「セーフサーチ」 不適切なサイトを子供に見せないようにする設定 / 解除方法

子育て

 

 

こんにちは。めんか(@menkakaka)です。

 

「Google設定」には不適切なサイトを子供に見せないようにセーフサーチフィルター機能があります。

 

「セーフサーチ」とは、直訳すると「安全に検索するための設定」になるのですが、パソコンで設定してみて、前後で比較してみたら確かに!

 

やってみた設定の数々をブログにメモしてみました。

 

思ったのは、検索はGoogle 検索だけとは限らないし、使う端末によっても設定が別にあったりします。

 

家族と共用のパソコンだと出てきてしまうのではないか?と思いますがどうなのでしょう?

 

どこに「子供の成長の妨げになるコンテンツ」が転がっているかわかりません。

 

インターネットを使う際に「設定」により悪いものを排除するのも一つの手ですが、良いものを取り込むように仕向けるのも効果があるような気がしています。

 

「Googleセーフサーチ」とは? ~ON/ OFF 設定方法~ 

 

 

Googleのトップページ からの「設定」で、恒常的にこの設定になるものです。

 

「セーフサーチ」を ON にする

 

Googleのトップページで、「設定」 → 「検索設定」 と進みます。

 

 

 

「セーフサーチをオンにする」にチェック、 下の方までスクロールして「保存」します。

 

 

 

「保存」ボタンをクリックします。

 

 

 

「セーフサーチ」を OFF にする

 

Googleのトップページで、「設定」 → 「検索設定」 と進みます。設定するときと同じ。

 

 

 

セーフサーチの設定を解除するには「ON」になっている チェックを外します。

 

 

 

最後「 保存 」をクリックするのを忘れずに。

 

 

「セーフサーチ設定」の 変更前 と 変更後

 

 

設定前と後で検索結果を比較してみました。

 

「セーフサーチ OFF」で「エッチ 動画」を検索。

 

 

 

「セーフサーチ ON」で「エッチ 動画」を検索。

 

「セクシーアンクル」というのを視聴してみたら、海の底で魚が泳ぐ映像でした。

 

 

「セーフサーチ」の ON設定 と OFF設定 とでは画面が違うのがわかりました。

 

「 セーフサーチのロック 」設定

 

めんか
めんか

「セーフサーチ ON/OFF設定」の隣の

「セーフサーチをロック」って何だろう?

 

 

試しに「セーフサーチをロック」して、再び検索にかけてみましたが特により強固にフィルターがかかるわけではないですね。

 

 

 

セーフサーチをロックすると、セーフサーチが「強」に設定されます。

セーフサーチフィルタリング  参照

コレがその画像

 

 

めんき
めんき

「セーフサーチON」

「セーフサーチをロック」

 その差は何?!

 

 

管理者がどうのこうのとか技術的知識がある方におすすめする方法とか、だんだん訳が分からなくなって来ました。

 

 

めんき
めんき

そこまで深入りしなくても良いんじゃないん?

。。。。と、一掃してごまかす。

 

他のブラウザではセーフサーチは無効

 

 

Bing でのセーフサーチ設定

 

 

最近、調べれば調べるほどワケわからなくなってくるんです。

 

子供が使うであろう端末で全部フィルターをかけようとすると「じゃあ、この場合は?!」という壁が立ちはだかります。

 

パソコンじゃないときもあるだろうし。( ほとんどスマホか )

 

Windows のパソコンでGoogle セーフサーチを設定してもBing では普通に閲覧出来ることが判明。

 

で、その Bing のほうでは設定はあるのかな?と思って調べてみると、あったりします。

 

パソコンを使うとき子供のほうがウワテだと意味ないかも。

 

因みにBing の方のセーフサーチ設定は、低・中・高 と段階がありました。

 

Bing でセーフサーチ設定なしの場合。

 

 

 

 

Googleもそうだけどログインしているかどうかは関係無くフィルターがかかる。

 

 

 

セーフサーチを高レベルで設定してみた。

 

 

 

さっきの画面と全然違いますね、おもんない。

 

 

 

では「H」はどうか?「エッチ」じゃないかも知れないし。

 

Wikipedia が出てきました。ふ~ん、なるほど。それじゃ、もとに戻すか。。。。?!

 

 

 

もしかして元に戻すのに面倒になってる?

 

このまま「同意する」ですんなり戻すことが出来ました。

 

 

 

と、いろいろ。

 

 

スマホだとフィルタリングサービスがあるんですよね?子供の居場所がわかってしまったり、検索履歴が見られたり。その後の調べで、イオンモバイルでいうところの「スマモリ」というものらしい。初めに加入しておけば2年間無料みたいなことが書いてありました。

 

404 NOT FOUND | めんかの 毎日が自由研究
勉強したことをアウトプット

 

YAHOOでのセーフサーチ設定

 

 

YAHOOのほうでも設定 方法があり「セーフサーチ設定」は「 強・中・弱 」と段階的になっっていました。

 

「チャイルドロック」という設定もありました。

 

設定をしたらセーフサーチがちゃんと有効になっていました。

 

YAHOOでのセーフサーチ設定を調べてみたので、書いておきます!

 

 

YAHOOにログインする。

検索ボックス横の虫眼鏡アイコンをクリック。

「+条件指定」の項目が出てくるのでクリック。

 

 

 

ページを最下部までスクロールする。

「セーフサーチ検索設定」をクリック。

 

 

 

「チャイルドロック」の設定というのもありますね。

 

 

 

チャイルドロックとは・・・

 

チャイルドロックを設定すると、Yahoo!JAPANIDでログインしていない状態、または登録情報が18歳未満になっているYahoo!JAPANIDでログインしている状態で、自動的にセーフサーチのレベルが「強」に設定されます。

YAHOO検索ヘルプ 参照

 

 

最後「 設定を保存 」をクリックして完了。

 

 

 

パソコンのセーフサーチ設定 ~Microsoft ファミリー~

 

 

Windows のパソコン単位のセーフサーチ設定は出来ないのか?

 

今まで調べていたのが「ブラウザごとの設定 」だったことを受けて、調べてみました。

 

「 Microsoft ファミリー」というもので、パソコンはもちろんスマホでの設定もあるようです。

 

Microsoft Launcher が実行されている Android デバイスにおけるお子様のオンラインでの活動についての週単位のレポートを取得します。

Microsoft アカウント サポート…Microsoft ファミリーとは

 

 

コンテンツの閲覧だけでなく、お子様の支払・位置情報を追跡出来たりも出来るとのこと。

 

ちょっとそこまで監視する情熱が無いですね。

 

ふと、夫婦間でやってたらちょっと怖いなぁ 。。。。 と思いました。詳しい片方と、全然無知な片方とか。

まとめ

 

前々から思っていたのは、興味があれば何処からでも情報は拾えるのではないか?ということ。

 

設定方法を調べていくうちに「抜け道」もいろいろあるんだなあということがわかりました。

 

不適切なサイトに誘導する「広告」や偏ったカテゴリーの動画ばかり表示されたりする「あなたへのおすすめの動画」なども「不適切な映像」のときがあるなあ、ということ。

 

動画に表示される広告を非表示にする
こんにちは!めんか( @menkakaka )です。 youtube を見ているときに一緒に表示される広告を非表示にする方法について。chromeの場合。 「広告」は邪魔なだけでなく、ここからの情報も結構刺激的だったりします...

 

それに、人間何にそういうもの(?)を感じるかは個性があると思うので、コンテンツを見せなければ安心というわけではないと思います。

 

インターネットを使う際に「設定」により悪いものを排除するのも一つの手ですが、良いものを取り込むように仕向けるのも効果があるような気がしています。

 

しかし、セーフサーチフィルター設定は、かなり検索結果がつまらなくなりますので設定しておく効果は十分あると思います。

 

 

関連記事

iPad でのセーフサーチ設定

動画に表示される広告を非表示にする

子供のスマホのインターネット閲覧履歴を見てみました

 

 

参考

Google検索ヘルプ 学校や職場にて Google でアダルトサイトをブロックする参照

Google検索ヘルプ・・・セーフサーチを使用して露骨な表現を含む検索結果を除外する

 

 

何が何でもブロックしたいなら、こんな手、あんな手。。。と書いてある面白いサイトを見つけましたのでリンクを貼らせていただきました。

子どもに見せたくないコンテンツをブロックする「Googleのセーフサーチ」 意外に穴が多い?

 

 

関連カテゴリー

404 NOT FOUND | めんかの 毎日が自由研究
勉強したことをアウトプット

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました