検索技! ~アドレスバー・タブ・右クリックメニューを使う~

「ページ内にある文字」を素早く調べることが出来る「検索技」を知ったのでブログに書いてみました。

今までは「Googleの検索窓」にわざわざ文字を入力して検索していたので格段に便利になりました。

アドレスバーにドラッグ&ドロップ

「調べたい文字」をドラッグしたら「アドレスバー」へ落とし「Enterキー」を押すと今開いているページが置き換わります。

今開いているページを消したくない場合は新しいタブアイコン「+」を選択すると「真っ白なアドレスバー」が出てきます。

タブにドラッグ&ドロップ

調べたい文字をドラッグしたら「赤・緑・黄色のタブ(ここでは)」へ落とすと今開いているページが置き換わります。

開いているページを消さないためには「+」アイコンのある「新しいタブ」に放り込みます。上図で青色のタブ。

↓これと同じですね💡

今開いているページを消したくない場合は新しいタブアイコン「+」を選択すると真っ白なアドレスバーが出てきます。

因みに、タブに放り込む方は「Enterキー」を押さなくても済む。

ーーーーー

因みに「アドレスバー」の場所はわかるけど「何か?」と聞かれたら「ここ」としか言えないので調べてみました。

アドレスバーとはInternet Explorerを始めとしたWebブラウザに備わるツールバーの中でも、ブラウザが現在表示しているWebページのURLを表示するツールバーのことである。

Weblio辞書 アドレスバー 参照

右クリックメニューから「検索する」を選択

文字をドラッグして右クリックメニューを出しても検索出来ます。

新しいタブで開き「新しいタブにドラッグで放り込む」と同じことになりました。

まとめ

ページ内にある文字列をアドレスバーやタブにドラッグしたり、右クリックメニューを出す検索方法。

知らなければそれで終わってしまいますが一回覚えたら次からはよくこの方法で調べ物をするようになりました。

元いたページに戻れない!~履歴を検索する方法~
「←(戻るアイコン)」をクリックする他「←」の長押しでタブごとに、設定から全履歴を、「Ctrl+Shift+t」というショートカットで今までに開いたページを別のタブで次々に開いて見ることができる。
タイトルとURLをコピーしました