GoogleChromeで外国語のWebページを自動的に日本語に翻訳">

勉強したことをアウトプット

GoogleChromeで外国語のWebページを自動的に日本語に翻訳

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか(@menkakaka  )です。

 

「 GoogleChrome 」には、外国語のWebページを自動翻訳してくれる機能があります。

 

初期設定では英語とアメリカ英語のみが対応している状態だが、任意で他の言語も追加できる。

 

 

 

 

外国語のサイトを日本語に翻訳 こんなふうに使う

 

 

 

日本語以外のサイトを読み込むと、画面右上に「翻訳」のポプアップが出現する。

 

 

 

 

 

↑の拡大図・・・「翻訳」をクリックすると、

 

 

 

 

 

なるべくページのレイアウトを変更せずに翻訳される。

 

 

 

 

この時「翻訳」のポップアップは「原文のページを表示」となっている。

 

 

 

 

 

この機能には「オプション」も付いている。

例:

 

 

 

 

翻訳のポップアップが表示されないページ・・・右クリックすると出てくる

 

 

 

日本語以外のサイトを読み込むと、画面右上に「翻訳」のポプアップが出現・・・・・しないことがある。

 

そんなときは、

 

画面の何も無いところで右クリックすると「日本語に翻訳」という選択肢があるのでそれを選んでみると、

 

 

 

 

 

拡大図 ↓

 

 

 

 

 

「翻訳」のポップアップ表示がされるようになります。

 

 

 

 

 

外国語のページに直したいときには「原文のページを表示」をクリックする他、

 

右クリック後「 再読み込み 」でもOK 。

 

 

 

 

自動的に翻訳する設定

 

 

 

この、外国語のWebページを自動翻訳してくれる機能は初期設定では英語とアメリカ英語のみが対応している状態。

 

なので設定で他の言語も追加します。

 

 

 

設定画面への入り方は一つではない?!

 

 

 

 

画面右上の「」➞ 「設定 」をクリック。

 

 

 

 

一番下までスクロールして「 詳細設定 」をクリック。画面左上のからでも「設定画面」に入れます。

 

 

 

 

こんなところからも入れる。

 

 

 

自動的に翻訳する設定

 

 

 

「 言語を追加 」をクリック。

 

 

 

 

 

「Googleサービスがぜんぶわかる本」によりますと、この機能は有効にしておいて損はないのでできれば全言語対応しておこう!とのことなので全言語対応にしてみました。

 

 

 

「翻訳ツール」を表示する設定

 

 

 

翻訳ツール

 

 

 

 

母国語以外のページで翻訳ツールを表示させるには「設定」が必要とのこと。

 

「言語設定」から設定します。

 

「v」をクリックすると、追加で画面がポップアップ表示されます。下までスクロール!

 

 

 

 

 

「 母国語以外のページで翻訳ツールを表示する 」をON にします。

 

 

 

この設定をしておくと、対応したサイトに入るたびに言語の翻訳ツールが表示されるようになる・・・・わけ。

 

 

 

 

あえ?!言語の追加がこんなところからもできる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2019 All Rights Reserved.