SnippingToolで切り取った画像にテキストを入れる/蛍光ペンで真っ直ぐな線を描く

画面SnippingToolの小さい (1)画像加工

「WindowsアクセサリのSnippingTool」では、画像を切り抜きしたあと「手書き文字」も入れられますが「ペイント」や「ペイント3D」に貼り付けすると「テキスト」も入れることができます。

「切り取り&スケッチ」で開くと「蛍光ペン」などで真っ直ぐな線も引けます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

SnippingToolで切り取り後手書きで文字を入れる

「SnippingTool」で切り取りした後の画像には「ペン」や「蛍光ペン」で手書きできます。

  • 赤・黒・青の細字
  • 蛍光ペン(1色)
  • カスタムペン(全16色)

SnippingToolで文字入れをしている所。蛍光ペンも使えました。

「カスタムペン」の色は全部で16色あります。

文字を書くと言っても「印」を付けるぐらいなら、といった感じです(カスタムペン使用)。

太さは3段階調節できます

ペン先の形は「丸型・角型」の2種類が選択できます。

SnippingToolで切り取り後テキストを入れる

「SnippingTool」で画像を切り抜きしたあと「ペイント3D」に貼り付けするとテキストも入れることができる。

画面右上隅に「ペイント3Dのアイコン」があるので、ここをクリックするだけで「画像が貼付けされた状態のペイント3Dの画面」が開きます。

↓(※別の画像を使っています)

「テキスト」の書き込みが出来ますね。

「ペイント」の画面で「貼り付け」をクリックしても「テキスト」の書き込みができます。

↓(※別の画像を使っています汗)

SnippingToolで切り取った画像がペイントやペイント3Dに貼り付けできないときは。。。

SnippingToolで切り取った画像がペイントに貼り付けできない場合は、設定にっていない。

「SnippingTool」の設定の方で「常に切り取り領域をクリップボードにコピーする」というところにチェックが入っているか確認します。

ペイント3Dで画像を貼り付けする6通り?の方法
ペイントでは「ファイル」から開きますがペイント3Dでは「メニュー」から画像を開きます。その他にも「貼り付け」「プログムから開く」「ステッカー」などからも貼り付けすることが出来ました。

参考

Microsoftサポート 

SnippingToolで切り取り後、蛍光ペンで真っ直ぐな線を引く

「SnippingTool」で切り取り後「切り取り&スケッチ」で「画像」を開くと「定規」もアイコンが出てきます。

「蛍光ペン」で真っ直ぐな線を引くことも出来ます。

切り取り&スケッチ 定規 回転

まとめ

「たかがSnippingToolで切り取りをしただけ。」だし出てくる画面はこんなに小さいですが「他のWindowsアプリ」と連携させることによっていろんな作業が出来ることがわかりました。

「SnippingTool」「ペイント」「切り取り&スケッチ」「ペイント」はどれも「Windowsアクセサリ」から出て来るので「4点セットで1つのアプリ」と考えて「アイコン」を「タスクバー」に置いておくと便利。

関連

タイトルとURLをコピーしました