「グーグル防災マップ」で災害に関する情報を得る">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

「グーグル防災マップ」で災害に関する情報を得る

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「Googleサービスがぜんぶわかる本」を勉強しています、めんかです。

 

GoogleのトップページGoogle防災マップと検索すると災害に関する情報が得られるとのことなので検索してみましたら、キリがないほどたくさんのページがありました。

 

その中には、人探しができるページもありました。

Google パーソンファインダー (安否情報)

 

このサイトは見慣れないせいもあり、わかりにくいのですが実際に使うときには手当たり次第クリック・スマホでタップしてつかうんだろうなあと想像します。

 

災害時に使いこなせるように各自が研究しておくと良いかもしれません。それには、まずこのサイトの存在を知らないと始まらないですね。

 

 

GoogleのトップページGoogle防災マップと検索

 

検索最上位の「防災マップ‐Google.org」をクリックします。

 

 

出てきたページ

 

画面一番上の拡大図  「防災マップ」をクリック

 

 

本では、「全国ー避難所情報」が表示されて「避難所」の他「帰宅支援ステーション」なども色分けされて表示されるというわけなのですが出てきませんでしたので適当にポチポチやってみました。

 

 

地図右上の「レイヤー」をクリックする

 

災害時に必要な情報をチェックできるとのこと。

 

手当たり次第クリックしてみました。

 
 

 

 

青く文字が反転しているところをクリック 気象庁・震央などの情報を得られます。

 

気象庁(JMA)・震央(USGS)・情報のある地域を表示のページにリンクしていて(青く文字が反転している)情報を得られます。

 

 

安否確認情報

 

人探しができるページもありました。

Google パーソンファインダー (安否情報)

 

 

災害時に離れ離れになった家族や友人の安否が分かるというわけですね。私は、Googleサービスにこんなのもあるなんて知りませんでした。

 

 

 

 

「人を探している人」「安否情報を提供」どちらかの情報が欠けていても役に立たないという理屈ですね。せっかくいいサービスがあるのだから情報がしっかりと知れ渡れば良いですね。

 

 

今度は「防災マップ」から左に移動して「ホーム」をクリックしてホームページに行ってみました。

地図はもちろん拡大できます。

 

上の画面の上の方だけ拡大したもの。

 

関連記事

 

「地名」✕「天気」で検索! 「空模様」「降水量」「湿度」「風向き」「1週間の天気の移り変わり」の情報がわかる

 

地震の震源地・震度の調べ方 Google検索

Google検索 検索ボックスを電卓として活用する  

まとめ

 

食料の確保等だけでなく、情報を集めるツールも普段から意識しておきたいですね。

 

ウチは、食料も一所に置いてありません。これを機に見直そうと思います。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.