「Googleドライブ」「Googleドキュメント」「Google Keep」の「特徴や違い」について">

勉強したことをアウトプット

「Googleドライブ」「Googleドキュメント」「Google Keep」の「特徴や違い」について

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!「Gooleサービスがぜんぶわかる本」咀嚼中のめんか( @menkakaka)です!

 

「 Googleドライブ 」「 Googleドキュメント」「 Google Keep 」の違いがイマイチ分からなかったので調べてみました。

 

例えるならば「 Google Keep =記録係」「Googleドキュメント=作成係」「Googleドライブ=保存係」で、それぞれ互換性があります。

 

他人との共有も出来るので、他人とも互換性をもたせることが出来ますw。

 

「Google Keep」も、単なる「記録係」に留まらずいろいろと便利そうです。

 

 

 

 

「 図の挿入 」などを最初に知ったのが「Google Keep」でしたが、その後「Googleドライブ」「Googleドキュメント」でも同様のことができることを知る。

 

同じことが出来るのに、サービスの違いは何?と疑問に思いました。

 

ネットを見回すと「Google Keep」VS「エバーノート」徹底比較!

 

みたいな記事はあるのだが、

 

「Googleドライブ」VS「Googleドキュメント」VS「Google Keep」比較!

 

なんてしている人はおらず、私はかなり解っていなかったようです。

 

逆に、それぞれの役割を知ってしまったら「こんな便利なツールはない」と思いました。

 

 

「Googleドライブ」とは

 

 

GoogleDriveはクラウド上にファイルを保存できるオンラインストレージサービス。無料で使える容量は最大15GB。GmailとGoogleフォトとの共用になるが、多くの人に撮って十分な容量だ。WordやExcelなどのOfficeソフトがなくてもドキュメントが作成できるのが特徴。1つのファイルを複数人で共有できる機能を使って共同作業ができるのも魅力だ。なお、ファイルはネット上にあるため、専用アプリをインストーつすれば、スマホでも編集できる。アプリに使用は、iOsでもAndroidでも可能だ。アプリを使えば、外出先でわざわざパソコンを持ち運ばなくても、ファイルの確認・編集を行える。なお、アプリ版には、スマホのカメラから紙の資料をスキャンする機能もある。

Googleサービスがぜんぶわかる本 洋泉社 参照

 

作った「ファイル」を保存でき、他人との共有も出来るので共同作業が出来る。

 

「 Google ドライブ」は「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」その他のアプリとも連動している。保存庫なので当然か。。。。

 

検索窓にカーソルを合わせると、いろんな形式でファイルが保存されている様子がわかる。

 

 

Googleドキュメントとは

 

 

Wordファイルと互換性のある文書作成サービス。文書を作成してテキストのスタイルや大きさを変更できるのはもちろん、インデントやタブの位置を変えたり、箇条書きのリストを簡単に作成もできる。表や図を挿入することも出来、仕事で扱うさまざまな資料作成に利用できます。

Googleサービス プロ技セレクション 技術評論社 参照

 

 

 

ドキュメントからも「スプレッドシート」「スライド」などが開ける。

「ドキュメント」は「Word」

「スプレッドシート」は「Excel」

「スライド」は「Power Point」

 

 

に相当し、やはり「Google ドライブ」と連動している。

「記録」「保存」「作成係」の中でも「ドキュメント」は「作成係」のようなもの。

 

検索窓をクリックすると特に変化なし。作成したファイルを検索する用の窓ですね。

 

 

ドキュメントの画面

 

新しい空白のドキュメントの他にたくさんのテンプレートもあります。

一から作成でなく、こういうのが用意されているんですね。

 

作ったドキュメントはやはり、Googleドライブに保存ができる。

 

自動保存になりますので「更新」「保存」ボタンはありません。

 

 

 

Googleキープ・・・「ファイル」などは入れられず、メモ用紙が溜まる感じ。

 

 

一言でいうと「GoogleKeep」ではメモを作成、編集、共有できる。

 

記録が主だがGoogleドキュメントと連動している のでGoogle Driveとも間接的に連動していることになる。一見簡易メモのようにも見えるが使い方によってはかなり応用が効く。

 

 

をクリックしても、このメニューが消えるだけです。

 

しかし、なにか1つ「メモ」を開くと「 Googleドキュメントにコピー」の項目があります。

 

「Googleドキュメント」にコピーされます。

 

       ↑

「ドキュメントを開く」のクリックで「すべての変更はGoogleDriveに自動保存されます」と表示。

 

「GoogleDrive」にアクセスすると先程の「Google Keepのファイル」が移動してきてました。

「Google Keep」は間接的に「Googleドライブ」とも互換性があるということです。

 

 

他人とも互換性をもたせることが出来る。

 

 

以上「GoogleDrive」「Googleドキュメント」「GoogleKeep」の特徴や違いについてさ~っと見てみました。

 

3点セットで使うことによって、おそらくエバーノートに負けないくらい便利なものになるのでしょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.