マイナス検索 Google検索">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

マイナス検索 Google検索

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です!

 

「Google検索」にも「マイナス検索」という検索方法があります。

 

特定の言葉を含むページを除外して検索する方法です。

 

「キーワード」「半角スペース」「半角-」「キーワード」「半角スペース」「半角-」「キーワード」。。。。。と、複数の言葉を除外して検索することも可能です。

 

マイナス検索はこんなときに使う

 

「わかめ」「豆腐」「味噌」と検索すると「味噌汁」ばかりが出てきてしまいます。「味噌汁」以外の「レシピ」を調べたい! こんなとき検索窓に羅列したキーワードの最後に半角スペースをあけて「-味噌汁」を追加します。

 

「インコ」「動画」と検索すると、超有名な「ぴのこちゃん」ばかりが出てきてしまいます。「ぴのこちゃん」以外の「動画」が見てみたい! こんなとき検索窓に羅列したキーワードの最後に半角スペースをあけて「-ぴのこ」を追加します。

 

「中学生」「参考書」と検索すると、「Amazon」や「出版社の公式サイト」ばかりが出て行きてしまいます。こういった「Amazon」や「出版社の公式サイト」以外の「中学生の参考書」について書かれている「個人のブログ」が読んでみたい。こんなとき検索窓に羅列したキーワードの最後に半角スペースをあけて「-Amazon」「半角スペース」「-学研」「半角スペース」「-旺文社」などを追加します。(・・・ちょっと問題のある検索方法 。「(半角スペース)-site:ドメイン」を付け足した方が正確であることが判明。)

 

入力の仕方に気をつける 「半角文字」「半角スペース」を使用 

 

マイナス検索をするときは、「半角文字」「半角スペース」を使います。

 

「全角」で入力すると反映されません。

 

マイナス検索を実践

 

「わかめ 豆腐 味噌 」VS「わかめ 豆腐 味噌 -味噌汁」~検索結果比較~

 

「わかめ 豆腐 味噌」で検索 ~AND検索~

 

「みそ汁」ばかりが検索結果に表示されています。

 

「AND検索」に加え「マイナス検索」で「味噌汁」を除外してみる。

 

「みそ汁レシピ」以外の「わかめ」「豆腐」「味噌」を使ったレシピを調べたいので、「わかめ」(半角スペース)「豆腐」(半角スペース)「味噌」(半角スペース)「-みそ汁」で検索します。

「味噌汁レシピ」が表示されなくなりました。

 

「インコ動画」の場合も同じ要領で検索します。

 

マイナス検索はサイト内検索でも普通に使える

 

「マイナス検索」は「Google検索」の広い範囲だけでなく、特定のサイト内でも出来ます。

 

私の楽天レシピのマイページ。味噌汁のレシピは多いです。

 

「小松菜」×「豆腐」で検索すると間違いなく「みそ汁レシピ」が出てくるのですが「-味噌汁」と「みそ汁レシピ」を除外すると「グラタン」だけ表示されます。

 

「キーワード」だけでなく「特定のサイト」を「検索結果から除外」も出来ます。

 

「中学生」「参考書」と検索すると、「Amazon」や「出版社の公式サイト」ばかりが出て行きてしまいます。

 

こういった「Amazon」や「出版社の公式サイト」以外の「中学生の参考書」について書かれている「個人のブログ」が読んでみたい

 

そういうときは「中学生」「参考書」半角スペース「-site:ドメイン名」半角スペース「-site:ドメイン名」半角スペース「-site:ドメイン名」。。。。。。。で、検索します。

 

検索結果に出てきた不要な「ドメイン名」を追加していきます。

 

不要なドメイン名を除外してみました。

 

「半角スペース-ドメイン名」を次々と追加すると、私の書いたブログ記事がやっと上に上がってきました。

でも、どんどん間に新しいサイトが割り込んで来ます。理由はちょっとわかりません。

 

「特定サイト名」の除外では 「✖」

 

「Amazon」「学研」「旺文社」などの「キーワード」を除外していくのでも良い気がしますが、違うんですねこれが。

 

私のブログ記事は「検索結果」から消えてなくなりました(笑)

 

おそらくブログ記事中に「Amazon」というキーワードが入っているからだと思います。

 

「自分のブログ記事探し」をしてみたことによって偶然気付きました。

 

検索オプションから除外する

 

「検索オプション」からも「-site:」の設定が可能。

 

この、「含めないキーワード」っていうところがそうですね。自動入力されていました。

 

「Google検索結果の画面」右上の「ツール」から「検索オプション」を選択します。

 

まとめ

 

「マイナス検索」などは慣れないと使いこなすのは簡単ではない気もしますが、検索をうまく使いこなすことは「今の時代の必須のスキル」なんだそうです。

 

よくよく考えると条件を指定するのに使う「検索演算子」( -site: もそう )などを知らなくても、大概が「検索オプション」への入力で間に合う気がします。

 

参考サイト・文献

 

効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術

Googleサービスがぜんぶわかる本 完全版 (洋泉社MOOK)

Google検索ヘルプ 検索結果のフィルタリング

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.