不適切なサイトを子供に見せないようにする「セーフサーチ」は必要?

スポンサードリンク

「Googleサービスがぜんぶ分かる本」という市販されている本で「セーフサーチ設定」を知ったのでこのことについてブログに書いてみました。

この場合の「セーフサーチの設定」は「Googleのブラウザ」だけのものになりますが、勉強していくうちに奥が深いことがわかりました。

「ブラウザごと」「アカウントごと」「スマホ・パソコンなどの端末ごと」にも別に設定があります。

とりあえず「このパソコンの、この検索窓を使う」と決まってれば「アカウント」を分けて設定しておくのも良さそうだと思いました。

「セーフサーチ」とは、直訳すると「安全に検索するための設定」。

セーフサーチを使えば露骨な性表現を含むコンテンツを検索結果から除外できます。

Google検索ヘルプ……セーフサーチを使用して露骨な表現を含む検索結果を除外する 参照

設定をすると検索結果が確かに変わったのがわかります。

変更前

変更後

「Googleのブラウザ」での設定のやり方は簡単で、何かを検索した後の画面で出来ます。

そのまま「セーフサーチをONにする」で完了。

セーフサーチ設定

「検索の設定」に入り「セーフサーチをオンにする」のチェックでも出来ます。

セーフサーチ設定

セーフサーチをオフにする場合は、設定するときと同じところから「ON」になっている チェックを外します。

それと、先程書きましたがこれは「アカウントごとの設定」でもありました。自分の別アカウントで試してみたらそうなっていました。

しかしながら「ブラウザ」は「Google」だけでなく「Bing」「Firefox」などもあります。

「セーフサーチ設定」は他にも「スマホ」「パソコン」などの端末ごとにも設定が出来、奥が深いものがあります。

小学生でもスマホを持つ率が多いことを考えると、やるなら「スマホ」でも設定しないと。。。という感じがします。

話変わって、13歳過ぎるとSNSが今度使えるようになります。

受け身のコンテンツとは違い「働きかけられる/働きかける」が出来るのが「SNS」。

便利な反面危険でもある。

13歳まではセンシティブな情報から隔離するのもありですが、13歳以前からも情報リテラシーを身につける教育は必要だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました