画像加工サイト「バナー工房」の「文字入れ」ツールの使い方

画像加工

画像加工編集サイトバナー工房」の「文字入れ」というツールを使って画像におしゃれな文字を乗せてみました。

サイトなのでアプリのインストールなしでどの端末からも使えます。

バナーを作るサイトだけあってフォントの種類が豊富で、背景を付けたり背景や文字を透過させたり、傾けてみたりといろんなことができます。

「文字入れ」は第一番目にあります。

「IPAPゴシック」といわれてもよくわかりませんが「サンプル」から実際のフォントを見ることが出来ます。

バナー工房で文字のせ

スポンサーリンク
スポンサードリンク

作品集?!

メニューを組み合わせて実際に文字を装飾してみました。

 「背景付き」「背景を透過」「傾き」「色」「太さ」など

バナー工房透明度

「ふぉんとうは怖い明朝体」なんていうフォントもあります。

バナー工房透明度

皆さんInstagramでいろいろやってるので私も画像を作ってみました。

バナー工房で文字入れ

投稿を眺めてみると、いろいろありますね。このぐらいのとか。

「文字入れ」の使い方

「画像」を「パソコン」などから選択したら「横幅」を調節し「画像を加工する」を押下。

バナー工房使い方

「文字入れ」のツールを選びます。

「画像」をアップロードした後でページ全体を見渡すと、真ん中あたりに「文字の装飾」をする「ツール」があります。

↓大きくした「文字の装飾のツール部分」。

フォントの大きさ・書体・文字色・傾き・文字に背景や影を付ける・透過させる・文字と文字の間や、文字間・行間を調節する…..いろんなことができます。

上図「ピッカー」部分からは色んな色が出てきます。

ポイント?やバー?を移動させると「色」が微妙に変化するので好きな色をつくることが出来ます。

カラーピッカー

バナー工房カラーピッカー 

「傾き」で「文字」を傾斜も出来る。             ↓

バナー工房文字傾斜度

文字を乗せしたものは「確定」する前ならばドラッグで移動出来る。

バナー工房で文字入れ

「反映・変更させる(水色のボタン)」でプレビューを確認してから「確定(オレンジ色のボタン)」する。

気に入ったら「保存(画面右上隅の保存アイコン)」します。

気に入らなかったらそのまま「変更」したり、「履歴」を遡ったりすることが出来ます。

「履歴一覧」

戻りたい画像を選んだら「確定」します。

まとめ

フォントは何十種類も揃っていて装飾する操作も簡単で面白いのですぐに使えるようにバナー工房のアイコンを見えるところに置いておくのも良いですね。

達筆な方は「お絵かき」で手描きするのもおすすめ笑。

関連

タイトルとURLをコピーしました