Googleドキュメント内の文字数をカウント! 文書の編集・保存まで ~読書感想文に ~">

勉強したことをアウトプット

Googleドキュメント内の文字数をカウント! 文書の編集・保存まで ~読書感想文に ~

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

夏休みの宿題の一つ「読書感想文」早く終わらせたいですね。「Googleドキュメント」で書いた文章をカウントする方法について書いてみました。

 

全文をカウントする他、一部分だけのカウントも出来ます。

 

こうして作成た文章を「ドキュメントファイル」として「ドライブに保存」することも出来ます。

 

 

「紙に下書き」「消しゴムで消す」を繰り返して、やっと清書の段階になる頃には疲れ果てしまう、というようなことはありませんか?

 

「 文字を入力するとリアルタイムでカウントしてくれるアプリ」なども簡単に使えて便利ですが「 Google ドキュメント 」は更に「保存」「編集」が出来て便利です。

 

 

ドキュメント内の文字数をカウントする

 

 

ドキュメントで文章を書いたら「ツール」➞「文字カウント」とクリックしていくだけです。

 

「全文」「一部のみ」を選択して文字数をカウント出来ます。

 

 

全文の文字数をカウントする

 

 

「ツール」→「文字カウント」をクリック

 

 

 

 

文字を数えることが一瞬でできます。

 

 

 

カウントするもの

 

  • ページ数
  • ワード数(行数)
  • 文字数
  • 文字数(スペースを除く)

 

ヘッダー・フッター・脚注の文字数はカウントされません。

 

 

テキストを選択して 一部の文字数をカウントする

 

 

 

文章全体ではなく、テキストを選択して一部のみカウントすることも出来ます。

 

テキストをドラッグして 範囲を選択した後、

 

「ツール」➞「文字カウント」と、先程のようにクリックしていきます。

 

ドラッグ・・・始点にマウスカーソルを持っていき、左クリックしながら終点まで持っていくこと。

 

 

文章を一部だけドラッグして選択

 

 

 

 

全文カウントのときと同じように「ツール」➞「文字カウント」をクリック。

 

 

 

 

  301 / 683  という分数の表示がわかりやすい。

 

 

 

 

文字列の移動  で前後を入れ替える ~カット&ペースト で効率的に~

 

 

文字をカウントすることに加え、文字列を移動して前後を入れ替えることも出来たら楽かな?

 

と、こう思ったのでカット&ペーストについても書いてみます。

 

「コピー&ペースト」と違い、元の文字列をその場に残さないで移動したい箇所に貼り付けする方法です。

 

 

 

 

 

「文字列をドラッグで選択」 → 「右クリック」 →「カット」をクリックします。

 

 

移動先にカーソルをあわせて 右クリック → 「 貼り付け 」を選択。

 

 

 

 

 

             イメージ図

 

 

 

 

作った感想文はドライブに自動保存される

 

 

作った感想文はドライブに自動保存されています。

 

「更新」「保存」ボタン、ありません。

 

保存したファイルは「 Google ドライブ 」に入っています。

 

ドライブからファイルを探して閲覧・編集します。

 

 

 

 

Googleドキュメントにアクセスする方法

 

 

 

肝心の「 Googleドキュメント 」の使い方!

 

「 Google アカウント 」があれば使えます。

 

何かしらの「 Googleサービス 」を利用するときのページ右上に必ず出てくるアプリランチャーからもアクセスできます。

 

「Google ドキュメント」を選択。

 

 

 

読書感想文などのレポートは、1日で完成ということはまず無いと思いますので「ドキュメント」のショートカットをデスクトップに置いておくと、作業にすぐに戻れて便利です。

 

 

 

 

 

 

 

「Google Keep からGoogleドキュメントに移動」で素速く文字をカウント

 

 

もう一つ Google Keepというのもあって気になりますね。

 

「 開くとすぐメモのページ 」というものなのですが、実は「ドキュメントに移動」のクリックで 簡単に「 文字のカウント 」に持っていけます。

 

 

 

 

「Google ドキュメントにコピー」でドキュメントにワープしますので文字カウントも速いです。

 

Google Keepの画面 ⬇

 

 

 

「 開いてすぐメモ帳 」の「 Google Keep 」の方が画面の立ち上がりが速くストレスが無いかもしれません。

 

 

ワンクリックで、自動で「 ドキュメントにコピー」してくれます。

 

 

 

 

あとは「ドキュメント」を開くをクリックするだけです。

 

 

 

ドキュメント画面で、文字カウントします。

 

 

先程も触れましたが、ドキュメントで作成したファイルは自動保存されるのでしたよね?

 

こうして「Google Keep」から「 Google ドキュメント 」に移動したファイルは「 ドライブへの保存 」もされています、実は。

 

 

スマホで ~Keepにメモ ➞ ドキュメントで文字カウント~

 

 

スマホを使う場合についても追記してみました。

 

文字カウントをするためには、ドキュメントの「アプリ版 」のほうでドキュメントを開く必要があります。

 

 

Keep の画面➞

 

 

 

 

Keepの画面です。 右下のをクリック。

 

 

 

 

 

 

 

「送信」をタップ。

 

 

 

 

 

 

 

「Google ドキュメントにコピー」をタップ。

 

 

 

 

 

 

 

「コピーしています」と表示される。

 

 

 

 

 

 

 

「開く」をタップ。

 

 

 

 

 

 

 

 この時「ドキュメント」アプリで開きます。

 

 

 

 

 

➞ドキュメントの画面

 

 

 

 

Keepからドキュメントの方にコピーされてきた画面

 

 

 

 

 

 

をクリック。

 

 

 

 

真ん中あたりに「文字カウント」の項目が表示された画面が出てくるようになります。クリックします。

 

 

 

 

文字がカウントされました。

 

 

 

 

おまけ。。。。漢字や言葉の使い方に誤りがないかを調べるのに便利な検索方法 他

 

 

漢字の使い方に誤りがないかを調べるのに便利な検索方法についても書いてみました。

 

文章を書く時に「ふりがなの振り方 」「 言葉の意味 」も曖昧だったりしませんか?

 

これは減点対象で 書かないほうがマシだったりします笑。

 

 

調べたいところをドラッグで選択して右クリックメニューを出す。

Google で「 曖昧 」を検索  をクリック。

 

 

 

 

 

 

書くより音声入力のが更にスピーディーかも。

 

子供がわりと素直だった小学生の中学年までに一回試しにやらせてみたかったです。今では、もう絶対にノッてこないと思います。

 

 

 

 

今すぐ使えるかんたんEx Googleサービス [決定版] プロ技セレクション 参照

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.