Googleドキュメント内の文字数をカウントする  読書感想文に ❣">

勉強したことをアウトプット

Googleドキュメント内の文字数をカウントする  読書感想文に ❣

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

夏休みの宿題の一つ「読書感想文」早く終わらせたいですね。

 

「紙に下書き」「消しゴムで消す」を繰り返して、やっと清書の段階になる頃には疲れ果てていませんか?

 

「Googleドキュメント」を使うと、連々と書いた文章をバッ!とカウントしてくれます。

 

コピペ・カット&ペースト も利用しながら効率的に進められそうだなあ、と思ったので記事を書いてみました。

 

 

 

 

自分も読書感想文には泣かされたので、子供が大変そうなのが見ていて分かります。

 

自分が普段ブログを書いているから思いついたことがあります。

 

子供に4年前の夏休みに、試しにパソコンでメモ機能を使って書かせてみました。

 

子供は飲み込みが早いですね。。。。書いてました。

 

当時、文字のカウントは私が指で確認しながら数えてやりました。子供がお風呂に入っている空きに。。。。

 

これだけでも「なんて効率的!」って思ってました。

 

そんなことしなくも「Googleドキュメント」を使えば簡単に文字を簡単にカウントすることが出来たんですね。。。。。

 

 

ドキュメント内の文字数をカウントする

 

 

ドキュメントで文章を書いたら「ツール」➞「文字カウント」とクリックしていくだけです。

 

 

 

Googleドキュメントにアクセス。

 

 

 

Googleサービスのアイコンがずらりと出てくる、ココからでもアクセスできます。

 

「Google ドキュメント」を選択。

 

 

「Google ドキュメント 」で文書を作成します。文章を書き終わったら「ツール」をクリックし「文字カウント」を選択。

 

 

拡大図 ⬇

 

 

え?!たったこれだけ。。。。

 

そうです、これだけです。

 

ドキュメト内のページ数、ワード数(行数)、文字数、文字数(スペースを除く)がカウントされます。ヘッダー・フッター・脚注の文字数はカウントされません。

 

 

テキストを選択して一部のみカウント

 

 

文章全体ではなく、テキストを選択して一部のみカウントすることも出来ます。

 

「一部のテキストをドラッグ」➞「ツール」➞「文字カウント」と、先程のようにクリックしていきます。

 

書いた文章の一部の文字数を数えることが出来ます。

 

ドラッグ・・・始点にマウスカーソルを持っていき、左クリックしながら終点まで持っていくこと。

 

 

一部だけドラッグして選択した文章を、同じように 文字カウントできます。

 

 

 

 

 

  301 / 683  という分数の表示がわかりやすい。

 

 

 

文字列の移動 ~カット&ペースト で効率的に~

 

 

文字をカウントすることに加え、文字列の移動も簡単に出来たら楽かな?と思ったのでカット&ペーストについても書いてみます。

 

おなじみ「コピペ」の他に、元の文字列を残さないで移動ができます。

 

( 自分の中でだけかもしれない。。。。)

 

「コピー」の代わりに「カット」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

「Google Keep からGoogleドキュメントに移動」で素速く文字をカウント

 

 

Google Keepは開くとすぐメモのページですが「ドキュメントに移動」で簡単に文字のカウントが出来ます。

 

 

 

Google Keepの画面 ⬇

 

しかも「Google ドキュメントにコピー」でドキュメントにワープしますので文字カウントも速いです。

 

「Google Keep 」の方が画面の立ち上がりが速く、ストレスが無いかもしれません。

 

 

 

自動でやってくれます。

 

 

あとは「ドキュメント」を開くをクリックするだけです。

 

 

ドキュメント画面で、文字カウントします。

 

 

スマホで ~Keepにメモ ➞ ドキュメントで文字カウント~

 

 

スマホを使う場合についても追記してみました。

 

文字カウントをするためには、ドキュメントの「アプリ」のほうでドキュメントを開く必要があります。

 

Keep の画面➞

 

Keepの画面です。 右下のをクリック。

 

 

「送信」をタップ。

 

「Google ドキュメントにコピー」をタップ。

 

 

「コピーしています」と表示される。

 

 

「開く」をタップ。

 

 

 この時「ドキュメント」アプリで開きます。

 

➞ドキュメントの画面

 

 

Keepからドキュメントの方にコピーされてきた画面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をクリック。

 

 

真ん中あたりに「文字カウント」の項目が表示された画面が出てくるようになります。クリックします。

 

文字がカウントされました。

 

 

 

まとめ

 

 

文字の入力・カウントに関しては

 

「ドライブにアクセス➞ドキュメントを開く➞新規のページでメモをする➞  文字をカウントをする」

 

という工程よりも、

 

「 Keep でメモる➞Googleドキュメントにコピー ➞ 文字カウント」

 

と「 Keep 経由 ドキュメント」 のほうが速かったりします。

 

Googleドキュメントの文字のカウント機能は、Twitter投稿を140字以内に収めるのにも便利に使っています。。

 

ちなみにTwitterは、文字数に制限があるので文章を書く練習になるんだそうです。被る内容を書いてたらあっという間に140字超えますからね。

 

どんどん横道にソレてる気がするのですが、図書館でこんな本見つけました。

「文字数カウント」で連想してしまいました。なんか楽しそうですよね。

 

Googleドキュメント は後々使うことになると思うので、読書感想文作成で一回触っておくと良いかもしれません。

 

 

関連記事・サイト・書籍

 

 

「Googleドキュメント」の音声入力を使ったら結構よくこっちの喋る声を拾ってくれるのでビックリでした。音声で入力するとキーボードを打つより早そう。

 

今すぐ使えるかんたんEx Googleサービス [決定版] プロ技セレクション

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.