Googleドキュメントで、表を挿入する">

勉強したことをアウトプット

Googleドキュメントで、表を挿入する

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか( @menkakaka)です。

 

Googleドキュメント」で表作りに挑戦してみました!

 

「 Googleスプレッドシート」と区別されている通り「関数」は使えなさそうな雰囲気ですが「 Exel 」や「 Googleスプレッドシート」と同じように「 行や列の挿入 」「 表の書式変更 」も可能。

 

 

 

 

「本」や「ドキュメントエディターヘルプ」を読み進めようと思ったところ「用語」から突っかかってしまいました。

 

なので「用語」の説明からですw

 

 

用語について

 

 

「グリッド」「セル」って表を見れば「この場所のことね」って分かるのですが単語だけ聞くとなんとなく曖昧。

 

セル 表の一つ一つのマス目のこと
グリッド Wordの画面上で表示される罫線のこと
プロパティ コンピューターで、ファイルや周辺機器など、様々な対象の属性に関する情報。
パディング Webページなどでは、表示要素の内側に設ける余白部分のことをパディングという。枠線(要素の境界からテキストなどの内部の表示領域までの距離を表し、CSS(スタイルシート)などで任意の値に設定できる。境界の外側の余白(他の要素との距離)のことは「マージン」(margin)という。

 

まだわからない!図のほうがわかりやすいかも。

 

ちなみに真ん中の枠線のことを、境界線(border)というそう。( 図に書き忘れただけ )

 

 

分かりづらいですが「ドキュメントで作った表」を右クリックするとでてくる「表のプロパティ」

 

「コンピューターで、ファイルや周辺機器など、様々な対象の属性に関する情報。」。。。。。ですって。

 

 

「表の情報」ということか

  にゃるほど。     

 

 

表の挿入

 

 

では、「 表の挿入 」実際にやってみます。

 

 

Googleドキュメント」にアクセス → 「新しいドキュメントを作成」をクリック。

 

 

 

表を挿入する位置にマウスカーソルを合わせる。

 

 

 

 

「挿入」→「表」をクリック。

グリッド( Wordの画面上で表示される罫線のこと )が表示されるので、挿入する表のサイズ(行×列)を指定します。

 

 

 

表が挿入されました。

 

 

 

 

最大20×20のセルの表を挿入できます。

 

 

 

行や列を追加

 

 

 

表の中にマウスカーソルを移動する。

 

 

 

「表示形式」→「表」→ここでは「列を左に挿 入」とクリックしていきます。

 

 

 

変更前の表から

 

 

 

列が増えました。

 

 

 

 

複数行ドラッグしてから右クリックすると「上に3行挿入」「下に3行挿入」などと表示される。

 

 

 

 

20行 × 20列 の表に20 行追加してみる。

 

 

 

上に20行挿入。

 

 

 

 

20行・列 以上は2枚めのシートになる。

 

※ 「表の削除」をすると1枚めも2枚目も一緒に消えてしまうことが判明。

 

 

 

 

セルの幅や高さの変更

 

 

 

セルの幅や高さを変更する場合はセルの枠線にマウスカーソルを合わせて、カーソルが両方向の矢印に変わったら、左右又は上下にドラッグします。

 

 

 

 

 

 

表示スタイルの変更

 

 

 

こんな風に表をアレンジすること。

 

 

 

 

表のスタイルを変更するには、表内にマウスカーソルを移動して、

 

 

 

「表示形式」→「表」→「表のプロパティー」をクリックしていきます。

 

 

 

 

 

「表のプロパティー」の画面が表示されるので、枠線の太さや色、セルの背景色、セル内の余白(パディング)を指定して「OK」をクリックすると変更されます。

 

 

 

 

やってみた。

 

 

 

元に戻したいときには、画面左上に表示されている「もとに戻すアイコン」で戻せます。

 

 

 

 

セルの結合

 

 

セルを繋げて境界線をなくすこと。

 

 

 

 

結合させたい複数のセルをドラッグで指定

 

 

 

 

「表示形式」 → 「表 」→ 「セルを結合」をクリックしていきます。

 

 

 

 

セルが結合されました。

 

 

 

最初に行・列の数を計算しておくことで複雑な表作りも簡単に出来ました。「セルの結合」をさせていくだけの簡単作業。

 

 

 

 

見本を見ながらレッスンするのが

速く上達するコツだめん 

 

こうして作成した「 ファイル 」は「ドライブ」に保存できます。

 

 

 

 

 

 

参考資料

 

 

Googleサービスプロ技セレクション 決定版 (今すぐ使えるかんたんEx) [ リンクアップ ]

初心者のためのDreamweaver講座 *marginとpaddingの違いって?

weblio 辞書 プロパティー

IT用語辞典 e-Words パディング 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.