指定した便の到着時刻がわかる Googleの飛行情報検索">

勉強したことをアウトプット

指定した便の到着時刻がわかる Googleの飛行情報検索

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

「 Googleの検索窓に「飛行機の便名」を入力すると、「フライト情報」が検索結果の上位に表示される。」

 

これを今回はやってみました。

 

「到着ターミナル」・「ゲート」・「運行状況」なども表示されてます。

 

直下の検索結果のページには、同じ便の時刻表なんかも出てきました。

 

 

 

 

飛行情報検索

 

 

Googleのトップページで、例えば「NH177」と入力。

 

「到着ターミナル」・「ゲート」・「運行状況」なども表示されてます。

 

直下の検索結果のページでは詳細も調べられます。

 

 

同じ便の時刻表がでてきました。

 

大体のお出迎えの時間がわかりますね。遅延状況等も更新されるようです。

 

 

私は新婚旅行で1回しか海外に行ったことがないので、調べようとも思ったことがありませんでしたが、こんな検索方法があったなんて!

 

 

「シアトル→ 日本」 の便の飛行所要時間が27時間?!

 

 

「シアトル→ 日本 」の飛行所要時間が27時間かかる計算になってしまう?!

 

突然、変なところに目が行ってしまいました。

 

 

結果、そこまで考える必用はなく、

出発時間はシアトルの現地時間

到着時間は日本の到着時間

なので、単純にコレで良かったのですが。。。。。。

 

なんとなく腑に落ちないので、これに気づくまで余計なことをあれこれと考えました。

 

今回のブログ記事を書く前に、「海外の現地時刻を調べる」という記事を書いています。

 

そこで「現地時刻」の他に「時差」が求められることも知りました。

 

 

これを見ると、日本のほうが17時間進んでいます。( 2月1日 17:55 検索 )

 

なので17時間マイナスすれば良いということ。

 

すると、10時間という計算になり、不自然ではなくなりました( 笑 )

 

しかし実際は、偏西風の影響で往復の所要時間が違うとのこと。Qikeru 【徹底検証】ハワイのホノルルと日本の時差を計算するとどれくらい?? 参照

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.