「もしかして」で間違った言葉を修正する Google検索">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

「もしかして」で間違った言葉を修正する Google検索

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!めんか(@menkakaka​)です。

 

今回は「もしかして検索」についてです。

 

間違ったキーワードで検索しても、Googleにはそれを自動で補正してくれる機能がある。検索結果に表示される「もしかして」がそれに当たる。

ここには検索ボックスで入力されたキーワードから推測される正しいキーワードが表示される。入力したキーワードが間違っていた場合は、ココに表示される正しいキーワードをクリックして検索し直そう。

Gooogleサービスがぜんぶわかる本 参照

 

 

「小浜大統領」と間違って入力すると「もしかして:オバマ大統領」と表示されました。

「オバマ大統領」をクリック。

 

正しい検索結果が出てきました。

 

 

参考サイト・文献

 

Googleサービスがぜんぶわかる本 完全版 (洋泉社MOOK)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.