Wordでの文書をGoogleDriveにアップロード ドライブ上で加筆修正もできる">

勉強したことをアウトプット

Wordでの文書をGoogleDriveにアップロード ドライブ上で加筆修正もできる

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

「Word」で作成した「文書ファイル」を「GoogleDrive」上で「管理」・「編集(加筆・修正)」出来るとのことなので実際にやってみました。

 

 

 

 

Wordでの文書を GoogleDriveにアップロード後 ドライブ上で加筆修正する

 

 

GoogleDriveで、「新規」→「マイドライブ」ボタンをクリックする。

 

 

メニュー一覧から「ファイルのアップロード」を選択する

 

「Word」で作成した「ファイル」が「ドキュメント」に保存されています。

これを開いて「GoogleDrive」にアップロードします。

※ ファイルサイズには制限があり、1ファイルにつき最大10Gbまで。

 

「GoogleDrive」の「マイドライブ」にアップロードされました。

編集したいファイルをダブルクリックすると自動でGoogleDrive形式に変換されます。

 

 

マイクロソフトの「Word」などのソフトがなくても、ドライブ上で編集作業を行うことが出来ます。

 

すべての変更が「Googleドライブ」に自動保存されます。

「上書きボタン」なるものはありません。

 

保存された「ファイル」に「加筆」・「修正」して編集したいときは、該当する「ファイル」をダブルクリックします。

 

パソコンやスマホが同期されていれば、「ファイル」を作った端末以外でも作業が出来ます。

 

 

関連記事    「Googleドライブでアップロードしたファイルの形式変換を自動にする設定」

 

 

通常、Googleドライブでアップロードしたファイルを編集するには、一度ファイルを開いた後に「Googleスプレッドシートで開く」「Googleドキュメントで開く」などをクリックし、ファイルの形式を変換する必用があるとのこと。

 

それを、アップロードと同時に変換可能な形式に変換できるようにする設定です

アップロードしたファイルをすぐ編集できる形式にする Googleドライブ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.