英語や他の外国語で受信したメールを自動翻訳する">

勉強したことをアウトプット

英語や他の外国語で受信したメールを自動翻訳する

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

「Google サービスプロ技セレクション 技術評論社」 の中の「英語や他の外国語で受信したメールを自動翻訳する」を実際にやってみました。

 

色んな国の言語にパッと切り替わってすごいですね。

 

 

 

 

しかし、調子に乗って言語をコロコロ替えていたら、設定していないにも関わらず「韓国語」「アラビア語」になるというようなことも起こりました。

 

「Google 翻訳」は、1+1=2ではないところがあるなあという感じです。

 

 

 

英語や他の外国語で受信したメールを自動翻訳する

 

 

 

英語で届いたメール。

 

 

 

 

 

→メッセージを翻訳

 

 

 

 

 

日本語に翻訳されました。

 

 

 

 

 

「常に翻訳」をクリックすると、

 

 

 

 

他の言語で届いたメールも「メッセージを翻訳」で、

 

 

 

 

 

日本語に翻訳されるようになります。

 

 

 

 

 

 

翻訳機能はさまざまな言語に対応しています。

 

 

 

翻訳したあとの受信メールは他の言語に変換することも出来る。

 

赤枠の表示がされるようになるので、

 

 

 

 

プルダウンメニューから、

 

 

 

 

 

韓国語を選択してみます。

 

 

 

 

韓国語に翻訳されました。

 

 

 

 

日本語のメールが韓国語で受信される。

 

 

 

 

 

英語で受信したメールを翻訳すると、

 

 

 

 

 

韓国語になってしまった。

 

 

 

 

 

翻訳ツール?部分はこうなっています。

 

 

 

受信メールが日本語以外になって困った!

 

 

 

「受信メールが日本語以外になって困った!」のときは、

 

ここでは「韓国語」となっているところを「日本語」に直します。

 

 

 

 

設定していないにも関わらず他の言語になる

 

 

母国語で受信して「設定してないのに他の言語になる」というときは「元のメッセージを見る」をクリックしたらOK でした。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.