Windows アプリのペイントで画像に枠線や縁取りをつける方法①~ ファイルから貼り付け(合成)→回転を使う~

画像加工

Windows アプリで画像に枠線をつける方法はツールを駆使すると実は何通りもあります。

ここでは「ファイルから貼り付け(合成)」や「回転」などを使うやり方について書いてみました。

Windows アプリで画像に枠線をつける方法

※ 実際はいろんなツールを駆使していますが特徴的なワードでタイトルを作ってあります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

画像に枠線を付ける流れ

夏貸文庫 ペイントの使い方(Windows10対応)|画像の周囲に一定の太さの枠線を描く方法 を参考にさせていただきました。

画像を重ねると2辺にまず枠線が付くので、画像を180度回転させてから反対側でも同じことをするというやりかたです。

なので3枚の画像を使います。

枠線を付けたい画像が一番小さいサイズになります。

実際の手順

枠線になる中サイズの画像を貼り付け。

更にその下の▼から出てくる「ファイルから貼り付け」を選択したらメインの小サイズの画像をパソコンから持ってきます。

中サイズの画像に小サイズの画像が重なりました。

このとき2辺にだけ枠線が付いているので、次に「回転」という工程が入るわけです。

出来上がった画像を180度回転させてから一旦保存。

今度は大サイズの画像をペイントに貼り付け。

「一旦保存した”2辺に枠線がついた画像”」を「大サイズの画像」の上に合成させます。

(またファイルから貼り付けの登場です。)

極細で分かりづらいですが4辺に枠線が付いています。

ペイントの画面だと分かりづらいのでブログに貼り付けてみました。ちゃんと枠が付いていますね。

3枚の画像のサイズを調節すると、枠線の太さを変えることが出来「縁取り」「フレーム」の用途にも応用できます。

関連

参考

タイトルとURLをコピーしました