「SnippingTool」には、切り取ってすぐ注釈を追加出来る機能も付いていた。切り抜きも四角だけじゃなかった。">

勉強したことをアウトプット

「SnippingTool」には、切り取ってすぐ注釈を追加出来る機能も付いていた。切り抜きも四角だけじゃなかった。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です!

 

「WindowsアクセサリのSnippingTool」についてです。

 

パソコン画面に表示される画像を切り抜くぐらいの機能しかないと思っていましたが、切り抜きは四角だけじゃないし、画像に文字を挿入する機能もあって面白かったのでブログに書いてみました。

 

 

 

 

 

こういう機能には「取扱説明書」のようなものは必ずと言っていいほど存在するということを、私は最近になってようやくわかり始めました。

 

 



F1をクリックするとMicrosoftサポート が開きます。

 

検索ボックスに「SnippingTool」と入れてみました。

 

 

 

SnippingToolのヘルプなんかももちろんありました。

 

ちょっと読解力が必要なところがありますが、実際にツールを手当たり次第にクリックしながらだったら理解出来るかもしれない。

 

 

画像を切り取った後 注釈をつける

 

 

四角く切り抜くだけでなく、こんな事できたんですね。

切り抜いた画像に注釈を付けるのみならず、白い画像をわざと持ってきて落書きも出来る。

 

 

最近進化したSnippingToolでは手書きペンが充実していて、マウスで書いても線がヨレヨレにならないので、そんな使い方も結構便利。

 

注釈機能の応用編ですね。

 

蛍光ペン

 

 

「蛍光ペン」は意外とまっすぐ線が引けるので、コレを知ってからはよく使っています。

ペン先の形(丸型・角型 )

しかし「完全にどんな長さでも真っ直ぐに引ける」は諦めています。方法が見つかりません。

 

 

新しくなったSnippingToolでは、蛍光色の色・太さに幅が出てきました。

 

 

 

 

ピンク色で太い線にしてみました。

 

 

誇張し過ぎか。

 

 

 

フリーハンドで書く「ペン」

 

 

フリーハンドで書く「ペン」のほうは全16色。カスタマイズ のところで設定できます。

 

 

 

しっかし、この機能なんのために付いてるんだ?! というぐらい、いくら頑張ってもヨレヨレになってしまいます。

 

 

もしかして、◯で囲んだり矢印を書き入れる程度が出来れば良いということ?

 

 

・・・・・・と思っていたらSnippingToolは最近進化。

 

 

 

蛍光ペンとカスタムペンぐらいしか無かったのに4種類になっています。

 

 

「 塗りつぶし」機能がアレばもっと良かったね。

💥 ペイントにアップロードしたら、簡単に塗りつぶしが出来てしまったので衝撃的です。

 

 

 

 

画像に文字を乗せることができた

 

 

SnippingToolでもキーボードで打った文字が画像に乗せられるのを発見しました。

 

ペイント3Dで編集

 

 

「編集」➞「ペイント3Dで編集」をクリックします。

 

「別のアプリに移動させる」という表現であっているのでしょうか?

 

また別の画面で文字が挿入できます。

 

「テキストの大きさ」「色」「フォント」などを選択して使います。

 

 

ペイント で編集

 

先程の「塗りつぶし」が「ペイント」で出来て喜んでいましたが、この文字乗せも「ペイント」の方でアップロードすることでも可能。

 

同じWindows アプリなので、アイコンが並びにあります。

 

 

切り取りの種類も四角だけじゃない

 

 

 

「全画面領域切り取り」はアイコンをクリックするとスイッチ代わりになっている。

 

 

 

 

タスクバー込みでキャプチャを撮ってくれます。

 

 

 

 

「フリーフォームクリップ」。旧式のSnippingTool で言うところの「 自由形式の領域切り取り 」

 

 

 

 

出来上がりは同じなんだけど、過程がおもしろいん。

 

 

 

 

 

使い慣れないと、どうも違和感がありますが形に沿って切り抜くのは同じでした。

 

 

 

 

「 Snippin Tool 」を「タスクバー」や「スタート画面 」にピン留めしておくと便利

 

 

尚、「 Snippin Tool 」を「タスクバー」や「スタート画面 」にピン留めしておくと、すぐに使えて便利です。

 

「 Snipping Tool 」の所で右クリックすると、「スタートにピン留めしますか」や「タスクバーにピン留めしますか」表示がされるので選択します。

 

 

「スタートにピン留めする 」を選択すると、スタート画面にアイコンが現れます。

 

 

 

「 タスクバーにピン留めする 」を選択すると、タスクバーにアイコンが現れます。

 

 

Snipping Tool 関連記事 

 

 

「 SnippingTool 」➞「ペイント3D で編集 」で画像に文字乗せしてみた

画像を切り取った後「編集」「ペイント3Dで編集」に入るとこの画面になる。

 

 

SnippingToolの切り抜きは、写真の汚れた背景を切り取ってくれるので重宝しています。

 

 

枠線を付けるという使い道「WindowsアクセサリのSnippingTool」~カラーも豊富~

切り抜く前の写真。

 

枠を付けるために切り抜いた写真。

 

 

 

注釈機能 関連記事

 

 

画像に矢印や文字を挿入出来る Evernoteの注釈追加機能

レポートを見やすくする注釈機能 矢印いろいろ

「WindowsアクセサリのSnippingTool」画像切り取り・枠線の色の変更・枠なし設定

「 SnippingTool 」➞「ペイント3D で編集 」で画像に文字乗せしてみた

Microsoft Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.