学校と家庭の双方連絡型 マイページ「 e-pa 」">

勉強したことをアウトプット

学校と家庭の双方連絡型 マイページ「 e-pa 」

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんかです。

 

学校と家庭の双方連絡型( 勝手に命名 )の「e-pa」というシステムを知りました。 

 

「塾のマイページ」のようなものでコミュニケーションが取れるシステム。

 

「欠席の電話連絡」「電話連絡網」「学校からのお知らせ」「何かの予約」などがパソコン・スマホで管理できる。

 

メールやLINE・その他のSNS の特徴の良い所取りしている印象で「Googleの便利な機能」をチョイスして作ってあるアプリのようでもある。

 

習い事や塾では、そういえばこの機能を使っていたのを思い出しました。

 

当時はなんとも思っていなかったのですが急に目に付くようになって騒いでみたくなったのでブログに書きます。

 

 

私は「 Googleサービス 」を勉強して覚えたことをブログにアウトプットしていて思ったことがあります。

 

学校の「学校のホームページ」「電話連絡網」「配信サービス」の他に「連絡が取り合えるツール」でもあったら良いのにということ。

 

「Facebookグループ」にいくつか入っているので、同じようなことを学校でも出来ないか、と。

 

「落とし物などがあった場合、全員が把握出来るのに」

 

なんていうことをブログに書いたこともありました。

 

あったら良いな はやっぱり存在していたんですね。

 

しかもそれほど新しくもないという。

 

よくよく考えると、既に子供の塾や習い事で使われているサービスでもありました。

 

 

e-pa とは

 

 

学校と家庭との連絡に特化した学校専用のサービス。

 

  • メール連絡網
  • 配布文書( フィル共有 )
  • 予定表
  • お知らせ
  • 諸届( 遅刻・早退・欠席 )
  • 施設予約
  • 予約管理
  • 安否確認
  • 現在地通知
  • 授業報告書
  • 請求書照会

 

今回、子供が高校生になるので改めてちゃんと知ることとなったのですが、上の子の学校では使っていませんでした。

 

このシステムを知らなかった当初のブログに「こんなのあったら良いな」と書いたことがあります。

 

「お知らせ機能」では連絡が既読になったのか確認も取れるとのこと。

 

 塾のマイページでいうところの「ログイン回数をカウント」のことでしょうか?

 

メールアドレスは6件まで登録可能。

 

登録のやり方は学校からプリントで配られます。

 

こんなことが解消されそう

 

 

電話連絡網で次の人につながらない。

プリントの溜め込み。提出日の朝に、記入箇所の多いプリントをよこしてくる。

学用品(三角定規とかw)を持ってくることとなっていて、当日の朝に慌ててコンビニで買う。

子供が勝手にプリントを選別する 為検定試験があるのを知らなかった。

 

 

 

まとめ

 

 

配信内容は学校の先生の裁量だと思うので、どれだけ細かいことまで配信されてくるのか不明ですが、かなり便利になりそうな予感。

 

授業や会議の中断をせずに欠席連絡などができるのも良いですね。

 

この「アプリ?」、「学校側が全て管理をする」とありますが、生徒・教職員・文書などのデータを業者に渡せば良いので実質先生のやることは従来通りなんだと予想します。

 

有料のサービスなので、各家庭から生徒の人数割りで徴収する仕組みなんでしょうね。

 

「授業料・施設費及び教育諸費用等納入のお知らせ」というプリントの「施設費」となっているところにでも含まれているのかも。

 

ともあれ我が家では、子供が学校から受け取った配布物を全部把握出来るなんて夢のようです笑

 

 

e-pa education park 参照

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.