「コーネルメソッドノート」を子供のおみやげに買ってきました!~究極の情報整理~

情報整理

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

「コーネルメソッドノート」というノートを買ってきました。

 

ページが方眼になっているノートは知っていましたが、こういう風に区切られているノートは初めてみました。

 

使い方の説明も丁寧に書かれていて、なんだか良さそうだったので子どもたちにおみやげに買って帰りました。

 

帰宅後ネットで調べてみると、かなり有名なノートらしい。全然知らなかったです。

 

 

実は子どもたちは、このノートをもらってくれませんでした。もうなにかお気に入りがあってソレで定着してるみたいです。

 

でも、せっかくなので「コーネル メソッド ノート」の中身がどうなっているのかをレビューしてみます。

 

外観

 

これが買ってきた「 Cornell Method Note 」(=コーネル メソッド ノート )× 2

 

 

この表紙のように紙面が区切られていて、方眼部分も同じようになっています。

 

全部が方眼になっているのではなくて「ノートエリア」以外の「タイトル」「要約」部分は罫線なしです。

 

 

5mmと50mmごとにメモリが入っています。

 

 

 

 

表紙の裏に使い方説明がしてあります。

 

 

 

「アメリカの女夫門コーネル大学で開発されたノートシステムを採用」とのこと。

 

ノートを、用途によって縦・横・逆さま 自由自在にひっくり返して使えるそう。

 

見やすく図解してみました。

 

 

「理解と分析を促し、その後の行動力に繋がります」とのこと。

 

使い方

 

使い方例 その1

 

左にテーマ、右に詳細( メモを取るところですね )、最下部にまとめなどを書いて使う。

 

「 授業や会議中にトピックスが飛び回ってしまう場合は、次のような使い方があります。」とのこと。

 

 

使い方例 その2

 

ノートを横向きに使う。メモをとるところが横長の長方形になるので、絵を描くのに良さそうな向きですね。

 

 

使い方例 その3

 

ノートを逆さまに使う。良くこんなこと思いつきましたね。

 

 

 

中3の子供の方は受験勉強真っ只中で、ノートを取りながらの学習の時期ではないようです。

 

ルーズリーフに片っ端から書いて捨てる、そんな感じなので今はこのノート不要のよう。

 

このノートは、表紙の裏に書いてある「 使い方例」を覚えるだけでもかなり有益だと思います。

 

普通のノートもこうやって活用すれば良いんですものね。

 

これ、私が使う(笑)

 

 

Gakken Sta Ful コーネルメソッドノート 仕様実例大公開

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました