Googleドキュメント内の文字数をカウントする  読書感想文">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

Googleドキュメント内の文字数をカウントする  読書感想文

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

夏休みの宿題の一つ「読書感想文」憂鬱ですね。

 

紙に下書きして、消しゴムで消して、順番を入れ替えて・・・とやっているうちにだんだん収拾がつかなくなって来ませんか。

 

やっと清書の段階になる頃には疲れ果てている。。。。

 

「Googleサービス」のひとつである「Googleドキュメント」を使うと効率的に作業が進むような気がするのでブログに書いてみました。

 

 

2年くらい前に「テキストドキュメント」を娘に使わせて、後から文字数を私が数えてやる、なんていうことをやったことがありました。

 

その時はその時で「なんていいアイデア💡 」と思ったものでしたが「Googleドキュメント」を使えば更に便利かもしれない!と思いました。

 

読書感想文の宿題のときに活用できたら楽そうですね。

 

ドキュメント内の文字数をカウントする

 

「Googleサービス」って、一体いくつあるんでしょうね。

 

Googleのトップページを開くとアイコンがずらりと並んでいます。「Google Document」もその中の一つです。

 

 

「Google ドキュメント 」で文書を作成したら「ツール」をクリックし「文字カウント」をクリック。

 

ドキュメト内のページ数、ワード数(行数)、文字数、文字数(スペースを除く)がカウントされます。ヘッダー・フッター・脚注の文字数はカウントされません。

 

え?!たったこれだけ。。。。

 

テキストを選択してカウント

 

今度は、書いたものの一部の文字数を数える方法。

 

ドキュメント内の一部のテキストをドラッグして選択し、「ツール」「文字カウント」と、先程のようにクリックしていくと、選択したテキストの文字数だけをカウントすることが出来ます。

 

301/683 などという表示になっています。「全体分のこれだけ」てなってますね。

 

全体のときと比較 たしかに。。。。

まとめ

 

確かに、紙と鉛筆は何時でも手に取れて世話無くて、一番手っ取り早いツールのような気がします。

 

でも、騙されたと思って一回試してみるのがオススメ。

 

 

 

関連記事・サイト・書籍

 

合わせて読みたい ~音声入力について~

 

「Googleドキュメント」の音声入力を使ったら結構よくこっちの喋る声を拾ってくれるのでビックリでした。

 

「音声入力」で英語の発音練習が出来たりなんかしちゃったりして?w と閃いたのでパソコンに向かって英語を喋って見たときの記事。

 

今すぐ使えるかんたんEx Googleサービス [決定版] プロ技セレクション

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.