Windows標準ではない形式のファイルを開く GoogleDrive">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

Windows標準ではない形式のファイルを開く GoogleDrive

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「Googleサービスが全部わかる本」を勉強中のめんかです。

 

「Windows標準ではない形式のファイルがGoogleDriveで開ける」の実験をしてみました。

 

私のパソコンはWindowsです。

 

 

簡単ビューアーで閲覧が可能に。

Adobe Photoshopの「psd」ファイルやAdobe illustratorの「ai」ファイル、eps形式の画像ファイルなどは、Windowsの標準機能では見ることが出来ない。しかし、Googleドライブは簡単ビューアー機能を備えているため、簡単に閲覧することが出来る。

ファイルを閲覧するには、PDFやJPGと同じように、該当するファイルをダブルクリックするだけ。対応ソフトがなくてもドライブ上で見られるので、取り急ぎファイルを確認しなければならないときなどに使ってみよう。

「Googleサービスが知識ゼロから全部わかる本」完全版  洋泉社 

   Windows標準ではない形式のファイルを開く  参照

 

「ファイル」の種類によってはWiondows(MicrosoftのOS)で開けないものがあるとのこと。

 
 
めんか
 ということは、パソコンのOSというものは他にもあるんですね。
 
 
めんき
あと1つはMac(AppleのOSでMac OS)で、この2種類だよ!

 

 

ではさっそく実験開始!

 

「イラスト」というキーワードで検索し、「検索オプション」でファイル形式を指定します。

 

 

 

青く反転しているリンク文字をワンクリックすると勝手にシュルシュル~とPCにダウンロードされて行ってしまうので、初め驚きましたw

              「イラスト filetype:ps」 での検索結果  

 

ダウンロードされたファイルを開こうとすると、「このファイルを開く方法を選んで下さい。」と出てきてしまい開けませんでした。

 

こっちも! 別のキーワードで検索してダウンロードしたものなのですが、ファイルが開きません。

 

ではでは。。。

GoogleDriveにアップロードして開くかどうかを実験をしてみました。

 

赤枠で囲ったもの2つが「AdbePostScript(ps)」というファイル名をくっつけて検索して出てきたファイル!

ファイルの上でダブルクリック。

 

Windowsで全く見られなかったファイルが、見れる!!!!!!

 

何だこれは?

2行目のDoccumentなんちゃらをクリックしてみる。

 

その後は何かをダウンロードすると、もっとファイル情報が詳しく見られるのかな?勘違いでなければ。こんなのが出てきて解読出来ないが、「DoccumentViewer for Google Drive」となっているので、そういうことだと思います。

 

コチラの画像も同様

 

「Googleドライブは簡単ビューアー機能を備えているため、簡単に閲覧することが出来る。」こう書いてありましたね、確か。

 

めんか
 もっと詳しく閲覧するにはソフトを別にダウンロードする必要があるということですね。

 

「Windowsで開けない形式のファイルが見れる」

これがわかればいいということで、今のところは深入りは止めておきますw

 

そういえば、学校役員をやっていた頃、「開けられないファイル」がUSBに入っていたことがあります。その時は、ファイル名なんて気にしないで「見れない~!」としか思ってなかったけれど、もしかして「GoogleDrive」でファイルを開いて閲覧することが出来たのかな?

 

役員が終わった開放感から ”全~~~~~部” 消しちまっただ!惜しいことをした(笑)

 

「Googleサービス」は知れば知るほどスゴイ機能がそろっているので、知らないのはもったいないですね♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.