Applepencilが使えなくなった原因は「Ipad」の電源を切り、未接続になったためでした。

ある日、Ipadでお絵描きをしようと思ったら、ApplePencilが反応しなくなり全然書けなくなりました。

「電源を切った。」

たったそれだけのことだったのですが自分では電源まで切った記憶がないので不思議でした。

普段はアイパッドカバーの開閉でON/OFF切り替えができると思っていたので「電源」の 方には気が回らなかったです。

そしたらふと「娘にiPadを貸した」ことを思い出しました。娘が電源を切っていたのね。。。

「電源」まで切ってしまうと、アイパッド本体とApplePencilのペアリングが解除されて使えない状態になることがわかりました。

iPad を他人に貸す際は「面倒くさくなるから電源まで切らないで 」とお願いしておきましょう。

ともあれ、修理に出さずに済んで良かったです。

電源が切れた?(実は娘が電源を切っていたのに気付いていない)

本体横にあるのが「電源」で、長押しすると「電源のON/OF切り替え」どころか「電源」が切れてしまうとのこと。

電源を付けたらBluetooth がOFFになっていたのでONにし直す

iPad を起動したら出てくる 画面の「タイヤのような黒いアイコン(設定)」をタップします。

「設定画面」はこのように「 Bluetooth がOFF 」になっていましたのでONにし直しました。

アップルペンシルが未接続にもなっていた

BluetoothというものをONにし直したのは良いが、直下に「Apple Pencil 接続済み 」と表示されるはずが、無い。

アップルペンシルを再度ペアリングする

今度は、アップルペンシルを再度ペアリングすればOK です。

これでApple Pencil が接続済みになりました。

めんき
めんき

ふう

iPad を他人に貸す際は「面倒くさくなるから電源まで切らないで 」とお願いしておきましょう

「電源」まで切ってしまうと、アイパッド本体とApplePencilのペアリングが解除されて使えない状態になることがわかりました。

iPadは、娘が「自分の弾くピアノ」と「iPadから流れる合唱の音声」とを合わせて「合唱曲の伴奏の練習」をするために貸しました。

使い終わったときにご丁寧に電源を切ってくれた為で故障でもなんでもありませんでした。

私のiPadは「アイパッドカバー」がしてあるため、カバーの開閉と同時に「ON / OFF」が切り替わるようになっているので「電源」はいちいち切ったことなかったからなあ。。。

iPad を他人に貸す時には「電源まで切らなくて良いからね! 」とお願いしておきましょうw

めんこ
めんこ

遊んだらお片付けだめん!

参考サイト

アップルペンシルが反応しなくなった原因は、このサイトさんにいくつか書いてあった中から消去法で割り出しました。

Apple Pencilが反応しない…使い方が正しいか5つのポイントをチェックしよう - DigitalNews365

Apple PencilをiPad ProのLightning端子に接続する。これだけでBluetooth接続ができてしまうので非常に楽です。

DigitalnewsITマルチハック365  参照

ありがとうございます、助かりました m(_ _)m

「ペン先の故障」も原因の一つとして書かれてあったので「1番の原因はこれかも」と勝手に思い込んでいました。

「 iPadとApplePencilのペアリング 」といえば「 ApplePencilの充電 」という思い込がありましたから。

「ペン先の替え」も使ってみたのですが全く反応してくれなくて超がっかりしていたところだったので本当に良かったです。

Apple Pencilは重いし転がりやすい形状をしてるから、よく床に落とすし、それで壊れてしまったのかとも思いました。

しかし、自分のガラケーもそうですが精密機械は値段が張るがそんなにヤワじゃないという事も同時に実感しました。

あと、ついでにAppleの公式サイトのリンクでも貼っておこう。

iPad や iPad Pro で Apple Pencil を使う Apple Pencil のペアリングのしかた、使い方、充電方法について説明します。

Apple公式サイト

アイパッドの「電源だけ入る」けれど「パスコードが入らない」

アイパッドでアプリがダウンロードできない ~Appleサポートの人と電話で繫がる方法~

タイトルとURLをコピーしました