Googleドライブ」から消える。

ゴミ箱の中のファイル全部を完全に削除することを「ゴミ箱を空にする」という。

「Googleフォト」「Keep」のゴミ箱はどこにあるのか?

「Googleフォト」の「ゴミ箱」は「Googleフォト」にあります。

「Googleフォト」の写真は 2019年7月10日以降「Googleドライブ」と同期されなくなったので「ゴミ箱」が個別になった。

Google フォトと Google ドライブの最近の変更 - Google フォト ヘルプ

「Google Keep」の「ゴミ箱」も「Google Keep」にあります。

「GoogleKeep」の「メモ」は「Googleドライブ」で管理されていない。

Google Keepヘルプでも終始「メモ」と言っていて「ファイル」と呼ばないことからもわかる。

でも、まるきり単独のアプリというわけでもない。

Googleドキュメント・Google Keepで文字数カウント ~読書感想文にも~
Google ドキュメントは文字のカウントが簡単に出来ます。全体・一部・リアルタイムカウントが出来ます。GoogleKeepのメモも「ドキュメントにコピー」アイコンのクリックでドキュメントに昇格。

ドライブのゴミ箱内でファイルを種別に探す

ドライブの検索ボックスで▼をクリックするとファイルの種類一覧が出て来て検索出来るわけですが、この時「ゴミ箱内」にチェックを入れるとゴミ箱内だけで検索出来るようになる。

検索窓に「in:trashed(ゴミ箱の中)」という検索演算子が入っている。

ゴミ箱から完全に削除してしまったファイルの復元

「完全に削除」をすると基本的に復元できないのですが、電話でお問い合わせをし英語が理解出来れば会話して解決することもあるようです。

「結構すんなり事は済んだ」という、やってみた人のブログ読んだことあります。

まとめ

「Googleドキュメント」や「Googleスプレッドシート」の一覧に現れない「ゴミ箱」は「Google ドライブ」の画面にあった。

「削除したファイルはどこにあるの?」と狐にでもつままれた気分になったことがありますが、これで「ゴミ箱」の謎を解けた。

タイトルとURLをコピーしました