バナー工房でバナーなどの画像に枠線を付ける

画像加工
  • 写真と背景の色が同じようで境界線を付けたい。
  • 写真におしゃれな枠線・フレーム・縁取りを付けたい。

こんなときにBANNERKOUBOUというサイトを使うとそれらが全部叶います。

  • 「画像作成ジェネレーター」で背景だけ先に作って画像を合成させる。
  • 「フレーム」「縁取り」のツールを使う。
  • 「合成」「拡大縮小」などを駆使して「枠」を自作する。

その名の通りバナーを作るサイトで、難しいHTMLやCSSの使用・アプリのインストールもしないで使えます。

バナーでなくてもブログに使う画像でもなんでもOK。

BANNER工房 はじめてのかたへ! 参照

スポンサーリンク
スポンサードリンク

枠線/フレーム/縁取りに使うツール

「バナー工房」で実際に画像に枠線付けしてみました。

「枠線」

「画像」の回りに「細い枠線」を付けることが出来ます。

太さを1pxにしてみました。

「透明度」を変えることも出来ます。

どっちも同じ色ですが透明度を変えてあります。

外側・内側に枠線を付ける設定もあります。

画像の外側に枠線を入れてみました。

上の白い画像と同じですが、こっちは内側に枠線が付いています。

細い枠線を付ける工程をやってみた

「画像」を「パソコン」などから選択したら「横幅」を調節し「画像を加工する」を押下。

バナー工房使い方

ツール「枠線」を選びます。

ツールを選択バナー工房

「色や太さ」などを決め「枠線を作成する」で「画像」に「枠線」が付きます。

「出来上がった画像」を保存します。「保存」で「ダウンロード」に、

「名前を付けて画像を保存」で「好きなフォルダー」を選べます。

名前を変えて「デスクトップ」に保存してみました。

「背景の色」が同じような「写真」に「枠線」を付けることが出来ました。

「枠・フレーム加工」

サイドバーから「枠・フレーム加工」→「柄」→「範囲を指定」していきます。

フレームが付いたら保存します。

いろんなフレームが他にもたくさんあります。

「かすれた縁」とか。

「写真風」

「額縁」

合成

初めに「写真」をアップロードしたら「ツール」を選んで「2枚めの画像」を合成させます。

「上に乗せる画像」はサイズをドラッグで変えたり移動もできます。

↑「Photo AC 写真のフリー素材サイトからダウンロードさせていただいた画像」✖「手持ち画像」のコラボ。

「バナー工房」では用意されていない「絵柄」を持ってきて「フレーム」を作ることも出来る。

画像作成ジェネレーター✖合成

「画像作成ジェネレーター」は、はじめに「画像作成ジェネレーター」ツールで画像を作ってから「合成」を使うやりかた。

実はバナー工房の画面はずっと下まで続いていて「画像作成ジェネレーター」は下の方から出てきます。

その後で「合成」を使います。

画像をアップロードする画面に戻れないとき

「画像をアップロードする画面」に戻りたいけどどこをクリックすれば良いのか?というときは、

「BANNERKOUBOUのロゴ」をクリックします。

どの画面に移動しても出てくるコレです。

まとめ

「バナー工房」では「細い枠線」以外にもいろんな方法で画像を囲むことが出来ますね。

無料で使えるのでオススメ。

ちなみにバナー工房以外でも無料で簡単に画像に枠線は付けられます。

画像に枠線をつける アプリ・サイト
画像に枠線を入れられるサイトやアプリ(自分が使ったことのあるもの).....バナー工房・Ralpha・Snipingtool・切り取り&スケッチ・ペイント・ペイント3D・バッチリサイズ。枠線の付き方もさまざま。画像に沿って枠線が付くもの・画像に沿って枠線が付き、その回りに縁取りが付くもの・画像に沿って縁取が付き、その回りに枠線が付くもの、があります。

目次のキャプチャ

ラインナプ画像に枠線記事 (1)

参考

BANNERKOUBOU

関連記事 

画像に枠線をつける アプリ・サイト

タイトルとURLをコピーしました