おでんの 餅巾着の作り方

料理

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

おでんの具の中でも子供が大好きな餅巾着の作り方を書いてみました。

 

「おでん」は大鍋で水から弱火で煮るだけという、べに火をかけっ放しの放置COOKING。

 

その場は離れないものの、傍らで他の作業ができる♬

 

餅巾着は煮すぎると溶ける?ので、鍋に火をかけながら最後にゆっくり作るのでも

 

 

 

 

お正月に買ったお餅がずっと残っていますが、おでんのときは片付けるチャンスです。(今、何月?)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日はおでんを作りました。当たり前過ぎて笑ってしまうのですが「餅巾着の作り方」を、わざわざブログに書いてみました。#放置料理 #おでん #餅巾着

めんかさん(@menkicyan)がシェアした投稿 –

餅巾着の作り方

 

楽天レシピID 1980026099 餅巾着の作り方

 

切り餅は、半分にカットしておきます。

 

油揚げは、半分にカットし口を開きます。熱湯を通します。

お餅を中に入れます。

 

楊枝で口を閉じますが、ざっくりとした並縫いをする感じです。

 

「餅巾着」と言う名前の通り、口をすぼめます。

かんぴょうを使って口を縛ったりする本格的な物ではありませんが、これで十分かと思います(笑)

 

餅巾着とはんぺんは、はじめから煮ないで食べるちょっと前に投入します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました