SnippingToolのトリミングは四角だけじゃない!文字入れの注釈追加機能も付いていた!

使っている画像加工アプリ・サイト

 

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です!

 

パソコン画面を四角く切り抜くぐらいの機能しか無いと思っていた「WindowsアクセサリのSnippingTool」。

 

実は四角だけではなくマウスでドラッグして切り取る「自由形式の領域切り取り」もありました。

 

そしてトリミングした画像に文字を書き込みする注釈機能も‼

 

「蛍光ペン」もありマウスでも意外と真っ直ぐな線が引けます。

 

「3Dペイントで編集」の「気球アイコン」からアプリ間を移動出来ます。

 

 

トリミングの種類は「四角」だけじゃない!「自由形式の領域切り」というものもあった!

 

 

普段何気に「四角形の領域切り取り」しか使っていなかったけど実は「自由形式の領域切り取り」というのもあった。

 

SnippingToool切り抜き

 

 

 

 

 

ハサミアイコンが出て切れマウスなどで切り取りできるようになる。

 

自由切り取りSnippingTool

 

 

こうなりました⬇

SnippingToolできりぬいためんこ

 

 

「ウインドウの領域切り取り」「全画面の領域切り取り」の違い

 

「ウインドウの領域切り取り」「全画面の領域切り取り」の違いは「タスクバー」までキャプチャされるかどうか。

 

ウインドウの領域切り取り 領域切り取り全画面の

 

めんか
めんか

同じ横幅でトリミングしたら「全画面領域の切り取り」をした方の画像の縦の長さが短くなった。。。ね

 

使い方

 

「全画面領域の切り取り」を選択したら、

 

SnippinToolの全画面領域の切り取りの使い方

 

 

SnippingToolのツール外のウインドウをクリックすると、

 

SnippinToolの全画面領域の切り取りの使い方

 

 

保存が出来るメニューが出てくる。

 

SnippinToolの全画面領域の切り取りの使い方

 

文字入れなどの注釈追加機能も付いていた!

 

 

Snipping Tool  で切り取り作業をしたあとツールバーに目をやると「ペンアイコン」があるのを発見!

 

 

赤・青・黒の他、全16色 のカスタムペン

 

赤・青・黒のほかカスタム色が13色あり、ペンの色は 合わせて全16色あります。

 

 

 

切り取りした後保存する前にちょこっと注釈を付けられる。

 

 

 

16色のカスタムペン。

 

 

 

太さを3段階調節可能

 

 

 

2種類のペン先(丸型・角型)が選択できる

 

 

蛍光ペンは手書きでも意外と真っ直ぐな線が引ける

 

蛍光ペン

 

 

切り抜いた画像をWindows アプリの「3Dペイント」で編集が出来る!

 

「画像にテキストを乗せる」「リサイズ」などができました。

 

切り取り語3Dへ

 

塗りつぶしも簡単。

 

 

編集SnippngToolのあと3Dペイントで

 

「 SnippingTool 」➞「ペイント3D で編集 」で画像に文字乗せしてみた
こんにちは!めんか(@menkakaka)です。 「 SnippngTool 」は、パソコン画面の画像や写...

 

白い背景の写真に枠を付ける目的

 

 

白い背景の写真に枠を付けるのにも利用できそうですね💡

 

 

切り抜く前の写真。

 

 

 

枠を付けるために切り抜いた写真。

 

枠線を付けるという使い道「WindowsアクセサリのSnippingTool」~カラーも豊富~
こんにちは!めんか(@menkakaka)です。 「WindowsアクセサリのSnippingTool」は、画...

 

 

カラーも豊富ですし。

 

 

「 Snippin Tool 」を「タスクバー」や「スタート画面 」にピン留めしておくと便利

 

ツールアイコンを「タスクバー」や「スタート画面 」にピン留めしておくと、すぐに使えて便利です。

 

スタート画面にピン留めされたSnippingTool

 

 

 

タスクバーにピン留めされたSnippingTool

 

 

ピン留めタスクパーにWindowsアプリを

 

 

「Windowsアプリのペイント」や「スプレッドシート」「よく見るWebページ」をタスクバーにピン留めしてみた
Windowsアプリのペイント・SnippingTool・切り取り&スケッチ・Googleスプレッドシート・Webページをタスクバーにピン留め。一緒くたに言ってもやり方がそれぞれ違いました。

 

 

F1をクリックするとMicrosoftサポート が開きます。

 

もっと便利な活用術があるかもしれませので是非覗いてみては?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました