Googleドキュメントで表を挿入・表の削除・行列の追加/削除/セルの結合 ・行/列の高さや幅を揃えるのキャプチャを撮ってみました!

スポンサードリンク

Googleドキュメントで作る表について勉強して実践してみました。

Googleドキュメントで表を作る

表の挿入

  1. 表を挿入する位置にマウスカーソルを合わせる。
  2. ツールバーの「挿入」→「表」と進むと「グリッド」が表示される。
  3. 右下隅を押下して行/列の数を決めます。

表が挿入できました。

最大20行×20列のセルの表を挿入できます。

行/列は更に追加もできる。

表の削除

  1. 表を右クリックして出てきたメニューの中から「表の削除」を選択すると表が消えます。

行,列の挿入・削除・セルの結合

増やしたい行/列の数を選択して右クリックメニューを出します。

  • 行だけの場合
  • 列だけの場合
  • 行/列とも選択した場合

↑パターンがいろいろありました。

4行×3列の表をいじってみました。

2行選択

範囲を選択

上図の一番下のメニュー「セルを結合」をやってみました。

3行を削除してみました。

行の高さ/列の幅を揃える

表をドラッグで全選択して「行の高さを均等にする」と「列の幅を均等にする」を順番に両方やってみました。

ドラッグした範囲の幅/高さを均等に出来るので、表全部をやってみました。

[su_boxtitle = “参照” style = “bubbles” box_color = “#f97fd2” radius = “1”]

タイトルとURLをコピーしました