「Ctrlキーを使って複数選択しているのに ファイルがコピーでどんどん増えていってしまう」の 解消法 → Shiftキーを使う

パソコンなどの備忘録

便利な「Ctrlキーでのファイルの複数選択」ですがデスクトップの上でやるとコピーになってしまい逆に増えてしまうことがあります。

こういうときはドラッグでファイルを1箇所に集めておいてからShiftキーを使って一括選択をすると良いことが分かりました。

そもそも何でこんな現象が起こるのか?

ファイルを「Ctrlキー」で複数選択するときの「クリック」の仕方が難しいんだそうです。

クリックしながら少しでもマウスが動いてしまうと「クリック」ではなく「ドラッグ」と認識されてしまうとのことです。

たくさんファイルを選択した時に限ってしばしばこういうことが起きるので大変困りますよね。

手順を書いてみました。

ドラッグでファイルを1箇所に集める

ゴミ箱を含まないようの横に並ぶようにファイルを集結させてからドラッグや右クリックメニューの操作が出来ます。

「全選択」「個別選択」を駆使

「選択」したものを「もう一度選択」すると「選択解除」になることを利用したものです。

Shiftキーを使って取り敢えず全部選択したあと「除きたいファイル」をCtrlキーで選択。

こうすることによって多少乱暴にクリックしてもコピーされることはなくなる模様。

複数のファイルを一括選択する方法
「複数のファイル」を「一括選択する方法」について勉強したのでアウトプットしてみました。まとめて選択したファイルは、まとめて「削除」「コピー」「移動」などが出来ます。

ゴミ箱は消えない件

間違えてゴミ箱消したらどうしようと思いましたが、一括選択した中にゴミ箱が含まれていても削除出来ないようですね。

選択肢に「削除」が現れない、または「削除」の項目が出てきたので削除したがゴミ箱だけ残った。という結果になりました。

理由ついてはよく解らないのであとで調べます。

参照

YAHOO知恵袋 画像をCtrlキーで複数選択して削除などしようとすると、コピーされてしまってかえって増えてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました