「セーフサーチ」 不適切なサイトを子供に見せないようにする設定 / 解除方法">

勉強したことをアウトプット

「セーフサーチ」 不適切なサイトを子供に見せないようにする設定 / 解除方法

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは❣めんか(@menkakaka)です。

 

「Google設定」には「不適切なサイトを子供に見せないようにする」設定があります。設定前後で比較すると、確かに!という感じです。

 

しかし、検索はGoogle 検索だけとは限らないし、使う端末によっても設定が別にあったりします。。。など考え始めたら「 セーフサーチ設定 」も奥が深いということがわかりました。

 

不適切なサイトに誘導する「広告」というのもありますからね。

 

 

「セーフサーチ」ON/ OFF 設定 不適切なサイトを子供に見せないようにするGoogle の設定

 

 

Googleのトップページ からの「設定」

 

1回設定すると恒常的にこの設定になるものです。

 

 

「セーフサーチ」を ON にする

 

 

 

Googleのトップページで、「設定」 → 「検索設定」 と進みます。

 

 

 

 

 

「セーフサーチをオンにする」にチェック、 下の方までスクロールして「保存」します。

 

 

 

 

「保存」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

セーフサーチ設定を解除するには「 セーフサーチを ON にする 」に付いている チェックを外します

 

 

 

Googleのトップページで、「設定」 → 「検索設定」 と進みます。

 

 

 

 

 

セーフサーチの設定を解除するには、再度Googleのトップページで「 セーフサーチを ON にする 」に付いている チェックを外します。

 

 

 

最後「 保存 」をクリックするのを忘れずに。

 

 

「セーフサーチ設定」の 変更前 と 変更後

 

 

設定前と後で検索結果を比較してみました。

 

 

「セーフサーチ ON」で「エッチ 動画」を検索。

 

 

 

 

 

「セーフサーチ OF」で「エッチ 動画」を検索。

 

 

 

 

「セーフサーチ」の ON設定 と OFF設定 とでは画面が違うのがわかりました。

 

 

「 セーフサーチのロック 」設定

 

 

さっきの「検索設定」の隣に「セーフサーチをロック」の項目があるのはなんだろう?

 

これは、学校や職場単位で「セーフサーチフィルター」がかけられるもののようです。

 

設定してみたら、特に「より強固にフィルターがかかる」わけではなく「 学校などの施設全体のネットの管理をする 」というものですね。

 

 

Google検索ヘルプ 学校や職場にて Google でアダルトサイトをブロックする参照

 

 

 

「セーフサーチをロック」をクリックしてみました。

 

 

 

 

「セーフサーチをロック」をクリックすると「待機中」の表示がグルグルした後、

 

 

 

 

「 セーフサーチがすべてのGoogleドメインでロックされました 」と表示されました。

 

 

 

 

テスト的にこの設定を行ったのですが 数週間後「 セーフサーチのロックを解除 」しようとすると何故か出来ませんでした。。。。

 

Google検索ヘルプで調べても埒が明かず。

 

個人ではセーフサーチ設定をするだけで要は足りるのでロックまでする必用が無いんですよね。。。。後から気づきました↘

 

Google検索ヘルプ 学校や職場にて Google でアダルトサイトをブロックする参照

 

 

その後 しばらくして Google検索/アシスタントヘルプフォーラム の2015年のQ&Aを見つけました。

 

私と同じように「 セーフサーチのロックを解除が出来ない💦 」という現象が起きている人がたくさんいたみたい。

 

「 施設などの管理者がアカウントを管理 」していたので出来ないのは当然というヤツだったのかもしれませんね。

 

 

他の検索エンジンやブラウザではセーフサーチは無効?

 

 

Bing はどうか?

 

 

最近、調べれば調べるほどワケわからなくなってくるんです。

 

子供が使うであろう端末で全部フィルターをかけようとすると「じゃあ、この場合は?!」という壁が立ちはだかります。

 

パソコンじゃないときもあるだろうし。( ほとんどスマホか )

 

Windows のパソコンでGoogle セーフサーチを設定してもBing では見られてしまったりすることが判明。

 

で、その Bing のほうでは設定はあるのかな?と思って調べてみると、あったりします。

 

子供のほうがウワテだと意味ないかも。

 

因みにBing の方のセーフサーチ設定は、低・中・高 と段階がありました。

 

Bing でセーフサーチ設定なしの場合。

 

 

 

 

Googleもそうだけどログインとか関係ない。

 

 

 

 

セーフサーチを高レベルで設定してみた。

 

 

 

 

さっきの画面と全然違いますね、おもんない。

 

 

 

 

では「H」はどうか?「エッチ」じゃないかも知れないし。

 

Wikipedia が出てきました。

 

 

 

 

ふ~ん、なるほど。それじゃ、もとに戻すか。。。。?!

 

もしかして元に戻すのに面倒になってる?このまま「同意する」ですんなり戻すことが出来ました。

 

 

 

と、いろいろ。

 

 

スマホだとフィルタリングサービスがあるんですよね?子供の居場所がわかってしまったり、検索履歴が見られたり。その後の調べで、イオンモバイルでいうところの「スマモリ」というものらしい。初めに加入しておけば2年間無料みたいなことが書いてありました。

 

 

 

YAHOOでのセーフサーチ設定もしてみた

 

 

YAHOOのほうでも設定 方法があり「セーフサーチ設定」は「 強・中・弱 」と段階的になっっていました。

 

「チャイルドロック」という設定もありました。

 

設定をしたらセーフサーチがちゃんと有効になっていました。

 

YAHOOでのセーフサーチ設定を調べてみたので、書いておきます!

 

 

 

YAHOOにログインする。

検索ボックス横の虫眼鏡アイコンをクリック。

「+条件指定」の項目が出てくるのでクリック。

 

 

 

 

 

ページを最下部までスクロールする。

「セーフサーチ検索設定」をクリック。

 

 

 

 

 

「チャイルドロック」の設定というのもありますね。

 

 

 

 

 

チャイルドロックとは・・・

 

チャイルドロックを設定すると、Yahoo!JAPANIDでログインしていない状態、または登録情報が18歳未満になっているYahoo!JAPANIDでログインしている状態で、自動的にセーフサーチのレベルが「強」に設定されます。

YAHOO検索ヘルプ 参照

 

 

 

 

最後「 設定を保存 」をクリックして完了。

 

 

 

パソコン単位のセーフサーチ設定は出来ないのか? ~Microsoft ファミリー~

 

 

Windows のパソコン単位のセーフサーチ設定は出来ないのか?

 

今まで調べていたのが「ブラウザごとの設定 」だったことを受けて、調べてみました。

 

「 Microsoft ファミリー」というもので、パソコンはもちろんスマホでの設定もあるようです。

 

 

Microsoft Launcher が実行されている Android デバイスにおけるお子様のオンラインでの活動についての週単位のレポートを取得します。

Microsoft アカウント サポート…Microsoft ファミリーとは

 

 

コンテンツの閲覧だけでなく、お子様の支払・位置情報を追跡出来たりも出来るとのこと。

 

ちょっとそこまで監視する情熱が無いですね。

 

ふと、夫婦間でやってたらちょっと怖いなぁ 。。。。 と思いました。詳しい片方と、全然無知な片方とか。

 

 

まとめ

 

 

セーフサーチはギッチリ設定しようとするとキリがなさそうだけれど、とりあえず画面の隅っこにあるとか  などから設定出来る模様。

 

何が何でもブロックしたいなら、こんな手、あんな手。。。と書いてある面白いサイトを見つけましたのでリンクを貼らせていただきました。

 

livedoorNEWS 子供に見せたくないコンテンツをブロックする「Googleセーフサーチ」意外に穴が多い? 参照

 

興味さえあれば、ネットに限らずどこからでも情報は拾ってこれるんじゃないか?とも思うのですが。

 

ネット閲覧の方を規制したからといって過信しないほうが良いかもしれません。

 

サイトを閲覧中に表示される「広告」なんかもゲートになりそうな気がします。よく検索する内容から判断して表示されるものらしいですよ 😱

 

しかし、セーフサーチフィルター設定は万全ではないとはいうものの、かなりつまらなくなりますので設定しておく効果は十分あると思います。

 

それと、人間何にそういうもの(?)を感じるかは個性があると思うので、コンテンツを見せなければ安心というわけではないと思います。

 

「子供に楽しいことをいろいろ提案してやる」

 

こんなのが一番効果があるような気がしています。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.