「SnippingTool」には、切り取ってすぐ注釈を追加出来る機能も付いていた。切り抜きも四角だけじゃなかった。">

勉強したことをアウトプット

「SnippingTool」には、切り取ってすぐ注釈を追加出来る機能も付いていた。切り抜きも四角だけじゃなかった。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です!

 

「WindowsアクセサリのSnippingTool」についてです。

 

パソコン画面に表示される画像を切り抜くぐらいの機能しかないと思っていましたが、切り抜きは四角だけじゃないし、画像に文字を挿入する機能もあって面白かったのでブログに書いてみました。

 

 

 

今日(2019.01.24)発見した「ヘルプ」

Microsoft Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

こういう機能には「取扱説明書」のようなものは必ずと言っていいほど存在するということを、私は最近になってようやくわかり始めた(汗)

 

 

注釈機能 ①:画像を切り取った後「ペン」「蛍光ペン「消しゴム」機能を使う

 

 

SnippingToolを使って画像のトリミングをするだけでした。

 

「ペン」「蛍光ペン」「消しゴム」アイコンには気付いていませんでした。

 

こんな事できたんですね。

 

蛍光ペン

 

「蛍光ペン」は意外とまっすぐ線が引けるので、コレを知ってからはよく使っています。

しかし「完全にどんな長さでも真っ直ぐに引ける」は諦めています。方法が見つかりません。

 

そのかわり「図形」を使うと「ライン」だけでなく「範囲(線含む)」で強調が出来ました。

 

フリーハンドで書く「ペン」

 

フリーハンドで書く「ペン」のほうは全16色。

 

この機能なんのために付いてるんだ?! というぐらい、いくら頑張ってもヨレヨレになってしまいます。

もしかして、◯で囲んだり矢印を書き入れる程度が出来れば良いということとなっているのかも。

 

 

注釈機能 ②:画像に文字入力する

 

 

画像に文字を乗せることができた

 

 

SnippingToolでもキーボードで打った文字が画像に乗せられるのを発見しました。

 

 

「編集」➞「ペイント3Dで編集」をクリックします。

 

「テキストの大きさ」「色」「フォント」などを選択して使います。

 

 

切り取りの種類も四角だけじゃない

 

 

切り取りの種類も「四角形の領域切り取り」だけじゃないのを発見して、たった今いじってみました!

 

「自由形式の領域切り取り」なんていうのがありました。

 

 

 → 新規 と行くところを  → モード にすると、いろんな形式の「領域切り取り」ができます。

 

「自由形式の領域切り取り」を選んでみました。これらは本当は「背景が白い四角い画像」です。

画像が本当は四角だということが分かる画像、ブログの下書きの画面 ww

 

 

背景が白い画面に画像を貼り付けすると、そのまま絵に描いたように見えるのが面白いですね。

 

 

めんちゃんライオンになっためん!

 

 

これも背景が白い四角い画像。

 

 

photo AC 無料写真素材 写真AC からダウンロードした画像の「電球」だけ切り抜いて使いました。photo AC ご利用ガイド を読んだらOKみたいなので。

GoogleKeepの使い方!画像・表の挿入・写真の文字を検出 より抜粋

 

ウインドウの領域切り取り

 

 

やってみて初めてわかりました。タスクバーが写り込まない。

 

 

 

全面領域切り取り

 

 

タスクバーまでキャプチャーされる。

 

 

SnippingToolでの注釈機能の使い方

 

 

範囲を指定した後「蛍光ペン」「ペン」のアイコンをクリックすると書けます。ここでは「蛍光ペン」。

 

ヨレヨレの字が書る、ペンの色のラインナップ。

 

ペン先の幅( 細・中・太 )

 

ペン先の形(丸型・角型 )

 

 

 

 

「 Snippin Tool 」を「タスクバー」や「スタート画面 」にピン留めしておくと便利

 

 

尚、「 Snippin Tool 」を「タスクバー」や「スタート画面 」にピン留めしておくと、すぐに使えて便利です。

 

「 Snipping Tool 」の所で右クリックすると、「スタートにピン留めしますか」や「タスクバーにピン留めしますか」表示がされるので選択します。

 

 

「スタートにピン留めする 」を選択すると、スタート画面にアイコンが現れます。

 

 

 

「 タスクバーにピン留めする 」を選択すると、タスクバーにアイコンが現れます。

 

 

Snipping Tool 関連記事 

 

 

「 SnippingTool 」➞「ペイント3D で編集 」で画像に文字乗せしてみた

画像を切り取った後「編集」「ペイント3Dで編集」に入るとこの画面になる。

 

 

SnippingToolの切り抜きは、写真の汚れた背景を切り取ってくれるので重宝しています。

 

 

枠線を付けるという使い道「WindowsアクセサリのSnippingTool」~カラーも豊富~

切り抜く前の写真。

 

枠を付けるために切り抜いた写真。

 

 

 

注釈機能 関連記事

 

 

画像に矢印や文字を挿入出来る Evernoteの注釈追加機能

レポートを見やすくする注釈機能 矢印いろいろ

「WindowsアクセサリのSnippingTool」画像切り取り・枠線の色の変更・枠なし設定

「 SnippingTool 」➞「ペイント3D で編集 」で画像に文字乗せしてみた

Microsoft Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.