Windows アプリで画像に枠線をつける方法!「ペイントの合成」「SnippingToolで切り取り」

「ペイントの合成」「SnippingToolで切り取り」を使って画像に枠線を付ける方法をご紹介。

ラクなのが「SnippingTool」を使う方。

画像に細い枠線を付けられ、縁取りやフレームのように太い枠を付けたりも出来ます。

ペイントの合成を使って画像に枠線を付ける

画像を合成して下の画像をチラ見せするという方法で夏貸文庫 ペイントの使い方(Windows10対応)|画像の周囲に一定の太さの枠線を描く方法 を参考にさせていただきました。

「クリップボードにコピーした画像を貼り付け」は良くやりますが、その下の▼からのメニューで画像を重ねることが出来ます(ファイルから貼り付け)。

↓コレの応用です。

大中小3サイズの画像3枚を合成させていきます。

枠線を付けたい画像が一番小さいサイズになります。

↓出来上がり

ツールを使って画像を合成

中サイズの画像をペイントに貼り付け。

小サイズの画像を合成します。

2辺に枠線が付きます。

  1. 180度回転させる。
  2. 出来上がった画像を一旦保存する。

大サイズの画像をペイントに貼り付け。

「一旦保存した、さっきの2辺に枠線がついた画像」を「大サイズの画像」の上に合成させます。

乗っかりました。わかりにくいですが4辺に枠線が付いているはずです。

出来上がり。ちゃんと枠が付いているのがわかります。

3枚の画像のサイズを調節すると枠線の太さを変えられます。

ドラッグで手動で合成

誤差が出るかもしれない方法で、縁取りやフレームの様になります。

上に載せた画像をドラッグで移動します。

SnippingToolの切り取りを使って画像に枠線を付ける

細い線のみ付きますが、カラーが豊富。

薄いグレー

「目立たない細い枠線」ですが、あるのと無いのとでは大違いですね。

簡単に使えます。

枠線を付けるという使い道「WindowsアクセサリのSnippingTool」~カラーも豊富~
Windowsアプリの「ペイント」や「切り取りスケッチ」では画像に枠線が付かないなあ。。。とちょっと不満でしたが同じ系列...

それぞれタスクバーにピン留めしておくと行ったり来たり出来ますね♪

まとめ

画像に枠線を付ける方法ですが、ペイントでやるのは少々面倒くさいですね。

SnippingToolを使うほうが簡単でした。

Windowsの画像加工アプリには「3Dペイント」というものもあるのですが、使い慣れていないので苦手意識があります。

多分このアプリでも出来ると思うので今度やってみます。

関連

 

参考

タイトルとURLをコピーしました