ストリートビュー(=パノラマ写真のよう)で実際の町並みを眺める 黄色い人形アイコン(=ペグマン)の動画も撮ってみました">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

ストリートビュー(=パノラマ写真のよう)で実際の町並みを眺める 黄色い人形アイコン(=ペグマン)の動画も撮ってみました

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

「 ストリートビューで実際の町並みを眺める 」 

 

今回は、これのおさらいをしてみました。

 

仕事で初めての土地を訪れるときや、観光地の下調べに便利な機能。お遊びで使って旅行気分も味わえます。

 

ストリートビュー(=パノラマ写真のよう)で見ることが出来て、本当にそこにいるかのよう。

 

「GoogleMap」右下にいつも立っている「黄色い人形アイコン」(=ペグマン)も使ってみます。

 

 

「Google Map」で見たいところを表示し「ペグマン」を「Google Map」 上に落とすと「Google Map」が「ストリートビュー」に切り替わります。

 

ストリートビューとは、地図上で指定した地点をパノラマ写真で確認できる機能のこと。

 

※ 「ストリートビュー」を表示する方法は他にもあります。

 

ペグマンを使用してストリートビューを表示する

 

「Google Map」を開きます。

 

「GoogleMap」右下の「黄色い人型のアイコン(=ペグマン)」

 

「ぺぐめん」をドラッグ&ドロップで、Map上の青い道路上に落っことします。

 

「進めアイコン?」をクリックすると歩き回れます。

 

「方位磁石アイコン」の矢印をクリックすると方向転換して歩くことが出来ます。

 

矢印だけクリックしていくと360度景色が回転し、周囲を見渡せます。

 

「Ctrlキー」を押しながらドラッグすると、空や地面も見られます。

                      建物の上の方も見えためん ♪

 

 

操作が終了したら、画面左上の矢印( ← )をクリックします。

 

 

ペグマンをGoogleマップ上に放り投げて「ストリートビュー」になるところまでの「動画」も撮ってみました。

 

 

「ペグマン」をつまみ上げて放るところまでの動画を撮ってみました。

ペグマンがぷらぷらぶら下がっている様が超かわええ。

 

ストリートビューを表示する 方法いろいろ

 

 

「Google Map」で、表示したい地図上の場所に「ペグマン」を「ドラッグ」する(この記事)の他にも「ストリートビュー」を表示させる方法はあります。

 

「Googleマップ」で「場所」または「住所」を検索。

 

「Googleマップ」で「場所」または「住所」を検索。

「ペグマン」をクリックする。

「ストリートビュー」に対応した道路が青く表示されるので、その上でクリック。

 

「Google検索」で場所または住所を検索する。

 

「Google検索」で「場所」または「住所」を検索する。

「外観を見る」のラベルが付いた写真をクリック。

 

「角度の変更」「移動」「画面の縮小・拡大」についても、画像のアイコンをクリックする他、

キーボード右下の「矢印キー」や「+」「-」でも操作ができます。

 

関連記事

 

Google Map では、地点間の距離を調べる事もできます。

「引越し先」が「学校」「会社」「お医者さん」等とどれぐらいの距離がありそうか。こんなことも調べられるんじゃないかな、と思いました。

 

 

指定したエリアの総面積もざっくり調べる事ができます。

家を建てる際に目星を付けている土地の大体の面積なんかも自分で調べることが出来ますね。この段階ではまだ不動産屋さんを介さなくても済みそう・・・ということでしょうか?

 

参考サイト・文献

 

Googleサービスがぜんぶわかる本 完全版 (洋泉社MOOK)

今すぐ使えるかんたんEx Googleサービス [決定版] プロ技セレクション

マップ ヘルプ Google マップでストリートビューを使用する

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.