Twitter で表示させたくないキーワードやハッシュタグをミュートする方法   ">

勉強したことをアウトプット

Twitter で表示させたくないキーワードやハッシュタグをミュートする方法   

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

今回は「Twitter で流れてくるツイートをある程度(?)キーワードを絞ってフィルタリングしてしまおうか。」という内容です。

 

こんな事やっていてもキリがないのは解っているのですがw、たまたま設定画面で目に付いたのでブログ記事にしてみました。

 

これでもブログ記事1個出来上がりですからね。

 

 

ツイートに見たくない内容が含まれていた時のために、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含むツイートをミュートする設定があります。ミュート設定を行うと、そのようなツイートが[通知]タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知、ホームタイムライン、ツイートへの返信に表示されなくなります。

Twittter ヘルプセンター ミュートの詳細設定オプションを使用する方法参照

 

 

細かい設定はここでは触れませんが、設定のどこから入っていくか・基本的な設定について書いてみました。

 

 

 

 

Twitter で表示させたくないキーワードやハッシュタグをミュートする方法

 

 

プロフィール画面のドロップダウンメニューから[設定とプライバシー」をクリック。

 

 

「ミュートするキーワード」をクリック。

 

 

ミュートするキーワードを入力し[追加」をクリック。1個づつ登録していきます。

 

 

キーワードのミュートを解除する

 

 

今度はキーワードのミュートを解除する設定。

 

見たくないキーワードであっても、旬の話題に含まれているものだったりすると「 ニュースが見れない汗 」ってなるのか?と思います。

 

 

プロフィール画面のドロップダウンメニューから[設定とプライバシー」➞「ミュートするキーワード」で出てくる先程の画面。

 

ミュートボタンをクリックします。

 

 

ここでは[意識高い系」を選択。

 

 

 

「意識高い系」のミュートを解除しました。

 

まとめ

 

 

先程も言いました通り、細かい設定もあるにはあります。

 

でも、よくよく考えてみたら「老害」というキーワードでは流れて来なくなっても「ババア」って言い替えられたら意味がありません( 笑 )

 

ふらっと立ち寄った本屋さんでこれらのキーワードを見てもな~んとも思いませんが、Twitter って「人間がその時思ったことを口にしている」ということで強烈に刺さったりします。

 

その逆もあるんですけどね。

 

一時凌ぎに気になるキーワードをミュートするのは緊急策として使いはしても、要は自分に耐性を付けるしか無いということです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.