スプレッドシートでフィルターがかからない原因 / フィルターをオフにする  

Googleサービスのお勉強

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

特定のデータのみを選別して表示出来るスプレッドシートのフィルター機能ですが、時々「フィルターがかからない」という現象に見舞われます。

 

「既に何かしらの フィルター設定がしてある」ことが原因なので「フィルターをオフにする」にしてやり直せばOKです。

 

 

フィルターをオフにする

 

「データ」のところを見ると「フィルターをオフにする」となっていて、何かしらのフィルターがかかっっているのがわかります。

 

スプレッドシートフィルターを外す

 

ここをオフにすれば初期状態に戻す事が出来るので「フィルター」がかかると思います。

 

フィルターをかけて特定のデータのみを表示する

 

因みに備忘録にと、フィルター設定のやり方も書いておきました。

 

A列に「キーワード」が並んでいるので「特定のキーワード」だけ表示させてみます。

 

A列は「キーワード」の項目。▼を選択→データ→「フィルターを作成」

 

A列を選択スプレッドシート

 

A列の アイコンを選択するとメニューが出てくる。

「条件でフィルター」「次を含むテキスト」「フィルター」「OK」としてみました。

 

 

 

「指定したキーワード」という「条件」でフィルターをかてけて、該当のセルを5件見つけることが出来ました。

 

画面スプレッドシート条件指定フィルター結果

 

もしここで件数が異常に多かったら「並べ替え」もすると良いかも。

 

スプレッドシートでデータの並べ替えをする
「スプレッドシートでのデータの並べ替え」を勉強したのでやってみました。

こっちもリライトが必要かも知れません💦

 

 

因みに「値でフィルター」では、既成の項目がズラズラ出てくるので取捨選択して使います。

 

 

 

家計簿で「食費だけ」とか特定の項目のみ表示させたいときとかに使うんですね、きっと。

 

 

 

「値」が「食料品」になっているデータのみ表示されました。

 

 

 

範囲を指定して特定のデータを表示する」ということも出来る。

 

 

            ↓

フィルターが掛かっているデータの部分は緑の枠が付きます。

 

緑の枠外はバラバラなまま。

 

 

考察

 

ブログのリライトの為に「スプレッドシートのフィルター機能」を使おうとしましたが、やり方を忘れていました。

 

「ブログ記事に書いたはず」と、記事を読み直してみたらこっちもリライトが必要だったことが判明。

 

ともあれ、より理解が深まったので良かったです♪

 

 

関連記事 & 参照

 

 

タイトルとURLをコピーしました