「WindowsアクセサリのSnippingTool」画像切り取り・枠線の色の変更・枠なし設定 ">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

「WindowsアクセサリのSnippingTool」画像切り取り・枠線の色の変更・枠なし設定 

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「画像の境界線が白い画像」・「ブログの背景が白」で「背景」と「画像」の「境界線」がどこだかわからない。

 

こんなときに「写真の画像に枠線を付ける」という方法です。

 

「切り取り」なので画像がちょっと小さくなるということですね。(ちょっとアナログと言うか邪道ですね)

 

インストール・アプリ・CSS・HTMLが不要で、Windowsにはじめから搭載されている「WindowsアクセサリのSnippingTool」を使います。

 

 

「白い雲」✖「白い背景」とか、「背景が白い画面のキャプチャ」を撮ってしまった時などがそう。(写真でなくて、こういうブログの本文とか)

 

「SnippingTool」を使った枠線は、細くてシャープな感じが気に入ってます。

 

WindowsアクセサリのSnippingTool  使った時 使っていない時 比較

 

「画像の境界線が白い画像」✕「ブログの背景が白」

比較してみました。

 

 

文字だけの場合

 

 

 

 

背景が白いときの写真の場合

画像とブログの背景との境界線がどこだかわかりません。

 

枠線を付けたら境界線がはっきりしました。

「写真を少し切り取ってしまう」というやり方ですね、これは。

 

 

 

Windowsアクセサリの「SnippingTool」で画像を切り取って枠線を付ける方法

 

まず、「SnippingTool」の画面を出します。

 

Windowsのアイコンをクリック▶Windowsアクセサリ▶SnippingTool

 

 

タスクバーに「はさみアイコン」をクリック。

 

画面が白っぽくなり「ツール」の画面が出てくるので「新規」をクリックします。

 

 

マウスをドラッグして切り取り領域を選択します。

「ファイル」▶「名前を付けて保存」

 

保存先・・・「ダウンロード」「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャ」「クラウド」

お好きな場所に保存します。

デフォルトは「枠線あり」「グレー」になっていました。

 

「枠線を入れない」・「枠選の色の変更」の設定

 

枠線を入れないで切り取る方法

 

画像を切り取るときに、わざわざ枠線を入れない設定というものもありました。

 

「ハサミアイコン」クリック後「オプション」をクリック。

「切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する」のチェックを外します。

「OK」をクリックします。

 

先ほどと同じ。「新規」をクリック。→繰り返し

インクの色を「白」にしちゃうと、自分でどこの範囲を切り抜いているのかわからなくなります ♪

是非遊んでみて下さい。

 

 

枠線の色の変更

 

「オプション」をクリックする

「インクの色」はプウルダウンで選択できます。

「切り取り領域をキャプチャした後選択線を表示する」は「チェックを入れる」のほうで。

 

 

色のバリエーションは結構あります。

初めは面白がって黄緑にしていたこともありましたが今はグレーに落ち着いています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.