「Google Keep Chrome拡張機能」で WebページをKeep に保存・Keep へのアクセスが速くなる

WebページをKeepに保存できる「Google Keep Chrome拡張機能」を入手してみました。

拡張機能を入手するとパソコン画面右上にアコンが常駐するようになります。

  • アイコンのクリックでKeepに保存。
  • アイコンの右クリックで「Keepにアクセス」「新規メモ作成」他が出来る。

「Google Keep Chrome拡張機能」をChrome に追加

Google Keep Chrome 拡張機能
ワンクリックで Google Keep に保存できます。

「Chrome に追加」で、

Chromeのブラウザの画面にアイコンが常駐するようになります。

使い方

Chromeの拡張機能が表示されないなどの原因 ~拡張機能管理画面の出し方~
拡張機能がOFFになっている。拡張機能アイコンにまとめて格納されている為、アイコンが見つからない。拡張機能がそもそも削除されてしまっている。ということが思い当たりました。

アイコンをクリックするとKeepにリンクとして保存される

保存したKeepのメモを開く

(←Keepで開くアイコン)で、今保存したばかりのこのKeepのページが開きます。

保存したメモに付いているアイコンの説明

よくよく見ると他にもアイコンがいっぱいくっ付いてますね。何だろう?

「メモを削除」…..間違えてアイコンをクリックしてしまったとき用でしょうか?Keepに保存してからすぐにメモを削除も出来る。

「ページのリンクを削除」は、本文が書いてあったら本文のみのページとしてKeepに保存されます。新規メモ作成と同じか?

リンクを削除したメモ。

Keeepに保存する段階でラベルが付けられる。

 

ラベルが出てきた!

アイコンの右クリックメニュー

アイコンを右クリクするとメニューが出てきます。これから使おうというのならば下の部分のメニューは使わない?

使うのはこの2つ

  • New blank note(新規メモ作成)
  • Go to Keep(Keepの画面へ)

New blank note(新規メモ作成)

アイコンの右クリックメニューから「New blank note」を選択すると、

新規のメモが自動保存される。「更新」とか「完了」を押さなくても良い。

「保存されました」と出てくる。

証拠写真

Go to Keep(Keepの画面へ)

アイコンの右クリックメニューから「Go to Keep」を選択するとKeepのメモ一覧の画面へ飛ぶ。

まとめ

パッとメモが出来るのが「Google Keep」ですが「Google Keep Chrome拡張機能」を入手すると、更に便利になる。

Keepに移動すること無くメモを作ってラベルまで貼れてしまったり、一覧のページへのアクセスも早い。

関連

似たような拡張機能で「Google Driveに保存」というものがあって、こちらはもっと多機能。

拡張機能「Google Driveに保存」...スクリーンショット・HTMLソース・ドキュメントなど形式を変えて保存
ウエブサイトを閲覧していて、後で読み直したいページがある場合に役立つ。ボタン一つで簡単にいろんなファイル形式で保存出来る。HTMLソース・ドキュメント形式、形式によっては編集することもできそうです。

他の関連記事

参考

タイトルとURLをコピーしました