「セーフサーチ」 不適切なサイトを子供に見せないようにする設定">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

「セーフサーチ」 不適切なサイトを子供に見せないようにする設定

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは❣めんか(@menkakaka)です。

 

「Google検索」で「不適切なサイトを子供に見せないようにする設定」が出来る! というので設定してみました。

 

設定の「変更前」と「変更後」で、「ちょっと怪しいキーワード」での検索結果がどうなるかを調査してみました。

 

Googleのトップページの「設定」から入っていけば何でも設定出来てしまうんですね!

 

 

セーフサーチ設定を使用すると、Google で露骨な表現(ポルノなど)を含む検索結果をフィルタリングできます。セーフサーチは 100% の精度ではありませんが、スマートフォン、タブレット、パソコンで、露骨な表現や不適切な検索結果が表示されるのを防ぐことができます。

Google検索ヘルプ セーフサーチを使用して Google で露骨な表現を含む検索結果をブロックする 参照

 

 

「Googleサービスがぜんぶわかる本」の「検索オプションを使いこなして更に快適に」の見出しのところを読んでいたら、「セーフサーチ」についてのことが書いてあったので、個別に記事にしてみました。

 

いったん、検索窓に何か「りんご」でも何でも良いので「キーワード」を入力してみます。

 

何か入力しないと「設定]ボタンが現れないんです ^^;

 

 

「設定」が現れたので、ボタンをクリック

 

 

「セーフサーチをオンにする」をクリックします。

 

「エッチ 動画」と検索窓に入力!

 

「セーフサーチ」をONにしたときに出てきた画面。

Google検索ヘルプにも書いてありますが、完全にシャットアウト出来るものではないみたいです。

 

Google検索ヘルプ セーフサーチを使用して Google で露骨な表現を含む検索結果をブロックの「セーフサーチがオンになっているのに不適切なコンテンツが表示される」の項目 参照

 

「セーフサーチ」をOFFに切り替えます。

 

 

「セーフサーチ」をOFFにしたときに出てきた画面。

「セーフサーチ」をONにした1枚目と、OFFにしたときの画面が違うのがわかりました。

 

でも、人間何にそういうものを感じるかは個性があると思うので、コンテンツを見せなければ安心というわけではないと私は思います。

 

「子供に楽しいことをいろいろ提案してやる」

 

こんなのが一番効果があるような気がしています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.