「Google Map」で、自宅や職場の住所を登録しておくと「ルート検索」が早く出来る。">

勉強したことをアウトプット

「Google Map」で、自宅や職場の住所を登録しておくと「ルート検索」が早く出来る。

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

「Google Map」では「自宅や職場の住所」を登録しておく機能があります。

自宅や職場の住所を設定しておくと、経路検索のたびに住所を入力する手間が省けます。早く家に帰って休みたいときなど、一番早い帰り方を手軽に検索できます。

マップヘルプ Google マップの使い方 自宅や職場を設定する 参照  2018.11.24 アクセス

 

登録しておく場所は自分で便利なように、独自に決めて良いんですね。

 

「よく行く場所」を設定する 設定方法

 

「Google Map」を開きます。

 

検索ボックスに「自宅」または「職場」と入力します。ここでは「自宅」にしてみました。

 

検索ボックスの下に「自宅」と表示されるので横にある「場所を設定」をクリックします。

 

 

「自宅の住所」を入力

「保存」をクリック

これで自宅に住所が登録されました。

 

「自宅」と入力すると「検索ボックス」の下に「自宅の住所」が表示されるようになります。

 

「検索ボックス」直下の「登録済の住所」をクリックすると、そこの地図が表示されます。

 

自宅や職場をルート検索に利用する

 

自宅や職場の「住所を登録」しておくと、「ルート検索」で、「出発地」や「目的地」を入力する際にも、クリックするだけで入力出来るようになります。

 

Google Mapで「ルート検索」アイコンをクリック。

 

「出発地」や「目的地」に、クリックするだけで「自宅」が入力出来るようになります。

 

 

 

書籍「 Googleサービス プロ技セレクション 」「Googleサービスが全部わかる本」よりも更に詳しく。

 

「Googleサービス プロ技セレクション」という本を昨日買ってきたのですが、今手元にある「Googleサービスが全部わかる本」よりも更に詳しく書かれています。

 

便利な点

 

「書籍」は「目次」に体系的に「タイトル」や「章」がまとめられているので、調べたいページがすぐに分かります。

 

「こんなこと知りたい!」は自分の頭からでは自然に湧くものではないので、こういう本が1冊手元にあると良いですね。

 

不便な点

 

いつもこの本を携帯していないと調べられないのは不便。( ここまでの利用者ではありませんが。)

 

老眼があるので字が小さくて読みづらい。

 

つくづく思うのですが、実際にやってみないと、読んだだけではわからないことが多いです。

 

関連記事

 

ストリートビュー(=パノラマ写真のよう)で実際の町並みを眺める 黄色い人形アイコン(=ペグマン)の動画も撮ってみました

 

「Google Map」では、こんな事もできる。

Google Map で地点間の距離を測定する

指定したエリアの総面積を調べる Google検索

 

参考サイト・文献

 

今すぐ使えるかんたんEx Googleサービス [決定版] プロ技セレクション 

Googleサービスがぜんぶわかる本 完全版 (洋泉社MOOK)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.