「Googleドライブ」「Googleドキュメント」「Google Keep」の「特徴や違い」について">

勉強したことをアウトプット

「Googleドライブ」「Googleドキュメント」「Google Keep」の「特徴や違い」について

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!「Googleサービスがぜんぶわかる本」咀嚼中のめんか( @menkakaka)です!

 

「 Googleドライブ 」「 Googleドキュメント」「 Google Keep 」の違いがいまいち分からなかったので調べてみました。

 

  • Google Keep  ・・・・・・記録係
  • Googleドキュメント・・・作成係
  • Googleドライブ・・・・・保存係

 

例えるならば、こういったところではないかなと思っています。

 

そして、それぞれ互換性があります。

 

 

 

 

「 図の挿入 」などを最初に知ったのが「Google Keep」でした。

 

が、その後「Googleドライブ」「Googleドキュメント」でも同様のことができることを知る。

 

同じことが出来るけど、これらのサービスの違いは何?

 

それぞれの役割を知ってしまったら「こんな便利なツールはない」と思うようになりました。

 

 

 

Googleドライブ

 

 

GoogleDriveはクラウド上にファイルを保存できるオンラインストレージサービス。無料で使える容量は最大15GB。GmailとGoogleフォトとの共用になるが、多くの人に撮って十分な容量だ。WordやExcelなどのOfficeソフトがなくてもドキュメントが作成できるのが特徴。1つのファイルを複数人で共有できる機能を使って共同作業ができるのも魅力だ。なお、ファイルはネット上にあるため、専用アプリをインストーつすれば、スマホでも編集できる。アプリに使用は、iOsでもAndroidでも可能だ。アプリを使えば、外出先でわざわざパソコンを持ち運ばなくても、ファイルの確認・編集を行える。なお、アプリ版には、スマホのカメラから紙の資料をスキャンする機能もある。

Googleサービスがぜんぶわかる本 洋泉社 参照

 

 

ストレージ・・・パソコンのデータを長期保管しておくための補助記憶装置です。

セキュア SAMBA ストレージとは 参照

 

 

 

 

ドライブは、15GBまで無料で使える保存庫ですが、こんなところに私は混乱していました。

  • 「Gmail」「Googleドライブ」「Google フォト」合算して容量を計算する?
  • 「Google ドライブ 」には「フォト」が保存できる?

 

 

 

「 Google ドライブ」の中に「ファイル」や「フォルダー」を保存する仕組み。

 

これらで資料を作ったものが「ファイル」。画像も「ファイル」。

  • 「Googleドキュメント」
  • 「Googleスプレッドシート」
  • 「Googleスライド」
  • 「画像」
  • 「ファイルが複数入る,フォルダー」
  • 「Google フォーム」

 

 

「 Google Jamboard 」「Google サイト」って何?!みたいなものもありますが、これらも「ストレージ」を目減りさせる「ファイル」なんでしょうね、きっと。。。。

 

 

ドライブで「新規」をクリックすると、いろんな形式のファイルを作ることが出来る。

 

 

 

 

既に作ってある ファイル・フォルダーを探すには、検索窓で One クリック!

 

 

 

 

 

「もっとツールを見る」をクリックすると「フォルダー」もあるのがわかる。「フォルダー」には「ファイル」や、それこそ「フォルダー」も複数入る。

 

 

 

 

 

 

ファイルの種類アイコン

 

例 :

ドキュメントファイルアイコン

   フォトアイコン

     スプレッドシートアイコン

 

をクリックすると、ここではスプレッドシートのファイルだけ検索される。

 

 

 

 

Googleドキュメント

 

 

Wordファイルと互換性のある文書作成サービス。文書を作成してテキストのスタイルや大きさを変更できるのはもちろん、インデントやタブの位置を変えたり、箇条書きのリストを簡単に作成もできる。表や図を挿入することも出来、仕事で扱うさまざまな資料作成に利用できます。

Googleサービス プロ技セレクション 技術評論社 参照

 

 

☆「ドキュメント」・・・Word のようなもので、文章・表・図形なんかが書ける。

 

(ちなみに、「スプレッドシート」は「Excel」、「プレゼンテーション」は「PowerPoint」のようなもの。)

 

これらは、書き込みをするといちいち勝手に 上書き(自動保存) される。

 

ドライブにファイルとして保存されているので探して見ると良い。

 

「ドキュメント」「スプレッドシート」「スライド」は全て「Google ドライブ」と連動している。

 

 

「記録」「保存」「作成係」の中でも「ドキュメント」「スプレッドシート」「スライド」は「作成係」のようなもの。

 

 

 

 

ドキュメントの検索窓をクリックするとドライブと違って特に変化なし。

 

既存のドキュメントファイルの中から検索するのに使うだけ。

 

 

 

「スプレッドシート」「スライド」も同じく。。。。

 

 

Googleキープ

 

 

 

 

 

 

Keep のことに触れてませんでした。

 

そう そう!「 図の挿入 」などを最初に知ったのが「Google Keep」でした。

 

が、その後「Googleドライブ」「Googleドキュメント」でも同様のことができることを知る。

 

一言でいうと「GoogleKeep」ではメモをするところ。

 

「メモ」1個1個は「ファイル」とは呼ばない。

 

メモ用紙が溜まる感じ。

 

だが、ドキュメントのように図形・画像は挿入できる。

 

 

 

Keep で書いたメモをよく見ると「Google ドキュメントにコピー」という項目がある。

 

「Google ドキュメントにコピー」することによって「Google ドキュメントに移動」できて「ドキュメントファイル」に格上げ?することも出来る。

 

従って「 Google ドライブ」とも連動していることがわかる。

 

 

 

 

 

単体ではただのメモ用紙である Keep の画面のメニュー画面は、ドキュメントやスプレッドシートのメニューよりも更に簡素。

 

 

をクリックしても、メニューの表示 が「 表示 / 非表示 」 となるだけで「設定」に入るわけでもなんでもありません。

 

 

 

 

それと「 Keep 」には、ここでしか出来ない「画像から文字を抽出 」という機能があります。

 

 

「ドキュメント」で出来る文字のカウント。「”ドキュメントにコピー”づかい」で「Keep 」でも文字数を数えることが出来る。

 

 

「Chromeウエブストア」で拡張機能を入手すると、機能を増やすことも出来る。

 

 

Google Keep も、一見簡易メモのようで使い方によってはかなり応用が効くということです。

 

 

まとめ

 

 

「Google Keep」「Googleドライブ」「Google ドキュメント」と、名前が個別のアプリみたいになっていて仕組みがイマイチわかりにくいのですが、

 

それぞれの機能 の名称と捉えてしまい、全部をまとめて1つのアプリと考えるとわかりやすいのかな?と勝手に思いました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.