「タスクマネージャーでメモリの使用状況を把握」をしてみました">

勉強したことをアウトプット

「タスクマネージャーでメモリの使用状況を把握」をしてみました

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんかです。

 

最近パソコンの動きが遅いです。

 

「タスクマネージャーで使用状況を把握し、不要なタブを閉じてメモリ不足を解消する。」

 

これをすると良いというので実践してみました。

 

 

 

 

実は、もしかしたら パソコンがウイルスに感染しているのかもしれないということで、家族に「市販のウイルスソフト」のインストールを手伝ってもらいました。

 

しかしその後もパソコンの動作は遅いままです。

 

困っていたら、パソコンの動きが遅くなる原因はそれだけではないとのこと。

 

そして何気に「Google サービスがぜんぶ分かる本」の目次を眺めていたら、

「 ウエブブラウザの動作が遅くなる原因のひとつにメモリ不足がある。拡張機能を増やしたり、複数のタブを同時に開いていたりするとメモリを消費するのだ。」

「 Googleサービスがぜんぶ分かる本 」洋泉社

 

と、ありました。

 

そして、開いているタブを閉じたり、使っていない拡張機能をアンインストールしたりしました。

 

使用量の調べ方が解ったついでにWiondows の方「タスクマネージャー」も調査してみました。

 

こちらの方は、「バックグラウンドプロセス」「Windowsプロセス」の中のいろんな項目がズラリと出てきて皆目意味不明。

 

迂闊に手出しをすると危険と判断しw 何もしていません。

 

メモリの消費状況の調べ方がわかった!という記事です。

 

 

タスクマネージャーを使って、Chrome の使用状況を把握

 

 

タスクマネージャーに辿り着くには。。。。

 

 

3つの点➞「その他のツール」➞「タスクマネージャー」とクリックしていきます。

「Google Chrome 」にオプションで付ける便利機能( =拡張機能 )を増やすとPCの動作が遅くなるとのこと。

 

これが「タスクマネージャー」・・・こんなふうになっているんだ。。。

数字が大きいものに赤い星を付けてみました。

 

「 GoogleChrome 」で「めんかの毎日・・・」を今、開いているからなのでしょう。「GPUプロセス(って何?)」は後で調べます。

 

先程のキャプチャを写してみました。

Google Chrome ブラウザ( 開いているから) 240.352k

GPUプロセス( 何だこれは?)

121.944k
ユーティリティ:Network Service( ? )    19.956k 

タブ:拡張機能 遅い 原因 投稿の編集<めんかの毎日・・・( 開いているから? )

214.524k
サブフレーム:https://doubleclick.net( ? )   76.452k
サブフレーム:https://facebook.com/( ログインしているから?)   51.604k
サブフレーム:https://twitter.com( ログインしているから?)   31.032k
サブフレーム:https://wp.com/(ブログを書くのに今開いている) 76.452k
サブフレーム:https://wordpress.com(ブログを書くのに今開いている) 51.604k
タブ:新しいタブ   47.540k
拡張機能:Speed Dial 2 新しいタブ  
タブ:拡張機能   41.880k
拡張機能:Google Calender   28.112k
拡張機能:Google ドライブに保存   23.224k
拡張機能:Evernote Web Clipper   42.204k

 

拡張機能は使っていないときでも常時このぐらいメモリを消費しているようですが、開くと1桁多くなるのがわかります。

 

 

「サイトの閲覧」はそうでもないのですが、こうしてブログを書くのに開いているこのページは、比較するとメモリ消費率が大きくなっていた。

開いた状態の「Googleドライブ」も数字が大きく跳ね上がりました。

 

 

SNSからログアウト・タブを閉じる・不要な拡張機能を削除してみた

 

 

「 SNS 」は開いていないつもりだったのですが「ログイン状態のまま」というわけですね、いまログアウトしてきました、2つとも。

 

ページを開いた状態でタスクマネージャーを見に行って確認を取ってきました。

 

FacebookやTwitterの項目ごとなくなっていました。

 

複数開いているタブも閉じました。

 

「拡張機能」ごと2つ削除しました。

 

 

先程の「3つの点」➞「その他のツール」➞「タスクマネージャー」で出てくるページで、該当のプロセスを終了すると停止する。

 

「タブを閉じる」「閲覧を終了する」と同じことですね。

GoogleChromeヘルプ ステップ 3: 不要なプロセスを無効にする、または停止する 参照

 

 

 

元のページを見に行くと、こんな終わり方になっていました。

 

この「プロセス終了」という作業は、終了してしまうといけないものもあるとのこと。

 

わけのわからないものは絶対にいじらないほうが良いそうです。

 

Windows の「タスクマネージャー」の起動のさせ方

 

 

「GoogleChromeのタスクマネージャーを開く」があるということは「Windows」 の方に無いはずがないということで調べたらありました。FUJITU タスクマネージャー 参照

 

タスクバーの何も無いところで右クリック ➞ 「タスクマネージー」をクリック。

ショートカットキーを使っても開けます。その場合は、Ctrl + Shift + Esc のキーを同時に押します。

 

Chromeはこれに比べたらずいぶんサッパリしていたんですね。こっちがパソコンの大元なので当然なのでしょう。

「 Google Chrome( 21 )」と一括りになっているようです。

 

「 Chrome 」と比較すると、チマチマと項目があり10スクロール分ぐらいと続いていきます。

 

最初にも言いましたが、各項目の意味がわからないので放っておきました。

 

まとめ

 

 

「パソコンがウイルスに感染すると動作が遅くなる」としか知らなかったので「それか。。。」と思っていました。

 

タブをいくつも開いていたり、アプリをインストールし過ぎてもパソコンの動作が遅くなるのが分かりました。

 

あれから心なしか動きが良くなった気がしますが「何をしたから」というのがハッキリわからないというのがアレなんですけど。

 

 

関連資料

 

 

Googleサービスがぜんぶ分かる本 洋泉社

GoogleChromeヘルプ・・・ Google Chrome の動作を速くする

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.